大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ

<   2015年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

耳の日イベントにて

055.gif yuyuさんへ

三田の障害者福祉会館にて行われた「耳の日」
スタッフとして参加してきました。

今日は「盲ろう者とのコミュニケーション」、
明日は「盲ろう体験」がテーマです。

今日は、職員さんのおかげで、三角に折り曲げた段ボールに、
本の宣伝用紙を貼って、卓上ホルダーみたいに机の上にかざって、
宣伝もさせていただきました!

で、やっぱり触手話のほうが人気でしたが、
手話ユーザーの方や、手話通訳の方々にとって、

盲ろう者は「すごい」だとか、
ゆび点字は「ものすごく難解なもの」という、
まちがったイメージが根強くあるみたいでした。

でも、私はそんなことはないんじゃないかなー、と思います。

盲ろう者だって、みなさんと同じように楽しかったり、
悲しかったり、怒ったり、感情のある生き物に変わりはないし、

ゆび点字だって、1つの言語であるから
習得するのにそれなりの気持ちが必要なことに変わりはない。

むしろ、ゆび点字は音声のままにひらがなを打っているだけなので、
表現がいろいろとある手話を覚える方が大変そうだなー、
と思うのですが。

いろいろな立場による見解の違いがおもしろかったです。

みゆ

055.gif miyuへ

お疲れ様ー。宣伝部長。営業頑張ってるね!!
えらいよー。

本が完成したら、夢がまた二つ叶うね!

自分の本を作る夢。
自分の力で稼ぐ夢。

どちらも大切な夢だと思うから、
こうして実現まで、頑張って偉かったね。

夢を見るのは自由だけど、実際に行動するのが大切なんだよ。

ゆゆも今朝、本が売れるためのいい方法を考えたよ!
ブログを見てくださっている皆さんが、

地元の図書館に、本のリクエストをしてくれること!
学生さんが、学校の図書館にリクエストしてくれること!

全国にどれだけ図書館と、学校があるんだ??
そう思ったら、

皆さんの懐も傷めずに、
本が沢山購入され、しかも沢山の人に読んでもらえる!!

もちろん、みなさんが買ってくださったらとっても嬉しいです!

ゆゆも何冊買おうかなー。
配るところはいろいろあるんです。

ドラマの関係者とか??なーんてね。

夏休みの課題図書とかになったら、すごいねー。
元気な中高生も読んだらいい内容だと思いました!

ゆゆ

みゆより055.gif

なるほどー!すばらしいアイディアですね!
うちの大学の図書館は買ってくれるそうです!
楽しみだなー!

ゆゆさん、本当にありがとうございます!!!








[PR]
by mi-yu-yu | 2015-02-28 22:44 | 盲ろう | Comments(0)
055.gif yuyuさんへ

潮干狩りのあとのように、なぜかあちこちが痛いのですが、
いよいよ原稿のゴール目前!
今日もゲラチェックに励みました。

そしていよいよ明日は、「耳の日」のイベントスタッフです!
「盲ろうコーナー」のブースも出させていただくのですが、

ここの「盲ろう書籍コーナー」に、
私の本を並べることがずっと目標でした。

今年は少しばかり間に合わなかったけど、
「来年からは一緒に並べられるんだー」と思うと、
心がはずむ思いです。

「耳の日」では、手話が上手な方が多いので、
「盲ろうコーナー」では触手話が人気。

でも、「ゆび点字」も多くの方に興味をもっていただけますように!

みゆ


055.gif miyuへ

あ”ーーー!!耳の日イベント!

本、一ヶ月間に合わなかったね!!

去年、みゆの本を並べてもらえるように予約してきたのにねーーー

残念。

じゃあ、来年はみゆの講演付きで・・・

お大事に。明日も無理しないでね。

ゆゆ



[PR]
by mi-yu-yu | 2015-02-27 21:17 | 盲ろう | Comments(0)

本の発売予定日が?!

055.gif yuyuさんへ

前触れもなく、体調が悪い!
夜中に具合が悪くて目がさめた記憶はあるのですが、

朝起きたらベッドが動いていて、
夜中に乱闘でもしたようなありさまでした。

食欲も全然なく、メールをする元気すらもありませんでした…。

バナナを半分食べて、2時すぎまで爆睡。
やっと少し、元気がでてきたかな。

それで思い出したけど、私の心には、
外みの重すぎる入れ物がついているのでした。

ところで、それはそうと、本の発売予定日と予約が可能になって、
ネットに出ているようです!
(紀伊國屋書店、楽天、HMV、セブンアンドアイ等)

目ざとく発見したかたから数件、メールがきています。

まだこちらは
最終チェックの途中なのに、発売日も決まったとは。
いよいよなんだなー!!

(紀伊国屋書店・紹介文)
フルートが得意でフランスに憧れる大学生だった著者は難病を発症し、視力と聴力を失う。一切の光と音を奪われた孤独にあって彼女は言う。障害と幸せとは関係ない──本人紹介の新聞記事が「HAPPY NEWS 2012」大賞の感動エピソード、待望の書籍化。

055.gif miyuへ

大丈夫ー??
そういう時はあまり無理しないでね。

ところで、もう本の紹介されているんですね。
調べられたら、リンクしますねー。

ーー調べたところ仮題のままでした。
(まだリンクはやめておきます)

ほー、3月26日発売になってるよ・・・
間に合うのかな。

ゆゆ



[PR]
by mi-yu-yu | 2015-02-26 20:40 | miyu | Comments(1)

おばあちゃんと

055.gif yuyuさんへ

近くの病院への通院のため、白井からはるばる祖母がやってきました!

祖母が私の手に書いてくれる文字は、祖母特有の、
昔ながらの字で、なかなか解読が大変だったりします。

そして、話がかみあわないこと多数。
そんなとき、昔、祖母、母、私の女3世代で、
毎年のように旅行にいったことを思い出していました。

会話がうまくかみあわないと、あの頃のように、
3人で、たわいのないおしゃべりができたらいいのにな、
なんてちょっと思ってしまいます。

でも、見方をちょっと変えたら、幸せを感じることはいろいろあります。

祖母が、私の好きなニラたまのおみそ汁を
作ってもってきてくれたこととか。

たぶん、口で反応してるけれど、そのあとに一生懸命
私の手に書いてくれることとか。

今でも幸せなことはたくさんあって、日々幸せを感じているのだけど、
ふと昔を思い出すと、胸が苦しい。

それは私の中に、昔の自分が感じた幸せも、今の自分が感じる幸せも、
同じように価値あるものとして、大切に心にしまってあるからだと思います。

今度は白井に遊びにいきたいな!

みゆ

055.gif miyuへ

白井には、ゆゆの92歳の大叔母も一人で住んでいます!
子ども家族の近くに数年前に引っ越してきました。

一緒に白井まで行って、それぞれ自分のおばあちゃんちに別れて、
また帰りに合流してもいいね。

ゆゆの大叔母は今でもとてもしっかり、
きちんと一人で暮らしているけれど、

耳は遠くなってしまっていて、あまり聞こえないようです。

でもゆゆが、ろう学校で働くようになってから、
口をはっきり開けて、口元をしっかり見せて話すようになったので、

「わかりやすい」と言ってくれます。

歳をとったら、みんな目も耳も不自由になるから、
いろんな工夫をみんなが知っていると、助かる人も多いし、
寂しい思いをしなくていいと思います。

耳が聞こえにくい人には、大きな声で話すばかりではなく、

口をはっきり開けて、口の形を見えるようにしてあげることとか、
聞こえにくい人が持ち運ぶ手帳などもあって
(NTTでも聞こえにくい人がSOSできるための手帳を配っています)

その中に50音の表などもあるので
音の出だしを50音で示して口を見せてあげるとかすると
会話がスムーズになるようです。

聞こえにくくなったお年寄りの方たちは
あらためて手話を覚えるのは大変だと思うけれど、

難聴になってきた80歳に手が届く父に手話を教えてみると、
意外と覚えられているので、

聞こえる人も聞こえない人も集う、
老人の手話サークルなんてあっても楽しいかも。

(今、ゆゆが企画?夢?で考えているグリーフサロンのプランに
 またアイディアが加わった!みゆを雇ってあげようか??)

最近、老人ホームでもサインを使って
コミュニケーションをとったりするところもあるようです。

聞こえないからと、コミュニケーションをあきらめているご老人も多く、
結構、寂しい思いもしているので、
いろんな工夫があると知ってもらえると嬉しいな。

あ、幸せの話だったっけ?

歳をとっても、耳が聞こえなくなっても、
コミュニケーションが取れるって、寂しい気持ちが和らぐし、
きっと高齢者の幸せ感につながりますよね。

そうそう、昔の幸せを語る(回想法)っていうのもいいらしいから、
みゆもどんどん昔の幸せも語ってね!もちろん今の幸せも。

ゆゆ

みゆより055.gif

それに、耳が聞こえにくい方の場合、
音を大きくすればよい伝音性難聴の方だけでなく

聞こえる音と聞こえない音が複雑に存在する
感音性難聴の方もいらっしゃるから、

音を大きくするのは逆効果の場合もありますね。

聞こえにくさも、見えにくさも、
自分がもっとも快適なサポートをお願いするためには、
個人の発信も大切だなー、と感じます。

ゆゆ:そーですね。だから、自分の障がいや聞こえ方を
   自分でもしっかり理解することが大切になるよね。

   でも、そこにも気持ちのハードルが・・・
   障がいを受け止めるって、本当に大変なことですね。

   ゆゆ父も「補聴器なんていらない」ってずっと言ってたけど
   最近は、ゆゆの話に耳を傾けてくれるようになりました。
   
   絶対、生活のクオリティが上がった方がいいのに、って思うけど、
   当時者にならないと、その複雑な気持ちを理解できないものかもね。








[PR]
by mi-yu-yu | 2015-02-24 21:34 | 思い | Comments(0)

結果よりもプロセス?

055.gif yuyuさんへ

昨日、車イスのタイヤが破裂して、MY車イスが使えないので、
今日の“コミュニカ”編集会議には、
レンタル車イスで出かけることになりました…。

で、出かけるまで時間があったので、
数日前に友達が教えてくれた、
星野道夫さんの著書を読むことにしました。

私が好きなことばは、
「結果が、最初の思惑通りにならなくても、
 そこで過ごした時間は確実に存在する。

そして最後に意味を持つのは、結果ではなく、
過ごしてしまった、かけがえのないその時間である」

人生って、そういうものなのかな、と思います。

星野さんは約10年前、アラスカでヒグマに襲われて
亡くなってしまったけれど、
彼の生きざまそのものが、この言葉にも現れているような気がします。

私も、こういう人生を思い描いていたわけではなく、
結果的に盲ろうになったけど、

そこに至るまでにはかけがえのない時間があり、
その中で出会った人や培った経験は、同じようにかけがえのないもの。

そして今もなお、かけがえのない時間の中にいるんだろうなー。
…そんなもの思いにふけっていたら、

くるみから宅配便が届きました!
いつも思ってくれている人たちがいる。
幸せだなー。

みゆ

055.gif miyuへ

昨日たまたま、ゆゆも

「今ここ」を大切にしている
心理療法家カール・ロジャースの

「よい人生というのは結果ではなく、過程である」
という言葉を思い出していました。

今この瞬間を自分なりに後悔のないように一生懸命体験していたら、

最期の時にも「自分なりに頑張ったなあー」と
自分を認めてあげられるのではないかと感じています。

何を残したかよりも
自分で自分の生きて来た道を認めてあげられることが
(自分自身や自分の生きてきた時間を肯定できることが)

自分にとっての「よい人生」なんじゃないかな?

そして人は、最期に「何を持っていないか」よりも、
「冒険しなかったこと、やってみなかったこと」
を後悔するらしいです。

どうせ何も持っていけないことに気づくからかな?

ゆゆもあの世に持っていけるのは「魂の経験」だけ。
と思っています。

逆説的だけど、
何も持っていなくても「チャレンジした人生」は
満足できるのかも?!

ゆゆ

みゆより055.gif

たしかに!
やってみない後悔より、やってみた後悔のがさっぱりしますもんね。








[PR]
by mi-yu-yu | 2015-02-23 21:39 | 思い | Comments(1)

やむなく、おうちデート

055.gif yuyuさんへ

突然、車イスの後部タイヤが破裂!!
昨日、凶器になるようなものをふんだのかなー。

家にいる時だったのでよかったものの、
外にいたらどうなっていたことやら。

今日のお出かけは、中止になってしまいました。

でも、まったりおうちデートができて、
おいしいチーズタルトも食べられました!

そして、原稿関連のこともできたし、案外よかったのかも??

でも本当に、車イスはもう、私の身体の一部なんだなー、と思います。

身体や心の疲れだけでなく、車イスが壊れても、
できることが限られてしまうって、なんだかなー。

みゆ

055.gif miyuへ

そういえば今朝「車椅子のタイヤが破裂したー」って
メールが来てましたね!

ゆゆも、みゆとは違う意味で、充実すぎる、
引きこもり、のめり込みの一日だったので、

今日の終わりに、この話題が来て、
「そういえば、朝、そんな話聞いたなー」と

まるで遠い昔の話のような気分です。
タイヤすぐ直せそう?早く使えないと、緊急時も困るよね。。。

ゆゆ

みゆより055.gif

今日、日曜日だから担当のかたもお休みで、
あせってもなにもできませんでした。

明日朝一で連絡する予定です!
おやすみなさーい!


[PR]
by mi-yu-yu | 2015-02-22 23:11 | 日々のこと | Comments(0)

素敵な休日

055.gif yuyuさんへ

あいかわらずオシャレでかわいくて、
美意識が刺激されるお友達と、遊んできましたー!

それで今日は、私のオススメの日替わりメニューのお店にいったら、
まだ2回目だというのに、店員さんがとても親切でした。

「前に来たとき、フェイスブック限定のメニューがあったんですが、
今日はそういうの、ないんですか?」と聞いてみると、

「食べたいと思ったメニューがあったなら、おつくりしますよー!」
と、とってもやさしく私の食べたいものをつくってくれました!

しかも、ランチが運ばれてくると同時に、
「これ、一口大にしましょうか?」と言って、
チキンを切り分けてきてくれました。

帰りには店員さんに名前を聞かれ、名刺交換をしました!
お気に入りの場所ができる幸福感。

無農薬で新鮮な食材を使っていて、料理が本当においしいだけでなく、
店員さんの心づかいも光っていて、本当にいいお店です。

そして、お友達は、星野道夫さんの
ステキな写真集のような本を何冊か持ってきてくれて、

写真をあれこれ説明しながら、
ステキな言葉をピックアップして教えてくれました。

そうして私は、心にしまっていた映像を想像し、
自然の偉大さを感じながら、

自分はなんてちっぽけな存在なんだろうなー、
考えるばかりでした。

人と触れ合えるってすばらしいなー!!

みゆ

055.gif miyuへ

なんか、聞いているだけで、心温まるお話ですね。

お店の方とのやりとりも
お友達との語らいも。

いい一日だったんですね!

ゆゆは、今日はティーサービスの時間に
「パリマレ」という紅茶をいただきました。

パリのマレ地区にちなんだお茶だとか。

ジンジャーも入って、変わった味なんだけど、
結構おもしろく好きな味でした。

ゆゆも、そうやって美味しい紅茶を入れに来てくださる
ボランティアさんたちに心温まる時間をいただきました。

ゆゆ


[PR]
by mi-yu-yu | 2015-02-21 22:44 | 日々のこと | Comments(0)
055.gif yuyuさんへ

結局のところ、足掛け2年半?
途中には大きな手術を代表とする、いろいろな出来事があり、

出版のお話自体が流れてしまう可能性が、
大きく考えても2回はありました。
確実に私1人の力ではできませんでした。

そして、そんな最終原稿が、やっと終わりました!!!
卒論をかきあげたときの達成感にも似た気持ちです。

いやいや、でも、実物を手にするまでは、これは夢かもしれないぞ!
でもでもこうして、すみずみまでこだわった1冊の本に
まとめていただいたとは、幸せなすばらしい現実です。

たくさんのお力を借り、叶えることができそうな出版。
本当にありがとうございます!!

055.gif miyuへ

・・・・・・・・・・・・・

まだ終わってないよ。
まだ達成感に浸ってる場合じゃない。

小さな子どもの頃、ニコニコスパルタの家庭に育ったゆゆは、

父に「あとちょっと、あとちょっと」
「もうすぐそこ、もうすぐそこ」とだまされ、

気がついたら、とてつもなく長くハードな道のりを歩かされ、
子どもの能力を超えたことをやらされました。

そんなつもりはなかったけれど、

知らないうちにそのスパルタ魂が
ゆゆの遺伝子にまで染み込んでしまっていたらしく、

結果的に、みゆにもかなり頑張らせてしまったかな・・・
でも、本当に、これが最後のラストスパート?!

ゴールは「本当に」もうすぐそこだから、

ゴールに到達した暁には、
ものすごく成長してしまった自分を感じることができると思うから、

あとちょっと、がんばって!

これまでみゆにとってブラックボックスだった部分が、
最後の最後にポロリと言語化されて、

無意識に押し込められていた、みゆにとっての正体不明のモンスターが
ぽろっと正体を現したことに、ゆゆはびっくりしています。

そして、言語化されてしまえば、それはもうモンスターではないのです。

ちゃんと苦しい作業に向き合って、自分の心を整理することができた
みゆに感動しています。

マカロンでモンスター手なずけ作戦、成功したね!!
(読む人には、意味不明ですみません)

でも、そういうわけで、最後の詰め、
今度こそ本当の「ラストスパート」

よりいいものになるように頑張りましょう!!

ゆゆ







[PR]
by mi-yu-yu | 2015-02-20 23:59 | 思い | Comments(0)
055.gif yuyuさんへ

久しぶりの女子会、お姉さんはとっても元気そうでした!
毎回、おねえさんはデジカメをもっているのですが、

おいしいお食事や、その日の記念撮影など、
記憶の補助的に役立てています。

「盲学校時代に写真部だったのよ」というおねえさんは、
写真のアングルにもこだわりがあるらしく、
私などはわけがわかりません。

おねえさんが持っていた、がいこつのがいくんと、
私の持っていたフレデリックの写真も、
ストーリーを描いて何回も撮影しました…。(笑)

ちょっとふざけてるかもしれないけど、
見えなくても、聞こえなくても、

こんなふうに人生を楽しめるのもすばらしいことじゃないかなー?
と思います。笑いって、すばらしい!

みゆ

055.gif miyuへ

おかえりー。美味しく楽しい一日だったかな?

「がいくんとフレデリック」
d0265121_22433581.jpg
の素敵な写真を添付してくれたのに、
アップの仕方がわからないよー!!残念すぎる。

みなさんにも共有していただいたら、
なんだか元気が出そうなのになあ・・・

あ、できたかも!!がいこつくんが、何かいいたそうですね!

「盲ろうなのに自分でお化粧ー??」
「盲ろうなのに、写真ー??」

「しかも点字でみるだけでなく、今度は自分で撮る??」
って毎回びっくり、目を覚まさせてくれるお姉さん。

(「盲ろうなのに」って言うな!
 「いちいちびっくりするな!」って二人に怒られそうだけど・・・)

今日も、素晴らしい刺激をもらってきたんですね!
人生は自分たちで楽しませなくっちゃね!!

見事に美味しいものを完食した様子も写真から伝わってきてますよー。
お腹も心も充実の一日だったんですね。

ゆゆ

[PR]
by mi-yu-yu | 2015-02-19 22:44 | 盲ろう | Comments(0)

明日は盲ろう女子会

055.gif yuyuさんへ

明日は盲ろう女子会。
約1年以上ぶりの再会です。

ところで、お互いに全盲ろうなので、お店選びが大変かと思いきや…、
お姉さんはパソコンを駆使できるので、
ステキなお店情報をいろいろと集めてくれます。

メニューも、あらかじめ家で読んでいくのがいいのだとか。
見えない生活をより工夫して楽しむ。

お姉さんには、視覚を使わないパソコンなどの機器の扱いの鍛錬さや
努力を惜しまない態度があるのかもしれません。

私はどうも、デスクトップの画面いっぱいに出る
インターネットに慣れすぎているのか、

一行の文字情報だけが表示されるインターネットが
なかなか理解できません…。

それに、右手がうまく動かないので、
ますます困難になっているというのもあります。

でも、お姉さんみたいにパソコンを使いこなせたら、
生活をもっともっと楽しめるのかもしれません。

でもそうはいっても、ブレイルセンスのいいところは、

病院に入院していても、
手軽にメールや読書に使えるところだと思います。

パソコンは本体のほかに、キーボードや点字ディスプレイもいるし、
設定も必要で、とても病院では使えません。

もちろん、どちらも臨機応変に使えたら最高だけど、
どちらにも、長所と短所があるんだよなー、と思います。

私もネットを使いこなせるように練習、練習。
がんばります!

みゆ

055.gif miyuへ

明日は、楽しんできてね!
そして知恵をいっぱいもらっておいで!!

ゆゆ

[PR]
by mi-yu-yu | 2015-02-18 21:19 | 盲ろう | Comments(0)