大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ

<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

平成26年3月17日。晴れて大学を卒業しました!

💌 みゆより、応援して下さった皆様へ。

卒業式は、感謝の気持ちがめぐる1日でした。
入学から卒業まで、6年もかかり、
自分でも思いもよらない人生になりましたが、

いろんな人と出会い、いろんな経験をさせていただき、
すばらしい学生生活でした。

盲ろうという、重い障害を得てからも、
こうして大学へ復学し、無事にこの日をむかえることができたのは、

すばらしい大学と、尊敬してやまない先生方と、職員の方々、
お手伝いくださった学生のみなさん、いろんな方に支えていただき、
ご協力をいただいたおかげです。

また、その先駆けとして、家族のあたたかい愛情があり、
それだけではなく、ゆゆさんが身を呈して、
私に「ひとりじゃない」という、安心できる場をくださったので、

私も「この人たちをうらぎるわけにはいかない!がんばらなきゃ!」と
思うことができました。

何があっても、私のことを見放さずに、下から支えていてくださったので、
怖がってばかりいた私も、1歩をふみだし、盲ろうでも、
いろんなことに挑戦する気もちになることができたのだと思います。

そして、長くなるので、この場でのそれぞれへのお礼は割愛させていただきますが、
病院の父や母、リハの先生たちやセレブ夫妻、いろんな方が一生懸命、
私に力をかしてくださいました。

本当にありがとうございました。

大学のチャペルで行われた卒業式は、
荘厳なパイプオルガンの音が
響きわたっていた、若かりし入学当初を思い出していましたが、

残念ながら卒業をむかえた今、私はそれを聞くことができませんでした。
袴で華やかな学生さんたちの喜びに満ちた様子も、
通訳はしていただきましたが、実際に見ることはできませんでした。

でも、私は私の人生に後悔はありません。
お手伝いくださっている方たちは大変だと思いますが、
最高の人生を与えていただいたと、私は思っています。

大学の理念、“DO  FOR  OTHERS”に感動し、入学した6年前。
卒業式にあらためて、牧師さんや学長、フランス文学科の先生がたのお話をきいて、
「この大学で、この学科でよかった」と感じました。

「人と人が支え会うのに、障害なんて関係ない!」と、私は思います。

また、障害をうけた学生は、どうしても孤独になってしまいがちですが、
いつもお世話になっている職員の方々は、私にも居場所を与えてくださり、

障害の壁をこえて、いろんな学生達とのふれあいを通して、
いつもわきあいあいとした支えあいのある、雰囲気を作り、
楽しい学生生活を送るお手伝いをしてくださいました。

晴れ姿を見にいらしてくださったみなさま、卒業生のみなさんにも会えて、
思いがけず、たくさんのお祝いの品をいただいてしまい、
すばらしい1日でした!

最後に、盲ろう協会のみなさま、通訳介助者のみなさま、
盲ろうの障害をお持ちの方々、この記事に書ききれないたくさんの出会いがあり、

また実際にお目にかかったわけではなくても、応援してくださっている方々、
本当にありがとうございました。

これからも、限りある人生、自分の気持ちを大切にしながら、
今を一生懸命生き、前に進んでいけたらいいな、と思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

みゆ

PS.
1冊の本をまとめるということを、私はとても甘く考えていたようです。
さらに、原稿用紙や資料、パソコンの画面が見えなくなった状態で、
さらに作業は難しくなりました。

編集者の方、ゆゆさんのお力をおかりして、
なんとかまとめようと奮闘しております。

発売できる日がきましたら、またこのブログでご報告させていただきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

ーーー
💌 みゆへ

卒業おめでとう!
ゆゆも去年のブログの公約通り、
桜の木の影からみゆを見送ったよ♪

今年は桜が咲く気配もなかったけれど・・・。

ーーー

今日は卒業式にふさわしい暖かく晴れやかな春の一日でしたね!
卒業おめでとう!!すばらしい一日になりましたか?

卒業式の時間、私も1人
みゆの頑張る姿を走馬燈のように思い出していました。

ちゃんといろんな人の支援を受けて、「自力」で卒業しましたね!!

私は綱渡りの安全ネットになったつもりで、体を張っていたけれど、
みゆは落ちてきませんでした!!

見事にロープを渡りきっておめでとう!!
その勇気とチャレンジ精神を讃えます!

みゆがその支えを感じてくれていたことは嬉しいです。
お疲れの中メッセージをありがとう。

目と耳が使えない状態で、大学に復帰し、
実際に通い、勉強するのは、

本当に大変だし勇気がいることだったと思います。

「つかれたー」と、家に帰るなり倒れ込む姿も、
傷ついて涙をぽろぽろ流す姿も、目の当たりにしてきたけれど、

本当によくがんばったなぁと思います。
日々を精一杯生きているみゆは、それだけですばらしいし、

実際ヘロヘロになりながら、果敢に勇気を出して、
人とのつながりを求めて行ったみゆのことは尊敬します。

そして誰よりもがんばって勉強し、

人に助けや協力を求め、支援を受け取ることは、
自分でやる以上に大変で、気も使うけど、

ちゃんと沢山の方々の支援をありがたく受けて、
「自力」で卒業にたどり着いたみゆは本当に立派です!

所属なんてなくても輝いて生きていけるから、
まずは素敵な本を完成させましょう♪

そうして、また新しい出会いがあり、
みゆらしい人生が開けていくと思います。

ゆゆ



💌 みゆより

ゆゆさんもいらしていたのですか?!
いらしてくださっていたなら、一緒に写真をとったり、お話したかったです!!!
こんなことなら、前もってお呼びすればよかった。

後悔はないと、ブログ記事に書きましたが、さっそく後悔をしています。
でも、昨日の祝辞で、後悔はステップアップのチャンスだというようなことを
いっていたので、この後悔も、次にいかそうと思います。


[PR]
by mi-yu-yu | 2014-03-18 01:59 | 大学でのこと | Comments(7)