大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ

<   2013年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

☆おわりに☆ (謝辞)

☆おわりに☆  055.gifみゆよりメッセージ

1年間、このブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

私の生活の一部であったこのブログを卒業することは、名残惜しいことでもあります。
そして私が成長していく過程で、たくさんの夢を叶えてくれた、このブログには
愛着があり、とても感謝しています。

その中で出会った人々、サポートしてくださっている皆様、
ブログの更新を楽しみにしてくださった方々の
沢山の温かい心のつながりを実感することができ、
多くの勇気やエネルギーをいただいていました。

出版の際には、このブログにてご報告させていただきますので、
来春、私の大好きな桜もちを見かけた際には、
このブログを思い出し、遊びにいらしていただけましたら嬉しいです。

これからも、1日1日を大切に、また新しいはじまりの季節にお会いできることを
楽しみにしております!

みゆ

☆ コメント欄は本日で締めさせていただきます。沢山のコメントありがとうございました。
[PR]
by mi-yu-yu | 2013-06-30 23:06 | 思い | Comments(4)

エピローグ

☆ エピローグ ☆

☆の王女さまmiyuと、「夢を叶えるブログの旅」に出て、今夜ちょうど一年。
ある日突然、別れはやってきました・・・。

チャンスの女神は、準備が出来た時、突然に現れるもの。

そして、女神さまには前髪しかありません。
その瞬間にピッと掴まなくてはいけません。

王女miyuは、しっかり夢を叶えて(女神さまの前髪を掴んで)、
次の☆、次のステージに旅立っていかれました。

孤独にさみしさ、苦しいこと大変なこと、切ないことも多い王女さまでしたが、
一筋の光に向かって、真摯に取り組んでいく素直さがありました。
そんな王女さまのお姿に、尊敬の念を抱いておりました。

本当に大切なことは目に見えない。夢は見ないと叶わない。
自分が心の中に、どんな世界を見るかで、現実の世界も変わってきます。
そこに何をみるか、すべては心で変わります。

小さな星の中に、花をみるか、鈴のような王子さまの笑い声を聴くか。
それだけですべての星が違う価値のある大切なものに見える。

砂漠が美しいのは、どこかに井戸を隠しているから。(by 星の王子さま)
命が美しいのは、幸せを感じる心があるから。(by 福島先生)

カタチのないもの、それを見、聴く、感じるための、
(イメージ)や関係の質が大切なんじゃないかな?

本当の寂しさや孤独は、
人が多いか少ないかでもなく、そこにいるかいないかでもなく、
心の通い合う人がいるかどうかなのだと思います。

孤独に山を登っていても、大海を漂流していても、
心の中に大切な人として存在するような「絆」を誰かと結んでいるかどうか。
むしろそれがあるから冒険できるのかもしれません。

更に、ものごとの本当の価値は、
自分がそれと結ぶ関係の質で決まるのではないでしょうか。

安いものでも自分にとって大切なものであれば、高い価値を持つように
人生の豊かさは、所有物の豊かさ(多いか少ないか、値段が高いか安いか)
ではなくて、いろいろなものとの関係の豊かさであるのだと思います。

そういう見方で見ていくと、人間関係のみならず、
miyuは豊かさに溢れているようにも思えます。

孤独に押しつぶされそうなmiyuを見て、本当の孤独って何だろう?と考えました。

人とのつながりだけでなく、自分自身とのつながりを大切に、
心に素晴らしい世界をイメージして

これからも、沢山の方に守られ応援されていることを信じて、
平和な国で生きてください。

いつでもmiyuの周りには自然の恵みと、沢山の愛が溢れているのです。

現実の世界で、miyuとyuyuの関係が外に現れないのは、
まさに、見えない心の世界を生きていたから。

大切なものは目に見えないけれど、確かな絆が結ばれたと思うから、
それぞれの道を、時にはお互いを思い出しながら、
心に明かりを灯して、美しく自分の道を自分らしく切り拓いて行きましょう。

星があんなにも美しいのは、目に見えない花があるから・・・
そして、王子さまをこんなにも愛しく感じるのは、王子さまが一輪のバラの花を
いつまでも忘れずにいるから。バラの花の姿が、眠っている間も、
ランプの灯のように王子さまの心に光っているから。(by星の王子さま)

miyuが愛しく美しいのは、心の中に希望の光を灯し、
溢れる愛や幸せを感じる心があるから。
感謝したり、いつも誰かを思いやる心があるから。

そんな人は居るだけで、どんな時もポッと明かりが灯っているようで、
この世界を照らしてくれるのだと思います。

・・・そんな人は本当にいるものです。

また、どこかの☆でお会いすることができますように。
いつもmiyuの幸せを祈っています。

ゆゆ

miyuより055.gif

今日は1人で(もちろん通訳者はいるけれど)アバスチンにいってきました!
母と行くとラクではあるけれど、みんな母に話をしてしまって、
私はおいてけぼり感があるけれど、今日はたくさんの人とお話できてよかったです。
みなさん手に書いてくれたので、楽しかったー。

ゆゆさんがお休みで残念です。
私の勇姿(?)を見てもらいたかったです。

エピローグ、さすが素敵にまとめてくださり、ありがとうございます!
感動してしまいました。やっぱりかしこいっていうか、才能ありますよねー。
出会えてよかった。宝くじ1等賞です!

いいなーやっぱり星の王子さま。
読めば読むほど味がでますね。じっくり読み返そう。

yuyu: お休み返上でエピローグ書いてましたよー。
   最後まで励ましてくれてありがとう。
   miyuがそうやって励ましてくれるから、がんばれたよー?!

   一年間、体調が辛い時も忙しい時も、帰宅が深夜になっても、
   頑張って書いた毎日。楽しかったね。
   今度はyuyuがいる日に、一人通院しておいでー。通訳します?!
  (多分、すぐ、スタッフに自分で書けーって手渡しちゃうね。部長にも?!)

   星の王女さまの、星の王子さま研究・・・お話聞く日を楽しみにしています。


= 終わり =

一年間、読んでくださった皆様、応援してくださった皆様、
本当にありがとうございました。
コメントは、今月末で締めさせていただきます。それまでよろしくお願いします。

[PR]
by mi-yu-yu | 2013-06-19 08:40 | 回想 | Comments(16)
055.gif yuyuさんへ

なんと!!!今日は出版社の方にお会いしました!!
(ブログに報告の許可いただき済!)
私もいよいよ、本を出版することができそうです!

「障がいを持った」だけではなくて、どんな人にとっても、
苦しみにぶつかったり、立ちどまったときに、がんばるパワーを思い出せるような、
そんな本にできたらいいな、と思います。

贅沢を言えば、フランスの絵本のようなかわいい挿絵も入っていれば、
もっとステキなんだけどなあ。
いってみれば、これまで生きてきた証ともなるでしょう、マイ自伝。

私は、盲ろうになって、「人生おわりだーー!」と絶望を味わった時に、
ゆゆさんと出会いました。

そして、遠い遠い未来に、たくさんの人に囲まれながら、
こんな日が来ることを夢の中に描き、私の説明書にもなるような、
このブログを始めました。

今日は、退院から1年、最初の大きな夢が叶った日ともなりました!
すばらしい退院1周年となりました。

ここまで私がやってこられたのは、ほかならぬ、多くの皆さまのおかげです。
たくさんの応援をありがとうございました。

また、いつも近くで支えてくれた家族、親せき、今は亡きおじいちゃん。

そして、どんなときも親身に話を聴き、夢を描き、私のやる気を引き出し、
長文ブログにここまで付き合ってくださったゆゆさん。

盲ろうになった時、私があのままだったら、
人生をあきらめていたかもしれません。
本当に本当にありがとうございました。

辛いこと、苦しいこと、喜びやささやかな幸せ、迷いと葛藤、
いろんなことがあった2年間だったけれど、
私は常に人に恵まれていたと、今あらためて思います。

さらに、今日は卒論のテーマも発見することができました!
やっと、自分がワクワクし、先生に相談することができるくらいの、
オリジナルプランができました。

これから、先生との面談を重ね、アドバイスを受けるごとに、
どんどん形は変化していくでしょう。

でも、盲ろうになって「言葉がなくなった」壮絶な体験から、
私にしかできないテーマになったような気がします。

私が渇望した酸素ボンベである「ことば」の研究。
今はまるで、苦しみのあとに残る平穏な波間のような気持ちです。

きっとこれからも大変なことばかりが私を待ち受けていることでしょうが、
支えてくれる人たちがこんなにいるのだから、きっと大丈夫。
どうぞこれからも、温かい応援をよろしくお願いいたします。

私はしばし、卒論×自伝に全力を注ぎます。
穏やかな梅雨の晴れ間。
今日はいい夢をみることができそうです。

みゆ

055.gif miyuへ

本当におめでとう!!みゆの夢が叶って、本当に嬉しいです。
この二年間、よく頑張りましたね!

ゆゆは、どんな時も「心の中に魔法の力がある」と、信じているけれど、

miyuと極限状態で、夢を描いて、究極の選択をしながら進んでいく毎日は、
神様から与えられた仕事として、自分の命を使った(使命)感もあります。

しかし、人間の心の中にある力、夢の実現も実感させてくれて、
本当に有意義でした。

ブログも「本のきっかけになるまでは!」と、

日々降ってくるmiyuの唐突なお題と
気持ちの波に翻弄されながらも、
チャレンジマラソンのような返信の日々でしたが、

てんこ盛りに込めたブログへの願い(ねらい)に見事に応えてくれて、
サポートしてくれる人も日毎に増え、夢の実現を応援してくれる人たちも現れ、
イメージが現実になっていく様を目の当たりにしてきました。

今は無事、たすきを次につなげた安堵感でいっぱいです。
一年にして、小さな願いから大きな願いまで叶えたブログ。

頑張ったのはみゆだけど、狙い通りに働いて行ってくれた、ブログもすごい。
沢山のかたに応援してもらえて、本当によかったね。

天からのご指名(使命?)「アン・サリバン」ならぬ、なんちゃって
「わん(犬)・サリバン」もここで無事たすきをつないでお役目終了です。

まさに「家庭教師」のようだったけれど、これからは、
卒論や進路は大学の先生と、本の夢は編集の方と、
しっかり相談して、素晴らしいものを完成させてください。

素敵なフランスの絵本のような挿絵入りの本が、
本屋さんに平積みになっているところが
目に浮かびます♪ 楽しみに待っていますね。

本がベストセラーになったら、必ずや、ゆゆが、
ドラマ&映画の担当者に売り込みます。

それが約束?!でも、チャンスをつかむのは自分!中味次第ですからねー。
今までの歩みを見てきて、miyuなら大丈夫。と信頼しています。

ゆゆ

miyuより055.gif

本当にゆゆさんのおかげです。ありがとうございます!楽しみー!!
すてきな本ができるといいな。次はドラマが夢だー!
本当にありがとうございました!


☆yuyuよりお礼☆

これまで、コメントを寄せてくださった、
日々みゆをサポートしてくださっている皆さん、
ブログ上だけのお付き合いでしたが、とても親近感を持っていました。

見知らぬ方々のコメントにも、いろいろ考えさせられたり、励まされました。
miyuとの日々を通して、沢山の素敵な出会いに感謝しています。
(そして、yuyuを支えてくれた友人たち、先生、家族もありがとう!)

読んでいただいて、それをサポートにも活かしていただいて、
本当にありがとうございました。

次にmiyuが皆様の前に登場するのは、「本」という形になりますが、
楽しみにお待ちくださいね!!

応援ありがとうございました。心から感謝申し上げます。
そしてこれからもmiyuのこと、よろしくお願いします。

[PR]
by mi-yu-yu | 2013-06-18 23:07 | 回想 | Comments(6)

パソコンのセッティング

055.gif yuyuさんへ

寝苦しいほど、むし暑くなりました。
今日は先週のパソコン設定の第2ラウンドで、
午後まるまるかかりながら、設定の続きをしていただきました。
今日も6時間。

これだけやっても、まだ、設定されることを待ちこがれつつも、
残されたままでいる機械たちがあるわけで、
こんなにセッティングが大変なことだとは思いもしませんでした。

それにしても、やっと自分の部屋(エリア?)にセットされたパソコンを触っていると、
まだメールしかできないけれど、なんだか嬉しい。

何も見えないキーボードのボタンの山にも、点字シールがはられ、
命をとり戻したようにいきいきとし始めたような気さえします。

「ついに、ここまできた!もうすぐ、卒論に熱中する準備も整うかもしれない」
そんなことを考えていると、目の前にあるパソコンから
無言の圧力を受けとっているようにも感じて、

ものごとを卒論基準でしかとらえることができなくなっている自分に苦笑する思いでした。
なにはともあれ、パソコンのセッティング、ありがとうございました!

みゆ

055.gif miyuへ

さてさて、いよいよ卒論に取り掛かれるのでしょうか。
健闘(検討?)を祈ります。

ゆゆ

miyuより055.gif

みじかーい!!
[PR]
by mi-yu-yu | 2013-06-17 21:49 | 盲ろう | Comments(1)

父の日は

055.gif yuyuさんへ

寝ても覚めても卒論×24時間?!
昨日は、現実と夢の世界での境界線があやふやで、

卒論のことを考えながらウトウト眠りについたら、
夢の中でもウトウト卒論のことを考えているではないですか。

私は、決して正解のない問題にあせる気持ちばかりがあって、要領が悪いので、
頭の中がヒートしてしまい、まわりにイライラが伝染してしまうという、
なんとも申し訳ない状態です。

どんなことであれ、問題意識を心の底にもつ目がないと、
相手を説得したり、プレゼンする力が薄れてしまうのだろうと思います。

でも、目の前にハードルが現れたときは、新たなステップアップのチャンス。
ここをなんとかやりとげられたら、また1つ、
大きく成長した自分と会うための大きな力を授けてもらえそうな気がします。

今日は父の日。
今は日本にいないけれど、家族のためにまじめに働いて、
私たちの生活を支えてくれている父がいなかったら、
きっと今の幸せな毎日は、もとよりなかったことでしょう。
たくさんの感謝をこめて…。

みゆ


055.gif miyuへ

夢の中でも卒論。いい傾向ではないでしょうかー?!
夢と現実の境界があやふやでウトウトした状態が、一番、クリエイティブな時間です!

土台のないところに、しかも設計図もないまま、家を建てても危ないだけ。
ここはしっかり基本に返ってください。焦って外ばかり探してもどうにもなりません。

寝ても覚めても卒論に励んでくださいね!!

なんだかこちらまで、miyuの研究×24h×2日ですが、
論文については別便にて。

そうそう、父への感謝も忘れずに。
miyuのメールを見るまで父の日を忘れてました。
でも大丈夫!いつも感謝しています!!

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2013-06-16 23:50 | 日々のこと | Comments(0)

マカロンでミニ進級式

055.gif yuyuさんへ

初めて食べたラデュレのマカロンは、驚くべくほどに高値(高嶺)の花だったけれど、
それも許せてしまうほど、1口かじれば魔法にかかったように幸せ感で満たされてしまう、
おいしさと可愛いらしさがいっぱいにつまった魅惑的なお味でした。

この1年を振り返ると、私は充分、命をまっとうしたのかもしれません。
そして、沢山のことを学び、神様から与えられた仕事もまっとうできたのかもしれません。

だけど、見えないゴールへ、1歩を踏み出すごとに、私はいつも不安になる。
「パイオニアをめざすことは、孤独になっていくこと?」

見えない大きな敵を前に、悪い夢をみているかのごとく、
「私は方向を間違えてしまったのではないか?」と自問する。

私にとって、本当に幸せだったのは、病院の1室で、
夢を描いて人生のプランを練っていた、あの頃だったのかもしれない、
とさえ思い始めてしまいました。

形のないものをつくっていく卒論は、思っていた以上に厳しい。
だけど時間は待っていてはくれないし、流れる時間をせきとめるわけにもいかない。

そんなことは言わずもがなわかっているけれど、
どうしてこうも私はもがき、苦しんでいるのでしょう。
答えは私の頭の中にある…。

みゆ

055.gif miyuへ

ラデュレのマカロンは、期待を裏切らない美味しさだったねー。良かった。
おフランスは、お高いのを覚悟して、高嶺(高値)の花を楽しむのが魅力かな??

miyuの漢字は誤変換なんだけど、・・・そんな感じで面白かったです。
お互いに、そしてママも、それぞれの神様から与えられた仕事をまっとうして
偉かったよねー。というわけで、一年間のお疲れ様マカロンパーティ。

二年生修了おめでとう。次は三年生です。

miyuの頭の中は卒論のこと一色で、
フランス文学の世界を知らないyuyuに問うても無駄なことだらけな、

「聞くべきところに聞けー!話すべき人たちと話せー!」という感じでしたが、
それもまた、「次のステージに向かっている証拠だな」って安心できました。

自分がどんなところに興味のアンテナがたって、
どんなことを突き詰めて考えていきたいのか、

「おもしろいなーどうしてだろう・・・」、「なんでこうなのかなー」、と考え、
それを徹底的に検証して行くのが「研究」なのでは?

そのテーマを見つけたり、生まれた疑問や仮説を裏付けていくのに
どんな文献が必要なのか、それを模索するところから、研究は始まっているから、
今の苦しみも大事な卒論のプロセスなんですよ。

だから、もっと自分の内側と向き合う時間が必要になりますね。
みゆは文献が見つかっていないんじゃなくて、テーマが見つかっていないんだと思います。

文献文献!って文献検索で表面をなでることばかり焦っても、
何のために文献が必要かわからないと文献を探しようもないじゃないですか。

まずは、自分が惹かれた本とじっくり向き合ってみる。本の作者としっかり対話してみる、
それが自分自身との対話でもあり、その中で沸き起こってきた疑問や興味が、
研究を突き詰めていく原動力になるのだと思います。

miyuはちゃんと卒論書けるから、心配していないけど、
miyuが心配するポイントが心配です。

心の深い井戸を掘っていくことも、深海探索も、何かを創造する時に必要な作業です。
外にばかり目を向けないで、新しいことばかり探さないで、
自分の内なるものとしっかり向き合って。

この一年の過ごし方が、外に向かって、人との関係を作ることやサポートを得られることに
重点を置いていたので、miyuの行動が外向き仕様になっているけれど、
ここいらで、内側と徹底的に向き合って、根を育てて行く時間が必要かもね。

大きな花を咲かせるには、見えないところの根っこもしっかりしていないと!
しばし、沈黙し、大きな花を咲かせるための根を育てましょう。

沈黙のうちに、人は新たにつくり変えられる。(By アントニー・デ・メロ)
ブログはしばし休止し、次にみなさんの目に触れるときには、
更にグレードアップしたmiyuで登場することにいたしましょうー!!

というわけで、このブログはあと5日。カウントダウンスタートです。
私たちの対話もこれを含めてあと5回。大いに楽しみましょう。

ゆゆ

miyuより055.gif
あーどうしよう・・・・・。


☆ この長文ブロクを丁寧に読んでくださっている皆様へ。

いつもお付き合いと応援ありがとうございます。そして沢山のコメントありがとうございます。
最近は鍵付きコメントが多く、miyu個人への私信というか、
プライバシー満載の鍵コメが届きます。

miyuは文章を読んでいる限りは、ハンディを感じさせませんが、
盲ろう者であり、文章を受け取ったり、情報を取捨選択するのには困難が伴います。
ブログ管理もできません。

従って鍵付きコメントでも、意図的でなく、yuyuが最初に検閲してしまいます。
このブログ上でもコメント返しができなくて、応援してくださる皆さんに失礼しているのですが、
個人的なメールアドレスやご住所を教えていただいても、お返事することが困難です。

とてもいいコメントも鍵付きだと、皆さんと共有できなくて残念ですし、
miyu自身は、落ち着いてコメントを読めるのは、
夏休みのゆっくりできる時期になると思います。

鍵コメでは惜しいような、素敵なことを書いてくださっているので、
ぜひ、これを読んでくださっている皆さんと共有できるようなコメントをよろしくお願いします!
[PR]
by mi-yu-yu | 2013-06-15 23:26 | 日々のこと | Comments(1)

ゆび点字講習会@明学

055.gif yuyuさんへ

今日は「ゆび点字講習会」を大学で開催しましたー!

私は日頃、支援センターで盗んでいる、先輩の上手な教え方を参考に、
今日は少しでも役に立てたいと思い、
張り切ってゆび点字のポイントをまとめたプリントを作ってみたりしました。

初心者の方が多かったので、点字の説明には、母音と子音で色を変えたマグネットを用意。
マグネットを大きな点字の点にみたて、説明を行うためです。

それから、その点字の形に対応するゆび点字の位置を説明するため、
両手のゆびの絵をプリントしてある模造紙を用意。

そして、先に点字の形を説明した色と同じマグネットを使い、
視覚的にゆび点字を打つ位置の確認ができるようにしました。

なにも小道具を使わなかった前回よりも、少しわかりやすくなり、
パワーアップした講習会になったような気がします。

いずれにせよ、私の点字の知識はまだまだあやふやなので、
まだまだ先輩のようにわかりやすく説明することはできません。

だけど、それは私の今後の課題ともなり、
また支援センターで先輩の技術を盗みとってこよう!という、
新たなやる気にもかわるようでした。

もっともっとわかりやすく教えられる「ゆび点字の先生」になりたいなー。
ともかく、たくさんの人にゆび点字を知ってもらい、
興味をもって練習してもらえることはとても幸せなことです。

今日も多くの方が受講してくださいましたが、みんな驚くほど覚えが早く、
一生懸命ゆび点字を打ってくれるので、私も非常に教え甲斐がありました。
知識は十分です!

後はいっぱい使えば使うほど上手になるので、
これからも沢山ゆび点字を使っておしゃべりできれば嬉しいです。
めざせ、ゆび点字サークル!?!

みゆ

055.gif miyuへ

ゆび点字の先生お疲れ様でした。

ちょうど去年の今頃、みゆが考えに考えて、こだわりの名前で開催された、
「AMC(←あらみゆきコミュニケーションの略)」 の第二弾講習会かと思ってましたが、
本格的、「ゆび点字」講習会だったのですね。

去年は「手のひら書き」の説明だったのに、今や、主流は「ゆび点字」なのね。スゴイ。
yuyuにももっと使わせてくれたらいいのになー。
でも明日も、考えて話すことがいっぱいで、また手書きになるのでしょうね。

明日のために銀座のラデュレで、miyu待望のマカロン買ってきましたよー。
パリに本店があるマカロンの老舗?「ラデュレ」
以前、話したら、miyuがどうしても食べたくなってしまった、「ら」「でゅ」「れ」

yuyuは「ら」と「れ」はゆび点字で打てるけど、「デュ」が打てなくて、
「ら」を打って、手をひっくり返して「デュ」を手のひらに書いて、
またひっくり返して「れ」を打って説明した、パリのお菓子のサロンですー。

映画の「マリーアントワネット」のお菓子は、全部、このお店が提供したそうです。
「マリーアントワネット」っていう名前のマカロンもあって、miyuに食べさせようかなーと、
買うか迷ったのですが、嫌がらせに思われるかも・・・とやめておきました。

明日は楽しくマカロンパーティ・・・?やりましょう。
でも、きっと暗黒の「模索」のスパイラルに飲み込まれ、
マカロンを味わうどころではないのかもなー。覚悟して行きますね!

ゆゆ

<今日の生徒の皆さんへ課題>  

今度、miyuに会ったら、「ラデュレのマカロンどうだった?美味しかった?」って
ゆび点字で聞いてみてください!

ーーー
「どーしてそうなるんだ!」と、yuyuには、とても覚えられそうにありません・・・。
「でゅ」は特殊音で、形を覚えるしかないんですね。(右手の3点を全部打ってから「つ」)


miyuより055.gif

それにしても「でゅ」…難しいー!
おやすみなさい!チョコマカロン楽しみー!!
[PR]
by mi-yu-yu | 2013-06-14 23:18 | 大学でのこと | Comments(1)

一人(通訳さんと)通院

055.gif yuyuさんへ

学校の後、病院に直行すると、来週のアバスチンのための血液検査をしました。
通訳介助をしてもらいながら、1人で病院に行くのは初めてだったから、
上手くいくのかどうか、少し緊張していたけれど、いざ実際にやってみると、

なんてことはない、困ったりわからなかったら、脳外科の受付や
会計カウンターのお姉さま、おじさまたちに質問しまくればいいだけで、
みんな親切に教えてくれるので、なにも問題はありません。

それどころか、知らない人ともコミュニケーションできている感じが嬉しいです!
ちゃんと私にもできるじゃないかー!と安心し、内心ではとてもウキウキと嬉しい気分でした!
やっぱり、自分でできるって、気持ちがいい。

障がいを持って、更にまわりへ手間をかけるようになったことも増え、
申し訳ないなーという気持ちはいつもあるけれど、ちょっとサポートしてもらえれば、

自分でできることも世の中にはたくさんあって、自分が「1人の人間」として、
いろいろな社会の人たちと人間関係を自らつくれるように、サポートしてもらえることは、
本当にありがたいことだと思います。

生活だって、私ができるように環境が整いさえすれば、沢山の人に助けてもらいながら、
1人暮らしをすることは可能です。

もちろん、1人暮らしって寂しい時もあるし、いいことばかりではないけれど、
そのかわりに手に入れられる自由はとても魅力的に輝いていて、
1人の時間も大切な私にとって、試してみる価値はあるように思います。

来年の目標は1人ぐらしにチャレンジすることかなー!
でも今は、卒論に集中しようと思います。

みゆ

055.gif miyuへ

そうそう、まずは腰を落ち着けて、卒論です。

何かひとつのことをきちんとやり遂げて、まとまりをつけることも、
大きな自信につながると思いますよー。

そして、今日は「一人での通院」という、一歩を進めて、
また更に前進しました、おめでとう!!

ひとつのまとまりをつけて、それを積み重ねていくことや、
今できる小さなことを確実にやりとげること、
それが一人暮らしの実現につながり、夢の実現にもつながるのでしょう。

精神的に自立すると一人暮らし以外にもいろんなバージョンがありそうです。
希望を持って、一つ一つ小さなことを大切に前進していきましょう!!

一歩の斜面は大したことなくても、一歩一歩、傾斜を登って行ったら、
「いつの間にこんな高いところまで登ったんだろう。」って、
見晴らしのいい景色に驚く瞬間もあるのではないでしょうか。

そんな日を楽しみに、今できることをやっていってください!

ゆゆ

miyuより055.gif

卒論、今日も悶絶中です。
あーーーどうしよーー
今日も相変わらずあっちいったり、こっちいったりです。
[PR]
by mi-yu-yu | 2013-06-13 20:43 | 日々のこと | Comments(2)

卒論に悶絶中

055.gif yuyuさんへ

卒論に悶絶中。

人の頭の中がわからないのは当たり前だけれど、
自分の頭の中さえもよくわからなくなって、
どうしていいのか行き詰まる時が、私にはよくあるような気がします。

私は今、卒論のことで頭がいっぱいですが、うまく表現できないで
ボンヤリと抱えたままでいる気持ちが、いくつかあるような気がします。

そんなボンヤリしたものに、ちゃんとした形を与えられないまま、
でも探求し、深々と考えることは、自分の頭の中に生まれたことなのに、すごく難しい。

「あーでもない、こーでもない、じゃあいったいなんなんだ??」
思考のループは、底なし沼にはまったみたいに、足がズンズン埋もれていく。

いったい、いつになったら抜け出せるのでしょうか。
答えはどこにあるの。

いずれ、ふっと浮かぶものがあるのでしょうか。
今、卒論でやりたいと思うことが漠然としすぎていて、
このままでは卒業できないんじゃないか?と思うくらいです。

「長い間、海岸を見失うだけの覚悟がなければ、新大陸を発見することはできない」(byジッド)
長い間、答えが見つからなくて、悶絶する日々がなければ、きっと新しい考えも生まれない。
そう思って、今日も悶絶します!

みゆ

055.gif miyuへ

そうそう、クリエイティブな作業に、「生みの苦しみ」、「悶絶」はつきもの。
抜け出せるのは、卒論を出し終わった瞬間?!

「長い間、海岸を見失う覚悟」って素晴らしい表現ですね!気に入りました。

miyuもパイオニア目指して大海に漕ぎ出してしまったのだから、
ヨットで世界の大海を横断している冒険家のように、悪天候にも、孤独にも耐え、
新天地を発見してください!!

ゆゆ

miyuより055.gif

私ジッドの言葉、結構好きなんですよねー!
「幸福になる秘訣は、快楽を得ようと努力することではない。
努力そのものの中に、快楽を見出すことである。」とか。

もうちょっと卒論関係をしらべて寝ます。。おやすみなさい!
[PR]
by mi-yu-yu | 2013-06-12 22:36 | 大学でのこと | Comments(0)

雨ふり

055.gif yuyuさんへ

雨がふり、やっと梅雨らしいお天気がやってきました。
新しいレインブーツをおろして、

雨あがりの水たまりも、靴下がぬれる心配もせずに、
そっと足で水たまりの感触を確かめられるうれしさ。

私は弱くて本当に困るけれど、そろそろ盲ろうにも慣れないといけないですね。
来週のアバスチンは通訳さんをお願いして、1人で行こう。

ちょうど退院から1年、盲ろうになって初めて1人で病院に行くかもしれません。
またどんな発見をすることができるかな。

みゆ

055.gif miyuへ

今日の仕事帰りは、結構な雨でした。

miyuのおうちの方を眺めながら、「こんな日は外に出るのも大変だけど、
どうやって通学しているかなー」と車椅子のmiyuを思っていました。

一人暮らしを考える前に、一人で通院、一人でお役所との交渉
(もちろん通訳さんは必要です!)をやってみる。

そういうところからも自立や、協力者を増やすための
一歩を踏み出すことになるのかもしれませんね。

自立心があって、頑張り屋のmiyuですが、小さなことから一歩づつ、
確実に歩みを進めて行ってくださいね!

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2013-06-11 22:56 | 日々のこと | Comments(1)