大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2015年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ご挨拶


“今年最後のごあいさつ”

2015年もいよいよラストです!
皆様、今年も大変お世話になり、ありがとうございました。
よい年をお迎えください!

そして来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
来年もみなさんのお世話になりながら、
私らしい幸せな1年になりますように…

みゆ

[PR]
by mi-yu-yu | 2015-12-31 22:31 | Comments(1)

おめでとう会

“おめでとう会”

今年も残るは2日となりました。
あっという間に過ぎ去った日々。

今年は入院・手術なしの1年という、
ここ5年で初めての1年になりました。

20年あまり手術なんてまったく経験もなかったのに、
この数年のあいだに3回は全身麻酔を経験したので、
むしろ手術がない年がレアに思えるようになりました。

手術なんてもちろんいやだし、こわい。

おまけにナースさんたちや同室の患者さんたちとの
コミュニケーションに支障のある入院生活も
考えるだけで気が滅入ります。

来年も入院・手術なしの1年になりますように…。

ところで昨日は転職が決まった2人のお祝いに、
お世話になりっぱなしの職員さんと仲間たち、
6人でおスシを食べに行きました!

私も、夕方からのごはん会の前に、
みんなへのささやかなプレゼントを用意して、
準備万端。

駅で待ち合わせをして、
みんなと一緒にいざお店へ…。

いてつく寒さの中ですが、車イスでの移動中、
となりで私の手をとり、おしゃべりしてくれる子や、
みんなと一緒にいられることが何よりも幸せで、
心があったかいです。

こんな状態になっても、大学へ復学して、
こんなにすばらしい職員さんや仲間たちに出会えて
本当によかったなとつくづく思いました。

口の中でとろけそうなおすしの数々。
取り皿にとり分けてくれる、両隣の“できる女”・“できる男”。

席がえをしながら、それぞれのゆび点字で
久しぶり(といっても1カ月ぶり?)に会う仲間たちの近況を聞いたり、
お店が混んできたころにはまわりの喧騒を気にせず、
通訳をしてもらわずに向かい合った席のくるみと、
対面ゆび点字・ゆび文字でゆっくりおしゃべりもできてうれしく、
充実していました。

結局4時間以上お店でまったりしていましたが、
わさびのきいたおすしにツーンとし、
温かい仲間たちにジーンとし、
今年もそれぞれの場所から私にも幸せを分けていただけたことに感謝です!

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

ほんとに、今年は入院がありませんでしたね!!

去年の手術前より、ちょっと元気も復活したし、
本も出したし、いろいろ取材もあって、
今年はかなり活動的な一年でしたよね?!

来年も、体調良く、さらなる飛躍の年となりますように!

ところで、わさび抜きのおすしを頼まなかったなんて、
大人になりましたね?!

ゆゆ

ーーー

みゆより055.gif

・・・おスシですけど、
みんなで大皿から取る形だったので、
わさび入りを食べました。

でもさすがに辛くて途中でギブアップ!
最後にはさびぬきの巻物を頼んでもらいました(笑)
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-12-30 23:00 | 思い | Comments(0)

ピザを作りました。

“大好きなみんなとピザづくり”

両親がおじさんとのディナーに出かけたので、
はるばるわが家までやってきてくれた友人たちと
昨日はホームパーティをしました!

お料理上手なくるみと自称イケメンな友人のもと、
私とカピバラさんはお料理教室の生徒さながらに…。

ピザの生地をつくるため、
友人が適量を量ってくれた粉を
私がボウルに入れてまぜ、水を入れてこねました。

用意周到なくるみは、
ビニール手袋まで準備してくれていたので、
最初は生地をヘラで、次は手でこねこね。

くるみが手のひらサイズの円形に生地をのばしてくれたので、
お次はトッピングタイムです!

具材は断面を丸く切ったサラミ4枚、
ピーマンの細切り、ミニトマトの輪切り、とろけるチーズ。

「好きにトッピングしていいよー」ということなので、
私はまんまるい生地の輪郭に、

ピーマンのちょっとうねりのある天然パーマな前髪、
目と鼻と口はサラミでつくって、チークはミニトマト、
チーズのあごひげにしました!

結局焼いたらふくわらいのように
へんてこな顔になってしまったけれど、
それはそれで笑いがたえず、おもしろかったです!

くるみがおいしいアップルパイを焼いてくれた場面では、
すばらしい発音で「アッポーパイ」と言ったイケメンさん。

「今のゆび点字でどうやって伝えてるの!?」と
カピバラさんに注目が集まりました。

「聞いたまま打ってます!」という言葉通り、
「アッポーパイ」というゆび点字でしたが、

私にとってはカピバラさんの打ち間違いなのか、
イケメンさんのボケなのか、判断が難しいです!

それにしても、いつものことですが、
みんなのやさしさのおかげで毎日楽しくいられることがありがたいです。
こうしてエネルギーをもらい、またがんばろう!

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

楽しそうなイベントですね!!
安心できる仲間たちだから余計にね。

そういえば、盲ろうになった最初の
退院したばかりの頃、
手打ちパスタパーティをやりましたね!!

まだそういう集まり自体が不安で
慣れ親しんだ、ゆゆやくるみちゃんに
手打ちパスタ講師のユキキーナが加わったくらいの
少数のイベントでも

複数になった時の状況のわからなさや
それに伴う孤独感が怖くて
通訳さんを頼むかとか、すごく悩んでいましたね。

ゆゆは、みゆと直接話したい派で
状況通訳がへたくそなのに通訳なしを希望して、
出かけるときも二人だし、

みゆに無理や我慢させてしまうけど
今、やったら、もっと楽しめるかなー??

来年もまた、いろいろ楽しいことやりましょうね!!
今年もあと3日だーーー。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-12-29 01:12 | みゆエッセイ | Comments(1)
“寒さからの逃亡”

年末の風物詩とも言えるでしょうか。
ありがたいことに寒い中、

両親が家中の窓ふきやお風呂掃除など、
せっせと大掃除をしてくれていました。

排水管掃除のおじさんたちもやって来たので、
私は邪魔にならないように、寒さから逃げるように、

自分の部屋のベッドの布団の中にもぐりこんで、
人権講演の内容を考えていました。

ブレイルセンス(点字のスマホ)の便利なところは、
卓上パソコンと違い、どこでも使えることだと思います。

そしてノートパソコンとはちがい、
ディスプレイがなくても、点字なので
画面を見ないで読み書きができるというところ。

私は全身すっぽり布団の中に入り、
顔だけ出して、布団の中のおなかの上で、
ぬくぬくとブレイルセンスを操作して原稿を書いていました。

しかし、こたつもないので、寒さに負けてそうしているわけですが、
問題はいつのまにかうとうとしてしまうこと…。

年明けも、いろいろ予定があるので、
そのころに求めに応じられるように?
オーバーヒートしないように?、
ゆっくり考える時間のある今、前もって考えることにしています。

でも…、実際、時間的には余裕があるので、
切羽つまったあせりがないというか、
楽なほうへ、楽なほうへと流れたくなってしまう私。

とはいえ、明日は友人たちと家で
ピザをつくってパーティーをするので、
今日はまじめにクリエイターをがんばります!

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

いやいや実は12月中は、大忙しでヘロヘロだったみゆ。
隙間をぬって、来年の準備をしているなんて偉いですよ・・・

「時間的に余裕がある」というのは
人権講演までの時間っていう意味であって、

今現在、時間的に余裕があるわけではないことを
ゆゆはよーく承知しております。

しかも、画面も見ないで読み書きをすること、
そのものが大変じゃあないですか!!!

それ、点字でですよ?!

「何て書いたっけ?」と思っても

点字で遡って読んでいかないと
読み返したい場所に飛ぶこともできないんですよ?!

みゆが大変なこともさらっと前向きに書くから、
なんか、簡単なことに思えてしまうのですが、

・・・みんな騙されないでくださいね。

ところで、ゆゆは画面の見通しの問題だけでなく、

いまだ、みゆのメールをスマホで
切り取ってブログに貼り付けたり
編集したり、コメントを書いたりすることができません。

スマホよりパソコンの方が見通しがよくて
キーも打ちやすくて、やりやすいのですが、

やりにくくてもスマホでやれるようになれば、
出先でも旅行中でも、みゆのブログをアップできて、
いいので、

みゆも画面も見えない点字スマホで頑張っていることだし、
ゆゆも、小さな画面でも「スマホでみゆブログをやる」くらいは
努力しないとな・・・

誰か、やり方を知っていたら教えてくれませんか??

ゆゆ

ーーー

みゆより055.gif

いやいや、そこまでしていただくの、申し訳なさすぎます!
時間や余裕のあるときにお願いできたら本当にうれしく、ありがたいです!
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-12-26 23:37 | みゆエッセイ | Comments(0)

メリークリスマス

“メリクリー!”

メリークリスマス☆
今年も低空飛行ながら、無事にクリスマスを迎えられたこと、
ありがとうございます。

見えなくなって、ものの色やデザインがわからなくなり、
視覚的にあまり心に響かなくなってしまった私。

でも、そんな私を喜ばせようと、
いろいろ考えてくださる人たちの温かさに、
氷のようになった私の心も溶けていっているように思います。

そんなことを考えていたら以前、
もうろう者協会で発行している雑誌“コミュニカ”で

私がいただいている“みゆきのティー・タイム”という
コーナーに書いた原稿を思い出しました。

そこで私はイギリス文学でディズニー映画の
“不思議の国のアリス”を取り上げたのでした。

“不思議の国のアリス”は、1865年に出版された文学作品で
主人公の少女アリスが眠りの世界に落ちる事で、

現実世界ではありえないような、
しゃべる動物や動くトランプなどが登場し、
不思議な世界の冒険が始まる、という物語です。

私は幼稚園のころ、ディズニー映画“アラジン”の
“王子になったアラジン“役になり、
仲のいいお友達と歌や踊りを一生懸命練習した記憶があります。

それからディズニーといえば、“アラジン”が1番好きになりました。

でも、あれから何年たったのか?もうろうになってからは、
主人公の少女アリスの豊かな精神世界が生み出していく、
この魅力にあふれる世界に引かれるようになりました。

もうろうって、音も光もないし、
寂しい世界に生きているように思うかもしれません。

でも私は、見えるものや聞こえるものがすべてではないと思っているし、
精神世界にはそれ以上に大切なものがあるような気がします。

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

メリークリスマス!

11月末に、みゆとのクリパでスタートし、
みゆとのクリパで終った(本日)の、
今年のクリスマスシーズン。

楽しかったです。

でも今日のブログは・・・、
みゆの思考のプロセスが、
ゆゆしかわからない話のような。

なぜ、みゆは突然、
「不思議の国のアリス」を連想したのか?
・・・それは単純です。

今朝、ゆゆサンタが、みゆ様のお手を載せる
本型クッションをお届けしたから?!

不思議の国のアリスのイラスト入りの
本のように半分にたたんである、
クッションを発見!!

色あいは濃いブルーのアンティークな表紙?です。

そして開いた中には、アリスの場面を漫画のように
コマ割りで描いたイラストが。

ちょっと外で使うには子どもっぽいかな?!

本来はパステル調のほんわかした
マカロンクッションがお似合いの
上品な、みゆ。

それはわかっているのですが、
ぜひ大学の講義のゲストスピーカーで
使って欲しい!!(使えるか?!)

そのクッションを見たとき、
みゆが大学の講義の時に
おもむろにそれを取り出し、

本クッションを開いてスピーチをはじめたら
「分厚い本を読んでいるよう」でおもしろいかも?!

・・・とゆゆが冗談半分で衝動買いしてしまいました。

それより、「みゆきのティー・タイム」とは
ラジオのコーナーみたいな素敵な名前ですね!

そんなコーナーを、誌上に持っていらっしゃるとは。
読んだことないよ・・・

刊行物の管理をゆゆに任せたなら、
その出来上がった雑誌もゆゆに見せてくれなくちゃー!!

ゆゆのスクラップ班のお仕事、
早々に頓挫してるじゃないですか。

どんなエッセイを書いているのかなあ・・・ワクワク。
では、街はもうクリスマスの飾りを撤収していましたよー!!

明日は銀座の街も、一気に正月になっているんじゃないかな??

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-12-25 23:24 | みゆエッセイ | Comments(0)

サンタが街へやってくる

“サンタが街へやってくる”

クリスマスシーズンともなり、普段お世話になっているみなさんへ、
ささやかなクリスマスプレゼントを贈る機会がやってきました。
プレゼントは私にとってかかせない、その人の存在への贈り物。

でも、見えない私にとってプレゼント探しは、
ビックリ箱の中に手をつっこんで、中身を探るのと同じようなもの。

その中で選んでいくのはものすごいエネルギーがいるし、
とてもつかれるものでもあります。
そして実際、私には触ったステキさしかわかりません。

ここがまた私にはエネルギー消費ポイントなのですが、
私は見た目としてはステキなものかどうかはわからないので、
一緒にいる人の主観、評価を借りて、ステキかどうかを判断しています。

でも、“なにをあげるか”ではなくて、そうして“選ぶこと”、
“そこにある気持ち”自体に意味があるのだと思います。

会ってプレゼントを渡せない方にも、
サンタさんが気持ちだけでも届けてくれたらいいな、と思います。

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

明日の朝、みゆのところにサンタさん来てるかなー。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-12-24 21:25 | みゆエッセイ | Comments(0)

まんまるな心

“まんまるな心”

物理的に人に手伝ってもらわなければならないことは、
どんなに自分がいやだと思っても変えようのない事実だと思います。
それをどうにかしようとがんばっても、結局は変えられない事実。

だから、変えられないことをがんばるのではなくて、
そのうえで変えられるものを変えていけるように
努力するしかないと思います。

私は、物理的にまわりに迷惑をかけてしまうからこそ、
それでも一緒にいて心地のいい人になることが
大切なんじゃないかと思います。

晴れわたった日も、凍えるような雨の日も、
どんよりとした曇りの日も、

まわりの人の心に元気を与えられる、
きれいな花を咲かせているような人になりたいな。

私はそれこそが“トゲトゲした心”ではないと思っています。
もうろうになった当初は、そんなトゲトゲしい心に負けてばかりいました。
自分を見失って、まわりにぶち当たることしか知りませんでした。

でも今は、障害をもった人だけでなく、それぞれの抱える困難があり、
でもその中で人のことを思えることが人間として美しいと思う。

私はそんな“まんまるな心”を持てるようになりたいです。
まだまだ全然できていないけれど。
そんな人になれるように頑張りたいです。

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

きれいな花に、トゲがあってもいいでしょう!
「きれいな花にはトゲがある」っていうくらいなんだから?!

見た目すでに「まんまるな心」のみゆ。

でも本当は「こうあらねばならない」の
小さな四角い箱にとらわれてぎゅうぎゅうなのに、
「丸くおさまろう」なんて無理してた?

ちょっと、ちょっと・・・苦しそう。
そうだ!!そのトゲで、箱を突き破るんだ!!

ぼんっと弾けちゃって、四角い箱からとびだして
自然のままにまんまるになったら、ほんとくつろぐよー。

頑張らなくたって、
まんまるのみゆの素敵なオーラの中で、
きれいなお花が咲いていますよ。

そして、その花には、はかない武器の?
「けなげなトゲ」が凛とたっているのです?!

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-12-22 22:35 | みゆエッセイ | Comments(0)

ゲストスピーカー

“ゲストスピーカー!”

以前、大学の福祉学科の授業を
聴講させていただいていたころ(去年?)、

その中で障害当事者の生の声による
講義(ゲストスピーカー)が数回ありました。

当時の私にとって、それはすごく勉強になる講義でした。

でも、まさか今、他大学のそれに、
自分が呼んでいただくことになるなんて…。

それも、2つの大学に呼んでいただいたのですが、
なんと、フェイスブックを通じてコンタクトをいただきました。

そんな手段が最近はあるんだと、
現代らしいツールの便利さを思いました。

私には教授になるような頭も体力もありませんが、
こうして、未来を担う学生さんたちに

私の障害や病気を知っていただき
かかわれる機会をいただけたこと、とても光栄に思います。

こうして、障害団体だけではなく、
色々経験させてもらえることは本当にありがたいことです。

でも、初めて講演をさせていただいた時のように、
不安や緊張に押しつぶされそうです!

でも、そんな体験も自分の成長のための肥やしにできるよう、
一生懸命がんばろうと思います…。

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

どんどん活躍の場が広がっていますね!!

みゆが病院から外に飛び出す覚悟を
決めかねている時

みゆが大学で寂しい思いをして、
一人でやっていくのが大変そうだったら、

ゆゆが福祉や心理の後進を育てがてら?
一緒に大学行くか・・・と覚悟していたのに

みゆの大学ではサポートセンターの方々が
みゆがちゃんと学生の輪の中に入れるように
寂しくないように、

そういう面でもしっかりサポートしてくれました。

(ゆゆも余計な手出しを頑張って我慢した結果?)
ちゃんとみゆ自身の世界が広がって、

友人も恋人も仲間もでき、
尊敬できる人たちとも出会い、
絆を深めてきました。

そして、自立心旺盛なみゆは

やっぱり一人で、福祉の人材を育てる道まで
切り拓いてしまうとは?!

素晴らしい・・・
いい人材を育ててくれるよう、期待しております。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-12-21 00:26 | みゆエッセイ | Comments(0)

リトルプリンス

“リトルプリンス”

ここ最近バタバタな日々ですが、
昨日やっと念願の星の王子さまの映画、
“リトルプリンス”を彼と見に行ってきました!

ゆび点字をしてもらいながら、一般の映画観賞。

様々な方に“チャレンジャー!”といわれましたが、
私としては、やってみないと難しいかどうかはわからないし、
問題点にも気づけないと思っています。

そうやって、私がいろいろやってみるたびに、
まわりの人たちにはとんだ迷惑をかけているのですが。

でも、これまでもいろんな挑戦をさせていただいたおかげで、
大学への復学や化粧、出版等、いろんな経験をさせてもらい、
またその上で新たに出会った人たちがいました。

私の財産はそうして得たことばかりだと、つくづく思います。

今回、かなり役にたってありがたかったのは、
事前にゆゆさんが教えてくださった情報です。

そしてネットにある情報を彼がかきあつめて
私に事前に教えておいてくれて、
さらにはよく出てきそうな単語の略字を一緒に考えてくれました。

お忙しい中で、みなさんのそういった様々なやさしさのおかげで、
私も予習をしてトライすることができたことや

星の王子様についての予備知識が豊富にあったことが
大きな勝因だったと思います。

さらにいえば、映画館はとっても音が大きいので、
効果音が私の耳にも届き、

ゆび点字で伝えてもらうことばの上に
臨場感があっておもしろい体験ができました。

そしてなによりうれしかったことは、
映画をみながらポップコーンを食べれたこと!

健常なころは“映画をみながらポップコーンを食べる”なんて、
なにげなくやっていたのですが、

今となってはそれがとっても難しいことだからこそ価値を感じ、
それができることがなによりもの喜びです。

なにをするにも困難があり、大変だからこそ感じられる幸せ。

私たちは求めすぎてしまうけれど、
穏やかな日々こそがどんなに価値のあるもので、
それこそ私たちが大切にしなければならないものだと思いました。

私の“リトルプリンスを見たい!”という思いに
協力してくださったみなさま、本当にありがとうございました!

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

映画に勝ってきた(勝因)とは、
不思議な感想ですが、

それだけの意気込みで映画を体験してきて、
楽しめたってことなら、なによりです!

指点字や手のひら書きでの通訳を受けながら
映画の情景やセリフを追っかけ、
ポップコーンを食べるとは。

いったいどの手で食べたのでしょう。

まさか、彼が食べさせてくれたとか??
ラブラブやねえ・・・

映画を観る楽しみよりも、
ポップコーンを食べることよりも

「彼と映画を観ることが楽しい」って
誰にもよくある話ですね!

ゆゆも今日は映画にチャレンジしてきましたよ!!
ゆゆは観る方ではなく、作る方??

はたして、勝算あるかなあ・・・・・・
お互い、未知の世界にチャレンジしてがんばりましょう!

ゆゆ
ーーー

みゆより055.gif

お返事ありがとうございました!
本当に私は手がたりないので、
もっと手が生えてきてほしいんですが、

残念ながら今は2本しかないので、
ポップコーンはハムスターのように
口の中にほおばっていました。

それにしてもチャレンジという言葉をきくと、
“人生は、チャレンジするか、しないかです”という
ヘレンケラーの言葉を思い出しますね。

ーーー
そうそう。そして私たちはチャレンジを選んでしまったので
大変なのです!!ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-12-19 22:56 | みゆエッセイ | Comments(1)

理解のしかた

“私が思う理解のしかたの違い”

私が今、見えなくなってしまって気が付いたことで、
生まれつき見えない人と中途で見えなくなった人は

“見えない”ことについては同じでも、
理解のしかたが全然違うということがあります。

たとえば色にしてみても、
生まれつき見えにくい、見えないかたは、
色を見たことがないから、

“赤というのは、太陽、りんご、くちびる”みたいに連想して
それを暗記する、という理解のしかたをしています。

つまり、ものには形だけでなく「色」というものがあって、
「赤い服」と聞けば言葉として「りんごの赤」と連想し、

さらに組み合わせを考える時などは
色相環表という、

時計回りに赤、オレンジ、黄色と色が並んでいて、
それを思い浮かべて近い色を選ぶのだそうです。

私はたとえば、「赤い服」と通訳された時、
その赤は朱色に近いのか、青みがかっているのか
「赤」という単純なひとことにこだわってしまうのですが

色相環表の知識がないので、
組み合わせはもう直感にたよるしかありません。

また、漢字変換にしても、
たとえば“腸”という漢字に変換したいとすると、

“ちょう”と打って変換キーを押すたびに

“昆虫のチョウ”、“超えるのチョウ”、“長いのチョウ”…、
といったように、いろんな言葉との連想で変換がでてきます。

私は漢字はへんやつくりの「視覚」で覚えていますから、
その変換の仕方で探すのが逆に難しいと感じる事もありますが、
もとからの方は漢字もすべて「連想」で記憶されているのだな、
と気が付きました。

このように理解のしかたが生まれつきのかたと
中途ではまったく異なっていると思います。

結局私も、自分が見えなくなって、
そういう理解のしかたの違いがあることを知りましたけど、

健常の方が生まれつきの方と中途の人に
同じように理解していると思って接すると
思わぬ誤解が生じる時があるのではないかなと思いました。

逆に、私のような中途が通訳をしていただく際に
「もっと詳しくお願いします!」と要求してしまう時に、

「色」のような抽象的なものを
言葉として正確に言い現わすのは
どんなに難しい事だろうとも思います。

みゆ


ーーー
みゆへ055.gif

このみゆの文章を読むだけで、

みゆが漢字に変換しながら
ブログやメール、レポートや原稿を書くのは
本当に大変なことだなあ・・・と感じてしまいます。

そしてこれまで大量に書いてきたことを思うと
「よく頑張ったなあ」と感心します。

こういう内容を書くようになったということは、
見えなくなった環境に自分を適応させてきたことでもあるし、

それまで全くご縁のなかった
生まれつき見えない方たちと出会い、
交流を深めてきたってことなんだろうな、

と感じました。

みゆがこの5年間
未知の世界へ挑戦し、
新しい出会いを育ててきたこと、

その成長ぶりと、頑張りに
敬意を表したくなりました。

もうすぐ2015年が終わるよ!!

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-12-18 23:57 | みゆエッセイ | Comments(1)