大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ

<   2015年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

アイディアグッズ

055.gif yuyuさんへ

8月に入り、今日から静岡で 
「盲ろう者の全国大会」が始まりました!

私も去年は神戸までいってきましたが、
あの瀕死の時期から1年がたつんだなあ、
としみじみ思います。

今年はすでに京都や山口へいったので、
体力的に今回の静岡は不参加です。

でも、全国制覇の夢に近づくためには、
静岡で茶つみもしてみたいなー。

そういえば山口では、いろいろなハンドメイドの
お土産をいただきました。

その1つが、洗濯バサミを布とわたで
ぬいぐるみみたいに包んで、クマの形にしたもの。

昔、私が幼稚園くらいのとき、栃木の家に
これのウサギやゾウやライオンバージョンがたくさんいて、

カーテンのぼりのように
かわいらしくくっついていた情景を思い出しました。

山口でいただいたくまクリップには、
先に長いヒモがついていて、そこには点字と墨字の名札がついています。

これは、「何にでも使えるよ」ということだったけど、

くつを脱いだときに、左右のクツが
バラバラになってどっかに行ってしまわないように、

左足のクツの端と、右足のクツの端をせんたくバサミで
かわいくはさんでおけるというのが便利な、
工夫された1品だと思いました。

数年前に、おしゃれな手袋ホルダーを
雑貨やさんでゲットしたことがあったけど、

私の新入りくまクリップは、かわいいシューズホルダーになっています。

いろいろなかたのアイディアをいただいて、
日常で使える便利グッズがどんどん増えています!

みゆ


055.gif miyuへ

みなさま、お待たせいたしました・・・。

ゆゆ放浪中だったため、ブログアップできませんで、
失礼いたしました。

ーー
ゆゆもそういうクリップを
冬に、ロングブーツのフォルダーにしていましたよ!

クリップで留めると、ブーツがそれぞれで支えあって
倒れてこないので、とても便利でした。

みゆの場合は、靴の存在感がさらに分かりやすくなって
手に取りやすくなるかもね。

8月2日 
ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-07-31 22:53 | 盲ろう | Comments(0)

お掃除で

055.gif yuyuさんへ

今朝、母が部屋のおそうじをしていたので、
私もぞうきんがけをしてみることにしました!
けど、身体の重さと頭のクラクラ感に驚かされました!

中学生のころは、授業がおわると、
机を寄せて、教室のぞうきんがけをして、

友達とぞうきんがけリレーをしながら、何往復もしていたのになあ。
今はそんなことも、過去の栄光…??

でも、ぞうきんがけをして、あらためて部屋のせまさを実感しました。
いくら「せまい、せまい!」といわれていても、
見えないと、ものすごく広い空間があるような錯覚をしてしまうのですが、

実際、ぞうきんがけをしてみたら、ろくにできないうちに
むこう側のカベにたどりついてしまいます。

イメージでは、もっと広いお家なんだけど、残念さを体感できました。

日ごろも、どんなお店や場所に行っても、「広い」とか「せまい」とは聞いても、
広さを実感するのは本当に難しいと感じます。

「何畳くらい?」と聞くこともあるけど、そういうことも、
以前はなにげなく目から情報を得ていたんだなあと思います。

今は、会議のときも、私のイメージとは、
相手がいるところとの距離感が全然ちがったりして、
驚かされることも多いけど、

ビックリの連続が私の毎日です。

みゆ


055.gif miyuへ

盲ろうの状態で、空間の距離を把握するということは
本当に、

どんなに過去に見えていた経験があっても
大変なことだろうなあ・・・

不安で恐れながら手を伸ばして探りながら歩くのも、
きっと距離が長く感じるだろうし・・・

目を開けて確認することもできないし。
音の反響で広さを感じたりすることもできないし。

「雑巾掛け」で距離を測ろうとするなんて
いろんな前向きなお試しをしていますね。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-07-30 23:08 | 盲ろう | Comments(2)

運命とは

055.gif yuyuさんへ

今日私のアンテナにひっかかったのは、
ある人の人生を追った内容のインタビュー記事にあった言葉でした。

「まったく知らない世界に飛び込んで挑戦してみたいと思った」
「ダメならまたやり直せばいい。
 やらずに後悔するより、やってから後悔する方がいい。」

私はゆゆさんに出会ってから、
人の運命ってあるような気がするようになったけど、

それでも人生は心理テストのチャートみたいになっていて、
どういうルートでその運命をたどるか、
それは自分で選択できるんじゃないかと思っています。

そういえば以前、“奇跡の人 マリーとマルグリット”っていう
映画のシナリオをいただいて、やっと最近読んでいます。

この映画は19世紀フランスに実在した、生まれつきの盲ろう児マリーと、
彼女に言葉の世界を教えようと奮闘するシスター・マルグリットの物語です。

そのマルグリットの場合も、まわりでみている人たちにとっては、
マリーを教育することは不可能に思われたでしょう。

でも、マルグリットが途中であきらめずに自分を信じて突き進んだからこそ、
すばらしい結果があるのではないかと思います。

私も、挑戦のつみかさねが、最後に
すばらしい結果となってくれたらいいな。

みゆ

055.gif miyuへ

すばらしい結果をイメージして、それに必要な行動を選択していくのが
イメージングじゃないかな??

運命は、決まったところに乗せられていくのではなくて、
自分で(命を)運んで行くものかもしれないですよ。

持ってる素材を、どんな風にお料理していくか?
持ってる絵の具を、どんな風に混ぜ合わせて描いていくか?

自分の腕にかかっているんじゃないかな??

そう、「運命」とは硬直したものではなくて、
とってもクリエイティブなものなんじゃないかなー。

だから人生は面白い。

みゆ、「人生は、みゆの腕次第」なのです。
美味しくて素敵な人生にしましょうね!

みゆは、なかなか「腕がいい」と思います。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-07-29 23:57 | 思い | Comments(1)

質疑応答での問い

055.gif yuyuさんへ

昨日、アバスチンをしてきましたが、点滴の針がなかなか入らず、
右手に5回もさして、5つの穴があきました。

今日はその跡が内出血になったので、まだまだ痛いですが、
自分のための点滴だから、まあしかたないですねー。

ところで最近は、人工内耳も昔に比べたら格段に進歩しているためか、

講演の質疑応答では、
「人工内耳にしたいと思いますか?」という質問がよくあります。

でも、うまれつき耳に障害がある方や
中途障害で、事故や病気で耳の神経を損傷している場合には
人工内耳が使えない人も多くいます。

私も、神経の病気のため、人工内耳という選択肢はありません。

でも、もし使えたとしても、全身麻酔をして、頭をあけるのは、
ただでさえ手術で何度も経験してきて拒絶したいくらいいやになっているので、
あまり興味がないかなー。

そういえば、福島先生関連の何かの本にもそういった話は
書かれていたようにも思いますが、

もしそれを出身地にたとえてみると、
東京は都心であるし、流行の最先端。
交通の便もよいです。

しかし一方で、沖縄で生活している友達にとって、
沖縄は楽園で、交通の便は東京にはかなわないかもしれないけれど、
自然にかこまれて、時間のながれがゆっくりで、とても快適だそう。

結局、東京と沖縄、どちらが優れているとか比べられるものではなくて、
どちらが自分にあっているのか、その人によってちがうと思います。

だから、便利さは、その生活で本人が享受できる価値感には
影響を与えるものではないのではないかな。

どちらにも、それぞれのよさがあるから、聞こえないことを不便だと、
一概にもいえないのかな、と最近は思っています。

目と耳が使えなくなって、不便さばかりを感じてしまっていたけれど、
この生活の不便さの中でも、この生活でしか味わえない
生活のよさもあるのだと、最近は感じています。

みゆ

055.gif miyuへ

昨日は病院でお会いしましたが・・・
右手の針刺しの跡が痛々しかったです。

本当にお疲れ様でした。

あの後はきっとぐったりだったのでしょう。
ブログもとうとうやってきませんでした・・・

お大事に

ゆゆ

ーーー

そういえば、今朝いただいたコメントを
みゆに転送したところ、

みゆから、
コメント、「生きててよかったなー」と、私も心に感じました。
ありがとうございます。


という返信?感想?が来ました。(by ゆゆ)
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-07-28 21:22 | 盲ろう | Comments(0)
055.gif yuyuさんへ

本日、無事に講演が終わりました!

先日、ブレイルセンスが故障したとき、
講演のレジュメも消えたので、

いったいどうなってしまうのかと思いましたが、
なんだかんだ乗り越えてこれました。

今回も、レジュメをリニューアルしなきゃ!
とあせったおかげで、新しい刺激となったり、

あらためて「盲ろうしゃのニーズ」について考えるきっかけとなって、
まあ、結果オーライだったのかも。

毎回、話の時間調整はあいかわらず難しいけど、
「miyuさんの活動は、木が成長していくように、
花を咲かせ実を実らせていくのだと思います」と言っていただけたのは、

自分もちょっとは人の役にたててるのかも?
なんて、調子よくも素直に受け取って、うれしかったです。

講演を何度か経験させていただいて、少しは度胸もでてきたのか?とも思いますが、
これからも初心を忘れないで、日々成長していきたいなあ。

…で、講演のあとに、カピバラさんに会場までお迎えにきてもらって、
暑い中をかき氷目当てに神楽坂まで行ってきました!

それで、もちろんかき氷も絶品でしたが、それ以上に私がうれしかったのは、
道中ある紅茶やさんを発見したので、避暑もかねて
お店の中に入って涼みながら紅茶をみていたら、

店長みたいなおじ様(マスター?)が、
「外はあついでしょー。ちょっとですけど試飲していってください」って、
お店のコップに冷たい紅茶を注いで、ストローまで差し出してくださいました。

その量は、通常のコップ(グラス?)に一杯だったので、
「全然ちょっとじゃないです!」と驚きましたが、

ちょっと尋ねてみたら、近所のおすすめスポットも親身になって考えてくださったり、
そういうささいなやさしい心を、いっぱい感じさせていただけることが本当に幸せで、
出会いっていいな、と思います。

それに、盲ろうになって初めて、神楽坂で見つけたゲームセンターにも寄ってみて、
クレーンゲームにチャレンジするという、
あんまり障害のことを考えさせられない時間を過ごしました。

意外と楽しめて、リラックスできる貴重な瞬間が、とても楽しかったです。

みゆ

055.gif miyuへ

充実の日曜日だったようですね!
今日は病院で会えるかな??

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-07-27 11:27 | 盲ろう | Comments(2)

迷惑メールのおかげで?

055.gif yuyuさんへ

先日、祖母から、
「メールアドレス変更したのね。今度だれかに設定してもらうね」
というメールがきました。

「メールアドレスの変更?」
データは消えたけど、そんな話しは身に覚えがないので、
「?」という感じでしたが、

「私、初孫だし、ほかの孫たちはまだ携帯なんて持っていないだろうに、
いったいだれとまちがえてるのかな?」と思っていたら…。
その後、それは迷惑メールだったと発覚。

今まで、ニュースなどで、「詐欺にひっかかった」話をきくと、
「こんなのに本当にひっかかる人っているのかな?」
と思ってしまいましたけど、

祖母くらいの年齢になると、迷惑メールだろうが孫と間違えて、
まさに「オレオレ詐欺」みたいに、本当に純粋に信じてしまうものなんだ、
と実感しました。

でも、そのおかげで?祖母がメールアドレスの変更をするために、
「一緒にいって!」とこちらへやってくるそうです。

悪質な詐欺はやめてもらいたいけれど、
迷惑メールのおかげで祖母にあえると思うと、なんだかなあ。

みゆ


055.gif miyuへ

「メアド変えました」というメールは
迷惑メールだったと判明して、

おばあちゃんが迷惑メールを受け取らないように
アドレスを変更することにしたのかな??

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-07-25 23:58 | 日々のこと | Comments(0)

ビスティのこと

055.gif yuyuさんへ

昼間にいきなりのどしゃぶり雷雨がありましたが、大丈夫でしたか?
私は、この気圧の変化で体調不良ですが、

あさっての日曜に、「通訳・介助者養成のための講習会」があって、
そこで「日常生活とニーズ」のテーマの講演をさせていただくので、
その準備に必死でした。

まあ、それはさておき、夕方、ダイエットのために
歩行器で歩きに行くと、以前住んでいたマンションの前で、
その頃のとなりの部屋のお姉さんと偶然お会いしました。

ワンちゃんをつれて散歩をしていて、
可愛いポメラニアンのワンちゃんを私にも触らせてくれました。

ペロペロ!ペロペロ!!
ブンブンブン!(しっぽ)

ワンちゃんがすごく歓待してくれて、
私もそのかわいさに癒されました!

昔、我が家で飼っていたパピヨン犬(ビスティー)は、
もう死んでしまいましたが、

いつも小学生の私が下校するころに
遠くで鳴っているランドセルの鈴の音をききつけて、

ワンワン!としっぽをふって、玄関におすわりをして
私の帰りを待っていてくれました。

そして、私がお風呂やトイレに行くのに席をたてば、
どこにでも金魚のフンみたいについてきました。

近所のスーパーにビスの散歩をしながら買いだしに行くときには、
お店の入り口で私が買いだしするのを待っている姿がかわいくて、
わざと反対側の出入り口からこっそり眺めてはいやされていました。
(なんて、書きながら思いだして涙です。笑)

ちょっと涼しい夕方になったら、かわいいワンちゃんと散歩に出かける、
そんな最高の生活が私にもあったなあ。
ビス、最高の幸せをありがとう!

みゆ


055.gif miyuへ

かわいいなあ・・・

ビスティの話、ランドセルを背負った小学生のみゆの姿と
セットで情景をイメージして

とても可愛らしくて、いい話だなーと思いました。

そういえば、ゆゆ別邸にお泊まりに来た時も、
お散歩中の白いシーズ犬を抱っこさせてもらったら、

ワンちゃんが、みゆの膝ですっかりくつろいでしまって
降りたがらなかったね。

犬って、犬を本当に愛しく思ってくれる人が、
わかるんですね。

みゆの昔話を聞いていると

ビスとは本当に兄弟以上の関係というか、
言葉にならない強いつながりがあったことは、
想像に難くないけれど、

ビスを失った悲しみもとても大きく
みゆにインパクトを与えていることに驚いたものでした。

ところで、話は雷雨に戻るけど、今日は
みゆにもらったレインコートに合う、

レインシューズと傘を買いました。
これでもう、ゲリラ豪雨も怖くありません!!

梅雨は終わりだけど? むしろ雨が楽しみです!
   
・・・がそれで雨女になって
みゆの外出に支障が出たらいけないな。

みゆと出かけるときには、絶対にレインコートは持っていかないから、
着ている姿は見せられないけど許してね。

そうそう、今日の雷はすごかったよー。

でも、ゆゆは小学生の時、家に雷が落ちたことがあって、
その時のすごさにかなう雷にはまだあっていません。(←当たりまえ)

あ、でも数年前、京都の下鴨神社で雨宿りしているときに
10メートルも離れていない、すぐ近くの木に雷が落ちた時もすごかった!

まさに、光と音が一緒の「ピカ!ドン!」でした。
雷も、全くあなどれません。

家の鬼瓦が守ってくれて、鬼瓦は粉々になって池に降ってきましたけど、
こうして今、みゆとブログを書いていられるのも、奇跡なのかもしれないなあ・・・

遠い目。

いや、きっといろいろな意味で奇跡なんでしょう。
この奇跡を味わい楽しみましょう。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-07-24 23:08 | 回想 | Comments(0)

編集会議

055.gif yuyuさんへ

昨日、ブレイルセンスが壊れたために、
途中だった原稿の構成チェックメモのデータもすべて消えてしまい、
半日で15編くらいの原稿を読み直さなければならないことに。

でも、なんとか今日の編集会議に間に合い、
無事に“コミュニカ”51号の編集がおわりました!

編集部では、その号のテーマを決める“企画会議”から始まり、
そのテーマで読者のみなさんにお寄せいただいた原稿を
チェックする“構成会議”などを行っています。

特に、手話が言語の方は、文章にすると、
表現が読者に伝わりにくかったりするので、

筆者が本当にいいたいことはなにか?
編集部の人たちでもっといい表現を探し、筆者に提案をしています。

私は、この編集部にいれていただいて、
いろいろな人たちの生活や人生をより知ったり、

日本語の奥深さを感じたり、
考えさせられることもたくさんあります。

プロの編集者様がたに教わることばかりですが、
たくさんの原稿や文章にかかわれる機会は、とっても幸せです!

みゆ

055.gif miyuへ

ブレイルセンスが故障しながらも、
お勤めを無事、果たされたとのこと。
お疲れ様でした。

ゆゆは、一ヶ月半ぶりの丸一日お休みの今日、
朝から洗面所を磨いたり、久しぶりの大掃除をしています。

ゆゆのお家のリビングからの眺めは、
木々が森のようにうっそうとして、

その奥に煉瓦色で縁取られた緑のテニスコートと
クラブハウスの赤い屋根が見えて
どこか別荘のような景色で、お気に入りです。

秋に葉っぱを落として、冬は「はだかんぼう」だった木々の枝に
新緑のやわらかな黄緑が噴出すように芽吹く春は、
本当に心がワクワクするし、

雨の季節も、雨に濡れて一層緑が濃くなった木々を見ながら読書をしたり、
雨が緑を濡らす雨音と景色を見ながら
のんびり過ごすのがお気に入りの過ごし方です。

でも今年は、その大きくなりすぎた木々の枝が
春先にばっさり切り落とされて、「まるぼうず」に・・・

大好きな新緑の季節も、幹からじかに新緑が吹き出して
まるで緑のバナナが立ち並んでいるみたいでした。

今年の春は、いつも心に描いて待ちわびる、
豊かに伸びた枝に芽吹くやわらかい黄緑の新緑たちと
その葉を揺らして風と光が通り抜ける、爽やかな春の情景ではなくて、

太い棒のような幹に苔むしたようにびっしり貼りついた新緑。

いつもの「新緑と春風で心をさわさわと掃除してくれるような美しい景色」と違って
苔むした大きな緑のバナナのたちならぶ景色・・・

残念なような、痛ましいような・・・
でも木々の生命力には驚かされるような気持ちだったのですが、

おかげで、いつもなら雨に濡れる木々を見ていたくて引きこもりがちな
ゆゆも心置きなく外に出ることができました。
(5月の旅行以来ほとんど家にはいなかったような)

そして、梅雨が終わったものの、どんより曇り空の今日、
久しぶりにゆっくり見るリビングからの景色は、

枝を切り落とされて棒のようになった幹からしっかり枝をのばして、

伸びた枝の先には、びっしりたくましい緑の葉をたわわにつけて、
ヤシの木のように濃い緑の葉っぱを風になびかせている木々です。

あの森のような繊細な木陰が復活するのはいつの日なのかわかりませんが、
それでもバナナからヤシの木の状態まで復活した枝の成長ぶりに、

また大好きな森が再生するのも、
そんなに遠い未来のことではないような気がしました。

去年のみゆの手術からの復活ぶりに、驚くばかりで、
こうしてまた歩行器で歩いたり、外で活躍しているみゆの姿にも
感動しているけれど、

命の神秘というか、たくましさを感じます。

心が辛いと、この世界や命の素晴らしさにも気持ちが向かず、
生命力も発揮できないことも感じるけれど、

せっかくこの世界に生み出された奇跡を、みんなが満喫できるといいのにな。

終わりが来るその時まで、自分の持っている感覚や力を十分に活用して、
この世の素晴らしさを感じていけたらいいのにな。

そうしたら、この命を作った神様も?きっと喜んでくれるはず。

今また、雨が降ってきて、緑を濡らしています。
そして、やっぱり台風なのか、
さわさわ、ざわざわ風が葉っぱを揺らす音も大きく聞こえています。

みゆにも自然の音や景色が伝わったかな??
窓を開けて、風を感じてみたら、景色もイメージできるかな?

ゆゆ


みゆより

ゆゆさんのお返事を読んで、昔、登山をした際の
美しい木々の様子や地面にゆらめく影、

それから祖父母の家の庭園のような庭の風景を思い出しました。

本当に、そんな日々を心から味わい、享受できる
穏やかな日々が、これ以上ない幸せだと思います。
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-07-23 11:58 | 盲ろう | Comments(0)

データ消滅

055.gif yuyuさんへ

昨日は学生時代の友達や、現在お世話になっている方たち、
総勢9人でランチをしてきました。

素になれる人たちに囲まれ、私もリフレッシュできて、
とっても充実した連休の最後を過ごせました!

…なんて気分も高揚していたのに、今日は昨日の幸福感とはうってかわり、
魂が吸い取られそうになるほど、ゲッソリする日になりました。

というのも、最近の私は、この機械(点字のスマホ)を信用しすぎているので、
痛い目にあったんだと思います。

今日、いきなり機械が壊れて、アドレス帳もスケジュールも、
ファイルなどのデータも、すべて消えてしまいました!

卒論や本の執筆をしていた頃ではないことが、せめてもの救いですが、
大切なデータもすべて消えてしまったので、結構こたえている私です。

あらためて、機械と人に頼って生活できている自分や、
その結果得られているクオリティーを感じます。

みゆ

055.gif miyuへ

ご愁傷様です・・・
「命綱」のブレイルセンスの故障は
想像を絶するダメージなんだろうと思います。

これを読んで、みゆのアドレス帳に載っていそうな方は
メールを送ってあげてください。

またアドレス帳を作り直すのに役に立つことでしょう。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2015-07-22 11:20 | 思い | Comments(1)

みゆの夢・全国制覇の旅

055.gif yuyuさんへ

先週の今ごろは、山口でオープン講座の講師を終えたあとで、
豪華なフレンチをいただいていたんだ!と思うと、
すでになつかしい気分になっています。

まだ書類のやりとりなど、終わっていないものもあるのですが。

でも、これで盲ろうになってから、3年間のあいだに
フィリピン、お台場、千葉、神戸、京都、山口を
宿泊を兼ねて訪れたことになります。

車イスユーザーの盲ろう者になってからも、
一応、私も様々な体験をさせていただき、

いろんな生活を垣間見ることができているような気がして、
ちょっとうれしかったり。

私も、ゆゆさんのように、全国を制覇してみたいなー。

祖父母が東北の出身なので、
行ったことがあるのは東北が多いけど、

そういう盲ろうになる以前に行ったことのある土地も合わせたら、
全国を制覇するのは意外と不可能なこともないような気もします。

本当は世界一周にあこがれるけど、そんなお金と体力はないので、
かなえられるかもしれない目標で、手の届きそうな全国制覇が、
最近の私のひそかな夢です!

盲ろうになってからの旅行は、
思い出してみると景色などを見たわけではないのですが、

昔ガイドブックで見た写真のイメージや、
それぞれの土地で出会った人々

観光スポットから得た印象を組み合わせて、
その土地のイメージができています。

しかし私の場合はなによりも、
その土地土地の「食」がもっとも
イメージを大きく左右しているような気がします!

みゆ

055.gif miyuへ

みゆの全国制覇!!

密かな夢ではなくて、公の夢にしてしまって、
全国、講演の旅をするのはどうでしょう?!

ゆゆもお伴します!!
・・・と言いたいところですが、

講演旅行にお供させてもらうには、
通訳が上手にできるようにならないとダメですね。

旅に目覚めたみゆならば、手短な旅で、
夏は、ゆゆさんちにお泊まりに来たら?

朝ごはんはゆゆがオムレツをお作りします。
(今日卵を買って冷蔵庫に入れようとした瞬間落っことして
 卵を半分割ってしまったため、急遽オムレツを作りながら思いつきました)

家の中は歩行器で歩けるし、トイレに手すりもついています。
(以前、重度障害の方のワークホームだったのでバリアフリーです!)

みゆが来るまでにさらに超シンプルライフを目指して、

この夏は家の中を一掃、
何もぶつかるものがない生活にしたいと思います!!

ゆゆの生活(シンプルライフ)も垣間見る??

ゆゆ

[PR]
by mi-yu-yu | 2015-07-19 23:58 | 盲ろう | Comments(0)