大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2014年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

友から小包

055.gif yuyuさんへ

友達から、小包が届きました!
中身はユニバーサルデザイン風に、
すべて点字をつけてくれたプレゼントが入っていました!

その中に、あいだみつをさんのメッセージカードも、
点字がつけられて入っていました!

自分の理解者が1人でもいればいい…。
幸か不幸か決めるのは人とのめぐり合い…。
そんな言葉が、私は1番好きでした。

いまさらですが、最近、本当に私はぜいたくで、めぐまれてきたんだなあ、
まわりの人たちをもっともっと大切にしないとなあ、と感じているので、
なんだか胸にしみるようでもありました。

この家庭にうまれたこと、学校や友達とのめぐりあいも、
病院の人たちとのめぐりあいも、ゆゆさんとのめぐりあいも…。

全てが不思議な縁で結ばれたものばかりですが、
本当に幸せなことだと感じます。

今日はなくなった祖父の誕生日だから、
あらためて、「まわりに感謝しなさい!」と言っているのかな…

みゆ

055.gif miyuへ

こんばんわ!

今日は鼻炎で早々に撃沈していましたが
アイパッドから寝たまま返信したら変なことに。

パソコンも思うように動かず
今日はブログと相性良くないので
このへんで。

季節の変わり目、みなさんもご自愛ください。
おやすみなさい。また明日。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2014-09-30 21:36 | 思い | Comments(0)

話ができない時

055.gif yuyuさんへ

こんばんわ!
食欲も少しずつ回復してきて、
今日は秋の味覚、くりごはんを楽しみました!

おいしいごはんに、好きな時間に行動できる自由、話ができること。

今回の入院をふりかえって、それって、とても幸せなことだと感じます。
ICUにいたのは、日数にしたら、わずか数日間のことだったのかもしれない。

22歳のときに受けた、盲ろうになったときの手術のほうが、
ICUにいた期間も長かったのかもしれません。

でも、特に今回はICUでのコミュニケーションが大変だったことを思い出します。

手のひらに文字をかいてもらうコミュニケーション手段は、
手術前の夜、ベッドを訪れてくださったICUのかたにお願いしていたので、
ありがたいことに、みなさん上手にやってくださいました。

しかし、うっかりしていた自分からの発信方法。
ICUには、手術後そのままお世話になるのですが、
まだ意識も朦朧としている。

口にも、肺まで達する大きな管がいれられていて、
長時間の手術なので人口呼吸になっています。
その管が入っていると、器官を通っているので声がでません。

私は、声がでない発信方法をまったく考えていませんでした。
(手術後はもちろん点字も読めないので、50音ボードに点字をはって、
いいたい文字を指さしたりはできないのです…)

言葉が伝わらないのは、もどかしいし、非常に苦しい。

手術した頭は動かせないので、
「薬ほしいですか?」といわれても、返事もできない。

ナースさんにせっかく書いてもらってこちらだけ理解していても、
意味がないのです。

見えないながら、ナースさんの手に、ゆびで文字をかくけれど、読めないそう。
読めないのはあたりまえだから、今度はベッドに字を書く私。

ナースさんも根気強く、
「1文字ずつかいて。読んだ字を手に書いて確認するから。」
と言ってくれて

でも、私も、手にかかれる字が読めないこともあるので、
「え?なんですか?もう1回お願いします」といいたくても伝わらない…。

1文字ずつベッドに書いて、ナースさんが確認して…、
でも、そんなことをしているうちに、
ナースさんは最初のほうの文字を忘れてしまうようで、

私は心の中で、
「うそー!お互い大変すぎるから、書いた文字はメモしといてくださいよー!」
と、ムンクのように叫びつつ、1からべっどに書き、1から読むナースさん。

でも、そんな状態でも、一生懸命、
私の言葉を受け取ろうとしてくれたナースさんたち。
本当に感謝しています。

みゆ

055.gif miyuへ

ほんとに、場面を想像するだけで、「大変だったねー」と思います。


みゆは、指点字のほかに、簡単な手話や指文字を覚えていたから、
今回、コミュニケーションが取れなくなった時に、思いがけず、
それがかなり役立ちました。

でも看護師さんは手書き文字はみんなかけるけど、
指文字を読み取れる人はあまりいないかもね。

ゆゆは通訳の勉強はしていないから、
通訳方法などいたらないことが多いと思うけど、
そういう、どうにもならない時は、呼んでもらって。

ここまで究極の状態になった時は、最低限の
指点字も打てるし、指文字も読めるから、

今度、またこういうことがあったら、
ICUの人に、ゆゆを呼んでもらえるように頼んでおけば?

ゆゆのお役目ではなくても、患者さんが困っているときは、
病院は院内の資源をフル稼働して対応しているよ。

院内の人は、ゆゆが指点字や手話を知っていることを知らないから、

本当にコミュニケーションがとれなくて大変になりそうな時は、
「ゆゆさんをよんでください」って指名しておいてね。


くりごはんが、おいしくて、良かった。

食欲の秋と 実りの秋と 秋の味覚、
秋をいっぱい感じられたかなー。


ゆゆ

[PR]
by mi-yu-yu | 2014-09-29 23:08 | 思い | Comments(0)

お散歩日和

055.gif yuyuさんへ

今日は久しぶりに、外の空気を少し、すってきました。
日差しが気持ちよかったです!

久しぶりに外に出ることは、楽しみなことでもあるけれど、
私は、また外に出て生活できるのかな?
外に出たい気分でもないしな…っていう、

漠然とした不安がありました。
今日は彼がやってきてくれて、まだおうち静養中で不安な私に、

「近くのパン屋さんに行ってみようか?家で食べてもいいしね」と、
外に出かけたいと私が思えるようなきっかけをくれました。

今、読んでいる本がパン屋さんを舞台にしているので、
余計にワクワク。

秋風がものすごく吹き荒れていて、帽子がとばされたり、
髪の毛が踊っていたけれど、

ポカポカな、あついくらいの太陽もふり注いでいて、
とっても心地よい気候でした。

近くに流れる目黒川。
おいしいパンでおなかもいっぱいになったし、

新しい空気につつまれて、だんだんお昼寝したくなってきた私は、
おだやかな気持ちで、目黒川沿いをお散歩しながら帰路につきました。

目黒川沿いには、いくつもの桜の木。
春にむけて、今はエネルギーをたくわえているけれど、
春になったら満開のさくらを観賞できそうなお店もありました!

小さな公園には、興奮した子供たちの遊ぶ声、
泣きわめく赤ちゃんの泣き声がするのだとか。

なにも努力しなくても、お金を払わなくても、
時に自然は脅威にもなるけれど、享受できる幸せを感じます。

もちろん、盲ろうになって、目や耳からの情報が限られ、
自然を感じることも大変だけど、だれかを通じて感じる自然や、
口や鼻、身体で感じる自然も、捨てたものではないのでは?と感じます。

やっぱり外はいいなー。

みゆ


055.gif miyuへ

のどかで心穏やかな日曜日をすごせたようで、良かった。

ゆゆは・・・・・・・・・・・・・・
今日も一日、みゆのミッションに応えて、

マカロンでアクセサリー、マカロンでアクセサリー、と
イマジネーションをふくらませる一日でした。

で、なんと、想像もしなかった、まさに
「☆の王女さまオリジナルチャーム」が完成してしまいました。

「みゆオリジナルブランド」として売り出せそうなくらいかわいい

三段重ねマカロンをイメージした
キラキラのリングビーズをトリコロールで組み合わせて、
そこに☆チャームをチェーンでつなげた、ミニチャーム。

これをいろんな小物やアクセサリーにつけたらかわいいよー。

ゆゆが作った沢山のアクセサリーのすべてのアジャスターも、
☆チャームをぶらさげました。

ほんと「☆の王女さま」の熱烈ファンみたい(汗)

ゆゆは自分用にゴールドのブックマークにつなげたら、
とっても上品で高級感あふれるブックマークが完成。

みゆには、それをパールとチェーンでつないでブレスレットを作ったよ。

これでミッションは達成したので、
ビーズにはまるのは終わりにしようと思います!!

そうしないと、のめり込み体質なので、生活に支障がー!!
たった二週間でしたが、壮絶なビーズ週間でした。

ゆゆ



[PR]
by mi-yu-yu | 2014-09-28 23:45 | 日々のこと | Comments(0)

高齢者向けマンション

055.gif yuyuさんへ

祖母は、もうすぐ老人マンションにお引っ越し。
今日、母と祖母は老人マンションのリフォームにいってきました。

千葉のおうちはなくなってしまうので、さびしいけれど、
けんかしつつも仲むつまじい相手だった祖父がいなくなって、
1人であの一軒家に、さびしそうな祖母。

千葉のお家がなくなってしまうのは悲しいけれど、
1人ぐらしでも、となりの部屋には同じく未亡人になった姉がすんでいて、
外出も自由にできるマンションで、安心して快適に暮らしてもらいたいなー、
と思います。

なんとこのマンション、私の思い描いている、もうろうマンションに近いです!
ホテルのようなマンションで、1つ1つ部屋があり、
ワンルームなので掃除もラクチン。

食堂にいって注文すれば、朝昼晩の食事も自由にとれるので、
料理はしなくていいし、温泉もついているのでお風呂掃除も必要ない。

マンション内に、専用の図書館や、麻雀ルームやコーラスルーム
カフェなどもあるのだとか。

駅まで歩いて5分。近くにはイオンやスーパーも充実しているというので、
かなり便利に暮らせるのではないでしょうか。

生きるための食事や、掃除やお風呂などの身のまわりのことをするのが
大変になってしまったけれど、1人ぐらしを満喫したい人に、
ピッタリのマンションだなー、と思います。

日本もどんどん高齢化していきますし、
高齢者も長い人生を生き抜いてきた生活の知恵を大切にされるのではなく、

若者の邪魔にされ、うとんじられてしまうような、
そんな悲しい老後を送るより、

いくつになってもいきいきと、人生を楽しめるような、
こういう暮らしへの需要が、どんどん増えていくのではないかと思います。

きれいごとだと言われてしまうかな。

でも、曾祖母がそうだったように、それぞれの家庭に、
いろいろな事情があって、介護できないこともあるけれど、

育ててもらった人生の先輩を、
本人がよろこんでいない場所しか選択肢をなくして、
終わりにしてしまうのは、やっぱり悲しいから。

盲ろうマンションには、洗濯の問題とか、まだまだ課題がありそうだけど、
こんなマンションがあったらいいな、という夢は、さらにふくらみました。

すべてバリアフリーになっているそうなので、
落ち着いたら、私も遊びにいきたいと思います!

みゆ

055.gif miyuへ

そうだ!
みゆが、盲ろう者、高齢者のケア付きマンションを経営したらいいんじゃない?

盲ろう者だけだと、商売にならないかもしれないから、
基本、「元気な」高齢者のケア付きマンションを経営して、

そこに盲ろう者のための居室も準備するの。
いろんな設備は共有。

高齢になったら、耳も目も使いにくくなっているから、
盲ろう者への配慮が、高齢の住人にも役立つかも。

そして高齢者には、脳の活性化に指点字を覚えてもらって、

せわしない情報化社会はみんなで引退して、
指点字で自然の情景とか、自然の感覚とか、

ゆっくりと、のどかな会話を楽しむの。
毎日、縁側でひなたぼっこのモードで。

「今日は心地の良い風がふいていますね、もう春ですね。
ああ、うぐいすが鳴いていますよ」とか。

ゆゆは、そこでケアマネとして雇ってもらって、
住人のプランは全部そこでやるとか。

みゆ社長のもと、やっと正職員になるの。

んー、でも自由気ままに生きるクセがついちゃっているから、
ケアプランの締め日が迫っているにも関わらず、

「今日は雨風が強いので休みます」とか言って、
あっという間にクビになりそうだなー。

経営者としては、会社のために滅私奉公してくれるような
よく働いてくれる社員を見つけないとね。

盲ろうならぬ妄想マンション計画。
しかし、イメージしてると実現するかも。

ゆゆ






[PR]
by mi-yu-yu | 2014-09-27 23:40 | 盲ろう | Comments(0)

生態系をいかす取り組み

055.gif yuyuさんへ

最近、明学の横浜校舎には、
草を食べてくれるヤギさんが3匹もいるらしい!

そして、とある県の田んぼには、害虫を食べて、
稲をまもってくれる、カモがいるそうです。

人間は、草むしりなどの手間が省けるし、
動物はおなかいっぱいになるし。

人間も動物も、お互いに好きなことをして、お互いに利益がある。
それって、よい取り組みだなーと感じます。

私も、苦手なことではなくて、得意な楽しいことで、
だれかに喜びを与えられたりすればいいな、と思います。

それは、お仕事をするだけではなくて、
相手の喜びもかんじ、お互いに達成感を味わえるようなこと。

きっと、それが自信にもつながっていくのではないかな?と思います。

明学のヤギさんも、田んぼのカモさんも、
自分の好きなことをして、それが命にもつながり喜ばれている。

私も、恩返しをかねて?好きなことばかりをやっていますが、
それがだれかに喜びを与えられたらいいな。

みゆ

055.gif miyuへ

自然って、人間が、よけいな手を加えなければ、
本当は自然にバランスがとれているのではないかな。

自然のしくみってすごいなーと思います。
そして、人間の身体にもそういう力ってあるんじゃないかな。

みんなが、できるだけ自然体で、エゴや欲を出しすぎずに
お互いに助け合って、思いやり合って、

シンプルに生きて行けたら、人間の個人の生態系(心と身体)も
環境としての生態系も、もっとバランスがとれて

すごしやすいところになるんじゃないかなー。
なんて思います。

自分らしく自然体で居て、それを喜んでくれる場所にいられたら、
それだけで、心がほっとして元気がでるよね。

そしてそこから生まれる穏やかな空気がまた、人に広がって
相手もほっとして元気がでる。

みゆだって、無理して頑張らなくたって、
楽しそうに生きているだけで、喜んでくれる人たちに囲まれているよ。

なのに、「人間はがんばらなくちゃ!」って思っているんじゃないかな。

あえて「何かをするのが大事」というばかりではなくて、
自然にまかせるとかゆだねるとか、手を引くのが大事なときもある。

自分の生態系を愛おしみながら丁寧に生きるってことだって、
自分の生態系を愛おしむように、ほかの人のことも大切に考えることだって

それも人間として社会に貢献することなんじゃないかな。

ゆゆ







[PR]
by mi-yu-yu | 2014-09-26 23:10 | 思い | Comments(0)

芸術の秋?趣味の秋?

055.gif yuyuさんへ

こんばんわ!
昨日のブレスレットといい、

かわいいビーズの作品がちゃくちゃくと増えていますね!
今度みせてくださいね!

なにやら楽しそうにはまっている、ゆゆさんのビーズつくり!
ビーズの秋ですねー!

今日、父はお仕事でしたが、母はお友達と、月に1度の陶芸。
朝から晩までいません。

19時すぎに、父が夕飯を買って帰宅すると、通訳をしたり、
大変そうではありましたが、

それぞれみんな、楽しいことを見つけて輝いていて、
それぞれが幸せな瞬間を感じていられたら、
とってもすてきなことだな、と思います!

私も、今日は仕事がお休みの彼と、
まったりおうちデートをする予定でしたが、
ガールズデイの貧血に撃沈し、中止。

手術でも貧血になりましたが、手術前におこなっていた貯血の
自分の血も輸血しつくしてしまい、結局赤十字様のお世話になりました。

そんな状態だったのに、「よくもまあ、絶えずに血があるもんだ」と、
大量に出血しながらも、輸血をしてもらったあとには
自らの血を分泌しつづける、人間の身体のすごさに感心してしまいます。 

さて、気分転換にどこへいこうかなー。

みゆ

055.gif miyuへ

ああ・・・おかげさまで。
マカロンチャームを作ったとたんに、

「次はマカロンネックレス!」とご所望される王女さまに
無意識のうちに、応えようとしてしまう ゆゆ。

指令が出ると実現に向けてイメージを開始してしまいます。

スパルタみゆのおかげで、

楽しそうにというよりも、怖いくらい、
思いきりビーズにはまっています。

第二の仕事、私の内職なんじゃないかという勢いで、
作品がどんどん増えています。

しかも、めちゃくちゃかわいくて(←自画自賛)、
みゆに見せたら欲しがりそうなものばかり。

あ、でも、ゆゆが作っているのは「シックで上品な」大人アクセサリー。
みゆは、マカロン付きかー。子どもっぽくない?

さて、この練習のあかつきに、
どんなマカロンネックレスができるのでしょう?

ゆゆはまた、成長して、
失業しても生きられるスキルを身につけてしまう?!

秋色のアンティークピンクのビーズのアクセサリーをつけて、
どこかにお出かけしましょうか。

ゆゆ




[PR]
by mi-yu-yu | 2014-09-25 23:55 | 思い | Comments(2)

自宅療養中

055.gif yuyuさんへ

こんばんわ!
暑かったり寒かったり、体温調整の難しい日が続いていますねー。

でも、体温調整の難しい患者さんも多い病院では、
温度が一定に保たれていていいなーと思ったこともありますが、
やっぱり肌に風を感じるのは、自然を感じられて心地がよいです!

今週末は盲ろう者支援センターで理事会です。
が、私は9月いっぱい、お休みさせていただくことにしました。

まだ、身体にやる気がありません。
電車にものれません!

家での生活にやっとなれてきたところなので、
少し近くに気分転換にでかけたり、
本やニュースを読んだり、お昼寝したり…
あせらず、自分のペースで社会復帰していこうと思います。

このあいだのウェディングパーティーも、いい気分転換になりました。
支給されているタクシー券を使って、VIPに?
タクシーで会場のホテルまでいきましたが、

身体がしんどいという理由から、タクシーを使うことも多く、
でもタクシー券は限られているので、残りが少なくなってくると、
また電車にものれるように、身体をもどさないとー、と思います。

学校まで、車いすで30分程度なので、
タクシーを使わないのはそれも不安なのですが、
とりあえず9月はエネルギーを充電して、
10月から始動できるよう、今はいろいろとチャレンジしようと思います。

みゆ

055.gif miyuへ

まずは、ゆっくりしてください・・・。

まだできていない本のこと

これからすることたっぷりあるから、
新しいことばかりチャレンジしないで、余力も残しておいてね。

ゆゆ

[PR]
by mi-yu-yu | 2014-09-24 22:05 | 日々のこと | Comments(0)

秋分の日の留守番

055.gif yuyuさんへ

こんばんわ!世間は祝日ですがいかがお過ごしですか?

今日は暑いくらいでしたが、また台風が来ているみたいですね。
今回は被害がないといいですね。

昨日から、今日の夕方まで、母不在の間、
父が男の料理?をしてくれました。

私が高校生の頃は、土日も仕事の母に代わって、
(私でなく)父がほとんど夕食を準備してくれました。
だから、なんだかなつかしい。

父は、ごはんや飲み物のことはもちろんですが、
テレビで放送している内容や、お天気のことも、たくさん通訳してくれて、
私も家族の優しさをたくさん感じています。


そして今日、私は読書の秋!
フランスの移民をはじめ、貧困や教育についての本です。

革命もそうだけれど、国民が自分の手で、権利を勝ち取って、
生活に準じて問題をみつけだして、いろんな政策が考えられていて、
すごい国だよなーと思います。(たまにいきすぎてしまってるけれど…)

フランスで、障害者の施策はどういうものがあるのか?
それはずっと興味があって、人に聞いたりしているけれど、

自分で研究するには、フランス語の点字で文献を読んだり、
まとめたりするのは絶対条件みたいなので、
そんな馬力はもちあわせていないなー、と挫折中。

でも、手術前よりも点字がよみやすくなって、
「ああ、感覚がおかしかったんだ」と実感。

またメールや本が読めるようになってよかった!
と思うこのごろでした。

みゆ

055.gif miyuへ

こんばんわ。パパと二人で仲良く、ママの留守を守って
えらかったね!そして、パパさん、すごい!

世間は祝日ですが・・・私は
さわやかな秋晴れの中、お仕事に行ってきました!

お仕事させていただけることが幸せです。

またみゆとメールできるようになって良かったよー。
フランスはどんな風にすごいのかな?

ゆゆ


みゆより055.gif

フランスのことについて…。

フランスは、自由と博愛の精神を理念としています。
人権についても、たしか日本に先立って宣言がありました。

働く女性を支える政策も充実していて、教育に関しては
2歳から大学まで無料で保証されています。

資格社会なので、エリートが育ちやすい一方で、
挫折してしまったものは軌道修正が難しいという、
いわゆる落ちこぼれを生み出しやすい困難な側面もあると考えられています。

また、フランスは人権思想から移民を多く受け入れていますが
移民家族は低賃金の場合も多く、貧困は社会問題になっています。

生活の困難な人たち、ホームレスなど、最低限支え、
でもできる努力はしなさいという仕組みもあります。

ニュースなどをみていても、
まるっきりそのまま、日本に適応できるとは思わないけれど、
相互に見習うべき点はあるのだろうなーと思います。


yuyu: 勉強になりました。ありがとう。


[PR]
by mi-yu-yu | 2014-09-23 21:01 | 盲ろう | Comments(0)

お彼岸

055.gif yuyuさんへ

父の誕生日に、おばあちゃんの手作りおはぎが届きました!
あんこはもちろん、きなこやごまのおはぎも、とってもおいしい!

祖母も母も、私が小さいころから、こうしてなんでも手作りしてくれて、
おいしい家庭の味に親しませてくれていたなあ……。

そんなことを思いながら、おはぎを食べていたら、
祖母に会いたくなってしまいました!

歩くのもつかれちゃうほどだったのに、
お見舞いにも何回もきてくれて、いつも心配してくれて、
私が大切にしているおじいちゃんの万年筆まで届けてくれました。

思えば初孫として、祖父母にはいろんなところに連れていってもらって、
いろんな経験をさせてもらいました。

いっぱい反抗もしてしまい、怒られたこともあったけど、
結局、下宿までさせてもらって、
12畳ほどの広いお部屋まで貸してくれました。

私も、あんこをくっつけるお手伝いをした記憶があるけれど、
できあがった手作りのおはぎを、みんなで食べるのが、
最高に楽しかったな。

そんな祖母も高齢になって、祖父も亡くなった今、
時は確実に流れているのを感じます。

あの広い一軒家に、祖母1人で暮らすのは心配すぎるから、
ついに、10月には祖母も引っ越しです。

私が元気なら、一緒に生活して、
かわりに掃除や洗濯、料理ができたかもしれないのに…。

せめて、私が退院したばかりだからと、最後の実家なのに、
後ろ髪をひかれていけない母を、

「今日は母の漢方の病院でしょ!せっかく千葉に行くんだから!
 私は父もいるから大丈夫!」と送り出しました。

今日はゆっくりと祖父にお線香をあげながら、
祖母とのひとときを楽しんできてほしいです。

(ちなみに、手術で力をかしてくれた
 祖父母へのお礼も伝えてもらいました!)

みゆ

055.gif miyuへ

お彼岸ですねー。
秋だからおはぎ、春はぼたもちなんだってね。

昨日、真っ赤な曼珠沙華が沢山咲いているのを見ました。
色とりどりのコスモスも風に揺れていたよ。

さわやかな秋到来です!
今度秋を感じられる物を持って行くね。

やっぱり「秋の味覚」が一番いいかな?

ゆゆ



[PR]
by mi-yu-yu | 2014-09-22 22:09 | 回想 | Comments(1)

退院しました!

055.gif yuyuさんへ

こんばんわ!ついに退院しました!

ゆゆさんにいただいたマカロンクッションも、
部屋にかわいく並んでいます!


病院で壁づたいに好きな時にお手洗いに行けるようになったのは
幸せなことだけど、

自分でお手洗いのカギをしめられないおばあさんが
同じ病室にいたので、

みえない、聞こえない私は、
お手洗いを使っているのかどうか?がわからない。

で、使用しているか、していないか、触ればわかるボードを、
キーホルダーつきで作ってもらったのはよかったけれど、
問題を発見してしまいました。

…寝ぼけていると、使用中の札のまま、
ひっくりかえしておくのを自分が忘れて、眠りの世界へ、再び戻ってしまう。

そして朝になっても、ずっと使用中...。


午後になって、やっと退院して、約1カ月ぶりの家に帰ってきました!

両親はケーキを買っていくといって途中で別れ、
私は彼と先にマンションについたのだけれど、

「あれ?何階だったっけ?」

部屋の番号も忘れるくらい、離れていたおうちだけど、
おそるおそるカギをさしこんだら、なつかしいおうちのニオイ。

自分の部屋の寝心地のよいベッドもうれしかったし、
ベッドに並んだお人形、まかろんのクッションかわいすぎる!

おトイレもお風呂も、新しく手すりがついていて、かなり快適ですー!

入院している間に、外の空気もすっかり秋になって、
お部屋の窓を開けているだけで、心地のよい風が頬をなでて通り過ぎていきます。

今日は1日、彼も一緒にいてくれて、
両親ははりきって退院のお祝いをしてくれました。

自分の体調が悪いと忘れてしまいがちだけど、
まわりの人たちに支えられているこの気持ちを忘れずに、いられたらいいなー。

みゆ

055.gif miyuへ

退院おめでとう!
やっと自分のペースでゆっくり寝られるね?!

ゆっくり休んで、秋学期への英気を養ってください!

ゆゆ

[PR]
by mi-yu-yu | 2014-09-21 21:35 | 入院生活 | Comments(1)