大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ

<   2016年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

スッキリしようかな

“スッキリ!しようかなー…”

自分にくっついているものを(脂肪という意味ではありません)
全部とりさって、自分の好きなことだけやって生きることにしたら、

もっとスッキリと生きられるのかな。

だけど、それはなかなか決心のいることでもあります。

やりたいと思ったことが楽しさや学びにもなるから
自分のプラスにもなると思っても、

私の体力にも限界があって、
優先順位をつけないといけないなあ。

でも、今まで自分が知りもしなかった、
眠っていた自分の力を開花させることができるのは、

“やりたい!”という自分の気持ちであることを
忘れてはいけないと思います。

そして、それが自分を奮い立たせるスイッチにもなる気がします。

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

おはようございます。
昨晩は、返信を書いても書いても
消えてしまって、

5時間も費やしたのに
とうとうまた消えてしまったので

深夜の3時も過ぎてしまったし、
あきらめて寝ました。

ーー

決心とか優先順位とか
言っているまでもなく

自分がやりたいこと、今やれることを
ひたすらやっていれば、

身体にも時間にも限界があるのだし(誰でも)、

自分にとって
大事なこと以外は自然淘汰されていくので

「やる気宣言」ばかりしていないで、
「スイッチ入れるぞ入れるぞ」って準備ばかりに
エネルギーを使ってないで

小さなことでも、今やりたいことを一つやったら
また次につながって行って、そのために時間を使おうとするし、

そうしているうちに、自分の大事にしたいことで
自分の時間が埋められて行って、

それが「自分らしい生き方」「自分の人生」に
なっていくのではないかと思います。

ーー

なかなか予約の取れない、みんなが憧れる
おいしいレストランに行くために、

みゆがお金をためたり、着ていく服を買いに行ったり、
更に予約の順番が来るまで、きちんと?準備して待っている間に

ゆゆはお店に行って、皿洗いをさせてもらって、
予約をしているお客さんでも食べられない、
おいしいまかない料理を食べさせてもらうよ。

みゆは、「みんなに認められるやり方で?食べに行くこと」
「それにふさわしい自分」が大事なのかもしれないけど、

ゆゆは、「そのおいしいお料理を食べてみたい」
という気持ちと体験が大事だから。

ゆゆがお店で働いて、おいしいものをいっぱい食べてみるだけでなく、
その作り方まで覚えて、自分でも作れるようになっている間、

みゆは他でがんばって働いて、予約が取れた時には
そのシェフがお料理できなくなって・・・

やっとたどりついたお店のドアに貼り紙が・・・」

そんな物語を書いていたら、すぐ消えちゃうので、

みゆの準備が整うのを待っているより、
(それをみゆに伝えるエネルギーを注いでいるより)
ゆゆは、早くおいしいものを食べに行っちゃおう。

じゃー、楽しいゴールデンウィークを!!

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2016-04-29 10:58 | 思い | Comments(0)

ハッピーバースデー

“ハッピーバースデー!”

今日は、ゆゆさんのお誕生日です!

そう、私はゆゆさんのお誕生日、
忘れたことがありません。

それは、もうろうになって、入院していたころに、
ゆゆさんに尋ねたんです。

“お誕生日、いつなんですかー?”と。

そうしたら、“しになの日!”とゆゆさん。

私は今にも死にそうなのに、
それはそれは、あっさり答えるゆゆさんに衝撃を受けました。

まあ、科のちがうゆゆさんに出会えたことからして、
ありえないことでしたが、

それはもとはと言えば、母が一生懸命になって、
突然もうろうになった娘に対する助けを求めてくれた、
ということもありました。

しかし、スナオではない性格の私には、
皮肉をまじえてるのか?

ゆゆさんのはっきりした態度が、逆にありがたいなあと思いました。

私は一緒に泣きたいのではなくて、笑い飛ばしたかったんですよ。
このグレゴリーの“変身”のような奇妙な体験を。

笑いながら、泣きたかった。

そんな気持ちにゆゆさんは寄り添ってくださったので、
心がラクになりました。

そんなゆゆさんのバースデー。
ゆゆさんがこの世にうまれて、出会え、
私を今も支えていてくださる、このありえない奇跡に感謝です。

ゆゆさんにとって、よい1年になりますように…
心からお祈りしています

miyu

ーーー

みゆへ055.gif

お祝いメッセージありがとう。

これって、喜んでいいのかなあ・・・と
スナオなゆゆは迷うけど、

よい一年を祈ってくれてありがとう。

皮肉でもないし、はっきりした態度でもなくて、
いつも目指すは「自然体」です・・・。


笑いながら、泣きたい・・・
それぐらい、大変だったんだね。

「泣きなさーい、笑いなさーい、
いつの日かいつの日か花を咲かそうよ」

そんな歌もありました。
こころも、自然のままに。

小学生のころ、友達と語呂あわせで
作った誕生日の覚え方は

やっぱり忘れにくいのか?

今、小学校時代の幼ななじみからも
お祝いメールが届きました。

「メメントモリ(死を忘れるな)」みたいな誕生日って
悪くないんじゃないかなーと思います。

みゆの9月9日も覚えやすくていいですね。
みゆも「なんでもない日のまっただなか、おめでとう!」

素敵ななんでもない日が365日(←今年うるう年!)も
ありますように!!

ゆゆは「大しごと」という神様からの
誕生日プレゼントをもらったので
眠くて眠くて・・・・・支離滅裂。

明日からの素敵な「なんでもない日」を楽しみに
おやすみなさい。


ゆゆ

ーーー
みゆより

あー、でも、自然体で私をおちょくれるって、
ある意味すごいですよね!

ーーー
おちょくる、なんて・・・

[PR]
by mi-yu-yu | 2016-04-27 23:01 | 回想 | Comments(2)

サン・テグジュペリ

“サン・テグジュペリ”

今、月曜は大学の科目履修で
「星の王子さま」の授業を受けていて、
今日も授業がありました。

私の大好きな「星の王子さま」。
私はまず、作者サンテグジュペリ(サンテクス)の生き方が好きなのかな。

当時の飛行機はできたばかりで性能も悪く、
サンテクスも6回、事故っています。

でも、そんな死ととなりあわせの仕事を、
貴族であるにも限らず、

自分の「パイロットになりたい!」「飛びたい!」という思いを
あきらめない生き方。

私も、小さいころからなにげなく国際交流をしていて、
中高時代は飛行機に魅せられ、

病気になって、耳が悪くなってきても、
なかなか空港で働く夢をあきらめられませんでした。

でも、好きなことを好きなだけやらせてもらえたからこそ、
悔いのない人生を私も歩めていて、

サンテクスは結局自分の思いに従ったために、
海の上で散ってしまったわけだけれど、後悔はなかったんだろうなー。

この作品は、ライト兄弟が飛行機を発明したころに生まれた文学で、
サンテクスは他にも様々な飛行をテーマにした文学を残しています。

(「人間の土地」は私も好きなサンテクスの作品ですが、
宮崎駿さんも大好きだそうで

「魔女の宅急便」「紅の豚」などを
ここからインスピレーションをうけて作ったというから驚きです。

その話はNHKの番組でやっていたのですが、
その番組の文字おこしも、大学でしてくださいました。
本当にありがたい… )

その時代、パイロットで飛行の文学を残せる人はいなかった。
だから(サンテクスは、)

「『おまえはパイロットとしては劣等生だっていいから、
飛行機の文学を残してこい!』

って神様に命を与えられたのかもしれませんね」って、
授業の先生もおっしゃっていました。

サンテクスは、いろんな人の生と死を見てきました。
世界大戦の時代で、戦争や迫害に苦しむ人たちも見てきました。

だけど、それでいて、大空から国境のない、
美しい地球、大地を見ていて、人間の尊厳について日々考えてきた。

だからこそ、サンテクスはあんなふうに
だれの心にも響く文学が残せたのかもしれないなと思います。

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

昔読んだサン・テグジュペリの
「夜間飛行」は今でもうちにあって

おもしろかったような記憶があるけど

「人間の土地」は読んでいないかもしれないなー。
今度、ゆっくり読んでみようかな。

パイロット連想か?リンドバーグ夫人の
「海からの贈り物」という本も昔読んで面白かったです。

いろんな貝になぞらえて、女性の人生を考える本だったような。

今時の流行の本ではないけれど、
クラッシック音楽が、いつの時代にも何か心地よさを与えてくれるように

文学にも、いつの時代に読んでも何か感じるところがある、
長い歴史の中でも人間同士が共有できる感覚があるような気がして、

そういうものに出会うと嬉しいです。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2016-04-26 09:38 | 思い | Comments(0)

快適なウォーキング!

“快適なウォーキング!”

昨日、カピバラさんの新居に置く家具を見にいってきました。
それで、広いお店の中はフローリング?の床なので、

カピバラさんに車イスにのってもらい、
私は車イスを押して歩いてきました。

ニューバランスでの初ウォーキング!

スニーカーだと、足が軽くて、気持ちよく、
平行感覚はやっぱり悪いですが、意外と長い距離を歩けました。

久しぶりに筋肉を使えて気持ちよかったのですが、
おかげで今日は筋肉痛。

いつもどれほど筋肉を使っていないのか!?
この爽やかで快適な気候も、私のウォーキングを後押ししてくれます。

今日も母に付き合ってもらって、
30分くらい歩行器で外をウォーキングをしてきましたー。

そして帰宅したあとは、大好きな“星の王子さま”の文献や劇を
大学で文字化してもらったものをむさぼっています。

こうして、自分の好きなことだけをしていても、
だれにも文句をいわれないって、幸せなことだなあ。

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

お散歩するのにはいい季節ですね。
カピバラさんは、もう引っ越したのかな??

新緑を吹き抜ける爽やかな風を感じながら
たくさんお散歩してください!!

ゆゆも秋田の角館まで、ちょっぴりお散歩に。。。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2016-04-24 22:04 | 日々のこと | Comments(2)

たんぽぽ

“たんぽぽ”

大学の帰り道、通訳さんが教えてくれる、
高校生が吹いているトランペットの音。
青春だなあ…、としみじみします。

そういえば、私にもありました。

コンクールにむけた練習は、大変だったけれど、
部員みんなでわかちあった金賞の喜びは、
なににも変えられないものでした。

…そうしていたら、たくさん咲いているたんぽぽの横に。

わたげになっているたんぽぽの種を、
指でつついて、風にのせて飛ばしてみた。

どこに飛んでいったのかも見えない私にはよくわからないけれど、
そんなささいなことで、笑顔になる私。

本当、幸せはそこらへんにあるのに、
気づかずに通り過ぎてしまってはもったいないなあ。
たくさんの命のリレーのお手伝いを、私もしてきました。

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

いのちのリレーありがとう。

「ただ風まかせ」というのではなく、

「みゆの指でつつかれる」という
「思いがけない出来事」で

予想もつかなかった場所へ運ばれるのが、
そのタンポポの「運命」?

飛ばされた場所で、
綺麗ないのちの花を咲かせますように!!

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2016-04-23 00:05 | 思い | Comments(0)
“リードディフューザー作りをしてみました!”

先日、会員になっているアロマグッズを販売しているお店から、
「リードディフューザーづくり体験をします!」と、
お店のDMでおしらせメールがありました。

…私の好きなアロマですが、
最近、大学が楽しくて、そしてデータ化していただいた本に没頭していて、
ちょっとアロマにはご無沙汰していました。

そんなときにDMをいただいたので、まずはアロマの好きな母にすすめてみました。

でも、「残念だけど、その日、予定があるから行かない!」といわれたので、
「じゃ、おもしろそうだから、私も予定があるけれど、ちょっとのぞいてみるか」
と行ってみることに。

「リードディフューザー」は、液が入っているビンに、
棒みたいなものをさして部屋に飾る、芳香剤みたいなものなんですが、
今回はその液を自分の好きな香りでつくりました。

お店のテーブルには他に3人の参加者がいらっしゃいました。
テーブルの上にはレシピと、ビーカーやビン、まぜる棒?、
そしてエッセンシャルオイルが10種類くらいとエタノール。

お店の方なのか、インストラクターさんなのか、
よくわかりませんが、他の参加者さんと一緒に、
私も説明していただきながらつくっていきました。

「ラベンダー」「オレンジ」「ユーカリ」
「グレープフルーツ」「ローズマリー」「ティートリー」「ライム」…。
まだあった気がしますが、
それらから好きな香りを、時には先生と相談しながら選んでいきます。

私は「ティートリー」が1番好きなので、
「森林の香りにしたいんです!!」と先生とお話して、
ティートリーをメインに、ユーカリとライムをあわせました。

できあがった香りはとってもいやされる香り…。
部屋の中にハンモックをつるして(つるせないけど)、
この香りを充満させて、ゆらゆらしながらお昼寝したり、本を読む。
うーん、いいなあ…。

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

積極的に、楽しみを見つけに行って偉いねえ・・・。
明日も元気に大学に行ってらっしゃい!

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2016-04-21 22:16 | 日々のこと | Comments(0)

ニューバランス

“ニューバランス!”

いつもワンピースばっかりの私ですが、
最近、“ワンピースでも歩きやすいスニーカーをあわせる
”カジュアルダウンなコーディネートが流行っているらしいですね。

昨日は私も、カピバラさんと靴を買いに行ってきました。
昔、私はボーイッシュだったような気がします。

運動オンチだったけれど、泥だらけになって遊ぶのが好きだったし、
小学生のころには家族で毎週のようにハイキングをしたり、
長期休暇にはキャンプにもたくさん行きました。

コンバースだけでなく、モンベルの登山靴とか愛用してました。

母が買ってきた“かわいい”服はいやで、
「もっとシンプルなやつがいい!」とわめいたことが記憶に残っています。

ところが、中学から私立に通うようになって、
白いブレザーに、夏は水色のチェックのスカート、
冬は濃い赤のチェックのスカートと、

毎日のように着るかわいい制服に刺激されたのか?
今度は突然変異して、自分をリニューアルしたのか、
“かわいいもの大好き!”になっていました。

それからというもの、私服の大学生になっても、
ヒールがある靴のほうが歩きやすくて、
スニーカーってサークル用のしか持っていませんでした。

病気が進んで、平衡感覚が悪くなって車イスになったころからは、
階段やお手洗いでは歩くので、転ぶと危ないから、ヒールのない靴を履くようになりました。

そうしたら、“ヒールがないのって楽かも?”と思うようになり、今に至ります。
昨日はついにスニーカーにチャレンジしてみました!

靴やさんには、5年ぶりに行ったのですが、
私が見えていたころとは比べものにならないほど、
おしゃれな女性用のスニーカーが!

これが運動靴なの?と思えるような、
ファッショナブルな靴までありました。

いろいろ履いてみて、ニューバランスにしました!

「おれがヒモを通して履きやすくしてあげる。
もし、どうしても履きにくかったら、
ヒモを通す穴を1個あけて増やすと、
口がもっと開くようになって履きやすくなるし」
とカピバラさんが教えてくれたので、試してみることにしました!

ゆゆさんにいただいたクロックスのオシャレな靴は、
水洗いできて歩きやすいのでお気に入りだし、
これはなんか新しい挑戦ってかんじでワクワクするし。

“スニーカー・イコール・ワンピースにあわないんじゃないかなあ”と
私が思っていたということにも言えますが、

思い込みは、自分の視野?をせまくしてしまって
もったいないことでもあるんじゃないかな。
自分が思いもしないことは、世の中にはたくさんあるのだ!

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

みゆのスニーカー姿に会うの、楽しみにします!!

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2016-04-20 23:04 | Comments(1)

シーザーサラダ

“シーザーサラダ”

昨日、両親の帰りが遅い予定だったので、
私は大学の帰りに通訳さんと夕飯を買いに行きました。

それでそこのお店で、通訳さんに
「サンドイッチセットでカフェモカとシーザーサラダのセットを
持ち帰りでお願いします。それで、シーザーサラダには
いつも温泉たまごを1つ、別添えしてくれるのですが、
殻を割ってサラダにかけてしまってすぐ食べられるようにして
渡してもらえないか聞いてきてもらえますか?」
と、頼みました。

私にとっては、別添えされた容器から卵を取り出し、
自分で割って、容器に入ったサラダにうまく乗せるのは、
とても難しいことだからです。

すると店員さんがやってきて、
「温泉たまごをかけてフタをすると、
温泉たまごにあつみがあるのでつぶれちゃうんですが…
いいですか?」と言われました。

「あー、フタについちゃうってことですか?
じゃあそれなら、容器の底に温泉たまごを割っていれてもらって、
その上にサラダをのせてもらうっていうことはできますか?」
と聞いてみました。

すると、
「店長に確認してきます」
と言って、しばらくいなくなりました。

そして戻ってくると、
「やっぱり、温泉たまごを下にしても、
サラダの重みでつぶれちゃうみたいです…いいですか?」
と言われました。

「え?あのー、温泉卵ですよね?結局つぶすんだから、
つぶれようがつぶれまいがたいして関係ないですよね????
あはは、まあいいですよ、つぶれてもいいです」と私。

結局、この会話の意味がよく私はわからなかったけど、
「サラダ用だけど温泉卵だけを別に食べたい!」
「温泉卵がつぶれちゃいやだー」
という人もいるのかもしれません。

クレーム対策も大変だなあ… と思いました。
でも、あいかわらずシーザーサラダはとってもおいしかったです。
マニュアル以外の対応ありがとうございました!

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

「温泉たまごを割って、ほどよく白味と黄味をミックスさせて
絶妙のバランスで食べたい。視覚的にも味覚的にも
絶妙のバランスで野菜と絡ませたい」という
温泉たまごマニア?温泉たまご好きは結構いるのかも。

ゆゆも自分でいい感じで温泉たまごを作れると
とても嬉しくなる、温泉たまご好きですし、

ぷるんとした白味にちょっとだけ濃厚なとろみの黄味を
絡ませるなんてことは無意識にやっています。

そういえば、

温泉たまごの白味と黄味のバランスの話じゃないけど、
ゆゆは、何かを食べるときに、無意識に

具材の相性とか好みで、食べる順番を選んでいたり、
味覚的な食べ合わせのバランスを考えていたりして

スプーンに乗せる時に、具を選んでいたりすることを

見えなくなったばかりのみゆと一緒にいた時に、
はじめて意識しましたよ。

フルーツがたくさん入ったロールケーキを買ってきた時に、
自分は無意識に

「キウイからたべようかな?いちごのところからにしようかな?」
と考えているけど、

みゆに食べさせようとフォークで切ってすくおうとした時に
「ああ、みゆは何から食べるか選べないんだなあ・・・

スポンジの量にちょうどいいフルーツと生クリームの分量とか、
割合とか選べないんだなあ・・・」

と、なんだかマニアックなことを思って、
みゆに同情?しつつ
(説明して聞こうとも思ったけど、あまりに細くてやめました)

自分はずぼらで適当に生きているつもりだったけど
何気に実はとても細かいというか

くだらないようで、自分にとってくだらなくない選択をしながら
生きていることを実感して、それができることに感謝したのでした。

丼ものだって、その具材とごはんとをどのぐらいの割合で
一回のお箸に乗せるか、知らないうちに、だけど確実に
自分の意思を尊重していることを実感しています。

そのお店の方のご配慮は、

「選択なんてしている意識もないけど、
実は意識し選択している」という

人間の無意識の心理行動に対する配慮だったのかな??
すごいですねえ?!

ゆゆ

ーーー

みゆより055.gif

…ゆゆさんが細かすぎて笑いました(笑)

私はあんまりそういうところにはこだわらないので、
そのことに悲しいとはあまり感じませんが、
サポートしてくださるかたの性格によっても、
そういう気遣いレベル?もいろいろですね。

私はそういうところでも、
相手の性格を想像しています。

自分がどうしても“こうしてもらわなきゃいや!”という
希望があればお願いしますが、

私はおおざっぱなO型だから?あんまりこだわりません。
というか、あんまり神経をとがらせると、
悲しみしか感じられず自分の心がもたないので、
自分のアンテナの方向をかえています。

ーー

思っただけで、結局、みゆにどこから食べたいか聞かなかったゆゆは
「細くて神経質な人間」と想像されたか、

行動に移せなければ、思いや配慮は見えないから
「大雑把でアバウトな、細やかな配慮のない人間」と想像されたか??

みゆのつかんだ、ゆゆの人物像を聞いてみたいものです。
ちなみに、ゆゆは、緻密で繊細なO型です!

生きていくには「ま、いっか」精神も大切ですよねー。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2016-04-16 21:49 | 日々のこと | Comments(1)

退院後・初通院

“退院後・初通院”

予想外の入院で、予約をいれていた点滴治療の予定がズレてしまい、
やっと昨日行ってきました。

点滴の効果が持続する6週間のギリギリです。

入院をしたり、けいれん発作があったり、
“点滴をして、急変したらどうしよう?!”と、
不安材料もふえて、

昨日は退院後の初通院だったのですが、
実はビクビクして不安でした。

「告知されんのかな?」と、この後に及んでも不安な私。
自分の身体なのに、心も、理解できないことばかりです。

でも、昨日も病院のコンビニで声をかけてくださった人もいました。

ゆゆさんにお話を聞いてもらったり、
自費になっちゃうことを気にかけて点滴の針をさす時に
簡単に診察をしてくださった先生もいました。

そういったやさしい心の人間が、
まわりの人にも幸せをうみだしてくれるのだと思いました。

病状はとりあえず、何事もなく経過して
薬もちょっと減らしてもらえました。
とりあえず、よかった~!

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

おとといの夜には、みゆから

「来ないでいい」といいながら、
行かざるを得ないような、(←「来て欲しい」と言っている)

言葉通りに解釈していいのか、(←いや、よくない)

相変わらずアンビバレント(相反する思い)で
悩みの深そうな、

「迷惑かけてすみません」という
懺悔のようなメールが来て

「いったい、なんなんだろう?」
と思いつつ

メールで返信してもこじれそうなので、
いつも通り会いに行ったのですが

それだけ「不安だった」ってことか。

お疲れ様でした。
まあ、ゆっくりおやすみください。

ゆゆ

ーーー追記

☆ 熊本のみなさん

まだ、余震が続いていますが、1日も早く
安心して過ごせる日が戻ってくるように祈っています。

被災地からコメントありがとうございます。
ゆゆの両親のふるさとも熊本です。

熊本はお水が美味しくて、自然も温泉も豊かで
とってもいいところです。

子供の頃から、大阿蘇の大自然にたくさんのパワーをもらい、
天草のエメラルドグリーンの海や、菊池渓谷の渓流、
あちこちにある温泉に心も洗われた場所です。

そして被災地のそばには、懐かしい人たちがたくさん。

大きな被害を受けた方をみんなで支えあって
また豊かな自然に包まれた穏やかな日常を取り戻せますよう
ゆゆも応援していきます。
[PR]
by mi-yu-yu | 2016-04-14 23:23 | 病院 | Comments(2)

こころで感じる幸せ

“こころで感じる幸せ”

新学期からの大学生活では、週に2コマ、授業をうけることにしました。

当初の目的はピアサポートでしたけど、結局とったのは
「星の王子さま」をテーマにしている授業と精神分析学です。

とにかく、自分が盲ろうになったときに、
「星の王子様」を通じて、ゆゆさんに教えていただいて考えたことを形にし、
自分の心を見つめなおしたい、と思います。

これは、きっと私オリジナルの目線で、
価値のあるものになるだろうと思うんです。

授業の参考図書になっていて、アマゾンで私が安く購入した
“星の王子さま”の関連本や翻訳本は、
学生サポートセンターでデータ化してくださっています。

私の母校は本当にすばらしくて、
もう卒業して何年も経っている科目履修生の私に、
いまだしっかりサポートしてくださり、誇りに思います。

そして、私のまわりで支えてくださっている方たちも、本当にすばらしいです。

ちょっとまだ体力が戻っていませんが、弱っているときほど、
まわりのみなさんのすばらしさが心にしみます。

もっともっと、感謝しなければいけないなーと思います。

今日は、手づくりジャムをいただいたり、
右手の不自由な私に、両親がむいてくれた小夏(柑橘類)が、
なんだか妙に温かく感じて、幸せでした。

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

「星の王子さま」懐かしいね。

みゆが大学でどんな話を聞いてくるのか。
それで、どんなことを考えるのか。

お話聴くのを楽しみにしています。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2016-04-11 22:26 | 大学でのこと | Comments(1)