大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2012年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

豊かな時代に生まれて

055.gif yuyuさんへ

今日はいい天気でしたねー。

最近思うのですが、「古きよき時代」は人と人のつながりが強いイメージがあって、
なんだか憧れてしまうけれど、私はやっぱり
豊かな時代に生まれて良かったんだろうなーって。。。

テレビやパソコン、携帯などがあるのがあたりまえだから、
見えなくなって、そういう楽しみが減ってしまったけれど、

そういうものがない時代に盲ろうになっていたら、きっと親にはほっとかれて、
何もすることがなくて、生き地獄だったんだろうな…。

今は点字の機械でメールやネットをしたり、本を読んだりできるから、
そんなに寂しさを感じないけど、

もし今この機械がなかったら…って考えたら、すごく怖いですよね・・・。
もう生きていけないかもしれない…。

だってそしたら大学にも戻れていないだろうし、レポートだってかけないはず。
メールがなかったら、私が相手の言葉を受けとりにくいのを補ってもらえないし・・・。

きっと初めて会った人は、私を見て「どうやって話せばいいんだろう」とか、とまどうだろうけど、
私も相手のことが全然わからなくてとまどって、

お互い次につなげられなかったり、仲良くなれなかったり・・・。
そういうのを助けてくれるのがメールなんですよね。

よく知らないどうしが仲良くなるためには、沢山話して
お互いの性格などを知る必要があると思うけど、

やっぱり手書きだと時間がかかるから、メールの力を借りると、時間が短縮できるし、
お互いをもっと知っておけば、次に会った時はもっと楽しいおしゃべりができるなーって。


今日は自宅マンションから、駅ビルまで、杖と母の腕を借りて、
初めて歩いて遊びに行って来ました!

病院では、誰かにぶつかる危険があったから、歩きたいなーと思っても、
大部屋の自分のベッドから1人歩きすることができなかったので、

とても運動不足の1年ちょいの間に、ぷくぷくと燃料をたくわえて、
退院するころには5キロ以上太っていたという…レディーにとっては信じられない事態…。
ダイエットはじめました!!!

そんな気分になったのも、元気がでてきた証拠ですかねー!!
見えなくなっても、女は捨てない!!

みゆ


055.gif miyuへ

お~、ますます進化していますね!歩いて遊びに行ったんだ!

ホント、勇気を出して飛ぶときには、ここまでいろんなことができるとは思わず、
だからこそ、ものすごく勇気がいったけど、
テクノロジーの進化はすごいね!!私もびっくりすることだらけだったよ~。005.gif

メールが使えるようになるまでは、miyuのところに直接行って、
手にかかないと会う時間の約束もできなくて、

退院した後、どうやってmiyuの応援をしたらいいんだ?って悩んでいたけど、
まさか、会わずしてこうしてつながりを持てるとは。

ま、そこにはテクノロジーの他に、ここまで点字を使いこなせるくらい
努力したmiyuがいるんですけどね。

最初、点字を教えるにも、耳が聞こえないし、どうやって説明しよ~と思ったけど、
指点字を覚えるってことで、点字のしくみの理解もあっという間にできたしね。
(盲ろう協会の皆様のご指導のたまものです040.gif

外に出るって覚悟を決めて未知の世界に飛び込むまでが大変だったけど、
心さえ決まれば、いろんな可能性が出てくるんだってこと、

yuyuにとっても勇気づけられる体験だったし、
チャレンジしていく勇気を持って一歩を踏み出せば、道は拓けるんだなあ、、、

やっぱり人は保証のない未来に向かって、
勇気を持ってその一歩を踏み出していかないといけないんだなあ、と学ばせてもらいました。

まあ、これからもいろいろ大変だとは思うけど・・・。
でも、こうして一歩一歩を進めていけば、きっと思いもよらなかった
素晴らしい景色に出会えると思うよ!

yuyuも一緒にそんな体験ができそうで、ワクワクします。
これからも現代に生まれたことに感謝して、テクノロジーの恩恵を享受してください♪

明日も素敵な日曜日を!! もう素敵なレディだけど、ますます女を磨いてください☆

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2012-06-30 21:00 | 思い | Comments(2)
055.gif yuyuさんへ

こんにちわーーー!
今日は大学がお休みだったので、すごくまったりとすごし、話題に乏しいのですがー。

そうそうこの間、大学での講習会でマリモさんが、
「10センチはなれていたら、隣りに坐っていても、みんなに囲まれていたとしても、
盲ろう者にとってはいないのと一緒」とお話してくださいました。

私は今や、目も耳もつかえなくなって、状況把握のためには、
何も役立ってくれなくなってしまったけれど、

難聴の時は、みんなが楽しそうにおしゃべりしていても、会話に参加できなかったり、
内容がわからないで、目を背けたくなったり、大変だったけど、

でも、一対一だったら(今もそうだけど)筆談なりして、楽しい会話を問題なくできるから、
逆に大勢だとついていけなくて、みんなの笑顔を見ながらさびしい思いをしたり。

だけど今は、更にみんなの笑顔も消えて、さびしさは加速…。悲しいなー。

たくさん人がいるのが怖かったり、しゃべるのが苦手になったりもして、
逃げて、更に孤独に追いやられて、もうどうしようもない、孤独のループ!。

でも、それでもやっぱり陽だまりの中にいたいから、もがいているんでしょうね。
何も考えずにおしゃべりがしたいなーーー。

くるみが、「友達って、どーでもいいこと話すもんねー」って、言っていて、
本当にそうだと思うけれど、そのどうでもいいことを話すことが難しくなって。
私はいま、どうでもいいことをしゃべれているのかな?。

大勢が集まる場所で、通訳さんが、誰がいるとか、ひとりひとりを伝えてくれるけれど、
私にとっては、リアリティーや臨場感に欠けていたり、

ただそこに木々があるといわれているのと同じようなものですかねー。
どんなに説明をうけても、「実際に本当に存在してるの?」と、定かではないとか…。

だからやっぱり、あれこれ説明されてもムダ!わかんない!
(☆の王女はめんどくさがり)
何でもいいから、1回さわらせて!なんて、思います。

「百書きは1触に如かず!」(百回書くなら1回触らせたほうがはやい!)
そこにいるなら、存在を伝えてくれるよりも、指一本だってかまわないから
触れてくれたらうれしいんだけどなー。


今日おうちでまったり好きなことをしていたら、手ではなく、足がのびてきました…。
「え?なに?」っていったら、「特に用はないけど、存在アピール」だそうです。。。

足くせが悪いのはきっと親ゆずりだな…と思った瞬間でした!

では、レポートが終わらなくてやばいので、まじめにやります!

みゆ


055.gif miyuへ

こんばんは!おうちでまったり、お母さんともうまくやっているようで良かった・・・
レポートがんばっているかな?

確かに「百書きは1触に如かず!」。今日の題名にしときました。
あと、カテゴリもmiyu(みゆ対応マニュアル)にしておくね!

yuyuはこれまで相当miyuを乱暴に扱ってきたから、
まだ通訳さんを介して話すことに全然慣れません・・・。

なんか通訳さんからmiyuに自分を紹介されると、ふしぎーな気分になってしまいました。
miyuは今まで名前の一文字書くだけでも「あっ」ってすべてをわかってくれてたから。

通訳さんがホントに丁寧に説明してくれて、
miyuの手を取るまでに通訳が終わるのを待たなくてはなりませんでした。

今までどんなにmiyuを乱暴に扱ってきたか、その他いろいろ、
どんなにスパルタしてきたか、反省しました。(そして、ちょっと空の巣症候群・・・。)

人が近くに寄ってきたら、誰がきたよとは書くけど、
あとは手をパッとその人に差し出しちゃってたから、
その人が自分で挨拶してたし、話すしね。

講義とかは通訳なしでは無理だけど、普段は手に平仮名を書くのは誰でもできるから
通訳さんがいても「自分から手を出して、ここに平仮名で書いて!って言いなさい。」
なんて厳しく言っていたけれど、、、

本当に沢山の通訳さんたちに丁寧にかしずかれていて、、、
確かに王女過ぎて近づけないかも。

全部通訳しなくても、状況判断して間を取り持ってくれたり、間をつないでくれる
手の預け場所になってくれるってこともとってもありがたい。
(挨拶だけで手を返したい人もいるから)

miyuは王女なんて名前つけてるけど、かなり鍛えてもあるから
状況さえみて、来た人にmiyuの手を渡してくれるだけで助かります。

できればいろんな人と直接ふれあって話ができるように状況を見て、
どんどん手を人に渡していってくれると助かります!

みんな最初はとまどっても、実際手に書いてみると、
そのあと、それぞれ勝手にmiyuと仲良くなっていくから(体験済み)、

どうかみなさん遠慮せず、更にどんどん自分の友達も、miyuの手に書かせて、
友達の輪を広げてくださいね♪ 

手のひらに平仮名書いたらわかるよー。って友達に教えてあげて欲しいです。

それですでにmiyuのことをわかった人が、状況判断と人と人との間をつなぐってこと
をしてくれるとホントありがたいです。

大学の若い人たちが自分たちの工夫と思いやりで、miyuと関わっている姿を見て、
yuyuは本当に嬉しいです。
それにmiyuに直接メールじゃなくてここにコメントくれてるのを見て、

miyuがホントに大学生活を再開して同世代の子たちと、
年齢相応の人間関係を繰り広げている姿を垣間見て、本当に嬉しくなりました。

ここにコメントくれた学生さんたち、ありがとう。
miyuにはちゃんと報告しています。みなさん就職活動がんばってー!!

と、誰宛かわからない文章になりましたが、
miyuの周りのお友達や支援者のみなさん、

miyuの一触作戦、ご協力よろしくお願いします。

ゆゆ

055.gif miyuから追記の返信

たじたじどうしの学生の中では、私の手がまるで爆弾のように、
もっていたら大変だ!みたいなひとたちもいて…

通訳さんがいるのが私も安心だけど、その状況にあまえたくはないし…
学生さんたちと直接うまくやっていきたい!

私も見えないけど、とまどっている様子とか、なんか感じてしまうので、
そういうことがあると悲しくなったりします。

yuyu:005.gif爆弾~?!
学生のみなさん!大丈夫、大丈夫!
 ふつ~に手を持って、平仮名を書けば、かなりの速度で読み取るから、感動できますよ♪
 勇気を出して?手のひらの対話楽しんでみてください☆
[PR]
by mi-yu-yu | 2012-06-29 19:41 | miyu | Comments(3)

しんみり梅雨の一日

055.gif yuyuさんへ

こんにちわ!
今日は暑くも寒くもないお天気で、家から大学までの往復がすごく気持ち良かったー。

大学のみんなが、一生懸命就活に励むのをみていて、
今日はいろいろと思い出してしまいました。

私は、自分が20歳を過ぎて、難聴になりはじめたころに、就活も始めたんだよなーって。
その頃は当然のように目が見えていて、数年後自分がまさか目まで悪くなるなんて、
思ってもみませんでしたが。

あの頃は自分が難聴になったことが信じられなくて、障がい者枠で就活することだって、
絶対に嫌で、受け入れられなくて。

でも、「一般枠」で他の健康なパーフェクトな機能をもつ人たちと、同じように勝負をするのは、
どうしても不利で。障がい者って、なんかそのものがもつイメージが悪いんですかね。

支援を必要としているんだから、それは言葉であらわすなら、
障がい者ってことなんだと思うのに、連想されるイメージが悪いから、否定したくなるのかなー。

「障がい者はわがまま」とかいっているのを聞いたことがあるけれど、
そんなの障がいの有無なんて関係なくて、健康な人たちの中にだって、
わがままなひとはいっぱいいると思うけどな…。

健康な人の中にも、犯罪者がいるように、障がい者だからと関係なく、
能力的には優越なんてつけられないんじゃないかな。

でも一般枠だと、どうしても障がいがあると仕事の能率はおちてしまうから、
健康な人が有利なんだろうなーって、思って、いっぱい悩んだのを思い出しました。

いろいろ考えたって、誰かの手をかりなければならないのに、なんら変わりはないからなー…。

そういえば、私の大好きな飼い犬ビスケットくん。
今は死んでしまったけれど、私がハタチくらいのころ、老犬になって、
目も耳も使えてないようでした。

いわば、盲ろう犬になってしまったのですが、
その時すごく悲しかったのをふいに思い出しました。

それは、お世話が増えるようになって大変とか、めんどくさかったからではなくて、
大好きなビスケットくんの目や耳が使えなくなったことで、

同じ世界を共有して楽しむことや幸せを感じることができなくなってしまうんだなー
って思ったからです。

たとえば、散歩に出かけて、一緒に公園で遊んで楽しむだとか。
見えなくなって、外に出るのを怖がるようになってしまったビスケットくんを見ていたら、

沢山、楽しかった思い出がよみがえってきたからかな。
私の声に反応してくれないことだって、すごく悲しかった。

きっと、今お父さんやお母さんも、そんな気持ちなんだろうなーと思います。。。

なんだかいきなり今日はしんみりしました。
梅雨だからですかねー?

みゆ


055.gif miyuへ

梅雨でしんみりか・・・。今日梅雨の曇り空の中に、うすーくだけど虹がかかっていました。
虹って落ち込んでいる時に見ると、なんか癒されたり励まされたりするけれど、
miyuに見せてあげられないんだよなー。って思っていました。

見せてあげれないけど・・・
そんなどんよりした曇り空の中にだって、虹はかかるんだねー。

「障がい者」については、放浪の旅の途中で沢山の様々な
チャレンジ・パーソン(外国では障がい者ってこういう呼び方もするそうですよ)に会って

miyuが普段考えているような考えとは違う考えを培ってしまったから、
ここで話し合うと、大変なことになりそう。

わがまま、って捉えられることの中にも、「自分でやれないんだから、少しくらい我慢しろ。」
っていう、そういうことを言う人の考え方のせいであることもあるかもしれないしね。

それって、わがままじゃなくて選択肢が少なかったり、
自分で選びに行けない大変さかもしれないのに・・・。

今度、明るく「障がい者?」をやっている人たちの発想を知ると、目からウロコも落ちるかも。
旅の途中でおもしろい話もいっぱい拾ってあるから、また今度ね!

yuyuにとってmiyuは、miyuでしかなく、
「障がい者」とか「盲ろう者」ってくくりに入るってことを ついつい忘れて、
おまけに配慮も忘れてしまうことがあるけれど・・・やっぱ、必要な配慮はしてほしいよね?!

ビスケットくん、みゆが悲しい思いで背中を優しくさすっている間、
ホッと安心して過ごしていたかもしれないね。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2012-06-28 23:27 | 思い | Comments(2)

AMC・2012!

☆今日は大学での盲ろう講習会に参加させてもらったので、yuyuからメールを送ったら、
お互い同じ時間に書いていて、メールが行き違いになってしまいました。でも、
二人とも通訳・マリモさんのスピーチが共通の話題だったので、miyuはびっくりしていました。

055.gif yuyuさんへ

こんばんわ!

今日の学生さん向け盲ろう講習会は、
4月から密かにバリキャリさんと計画をたてていたものでしたが、

盲ろう協会の方々が素晴らしい講習会にしてくださって、
うまくいったんじゃないかなーと思いました。

私は本人なのでわからないけど、聞いていてもわかりやすかったのかなー。

あわてて昨日考えたタイトルがAMCバージョン2012 
(私の名前とコミュニケーションの略です)
ということで、本当に私に特化した内容だったかな。

私にはすごく嬉しい内容でした!

通訳のマリモさんのおはなしも、本当に良くわかってるなーって感じで、
-集団の中の孤独ーについても話していましたが、それは盲ろうというか、
耳が悪くなり出したころからすでに感じていたことで、
なんだか涙がでそうになりました…。

沢山の人の心に響いているといいな。
それで、これから何か変わって行くのかなー??

ちょっと楽しみです!!

今日はその後、私の救世主たち5人が家まで送ってくれたけれど、
みんな手書きがうまくなっていた気がしました。

私は嬉しいのと、講習会が終わってほっとしたのもあって、
ずーっとすごーくおなかがすいていて、どうしようもなかったけれど…。

明日も元気にがんばりましょう!
今日は本当にありがとうございました。

みゆ


055.gif miyuへ (ちょうど ↑ miyuからのメールと行き違い)

今日はお疲れ様~。とってもいい講習会になったね。
みゆのスピーチもとても良かったです。

今日はじめて盲ろうについての講習を受けて、とても勉強になりました!
この一年、素人どうしのぶつかり合い、試行錯誤の日々だったもんねえ。。。

miyuも私の対応にいっぱい戸惑ったことでしょうね。ごめんね。

マリモさんのスピーチも素晴らしくて、今日のブログはマリモさんに書いて欲しいくらいです。
マリモさーん、今日の原稿、ここに寄稿してくれませんかー?!)

miyuのこと、わかってくれる人が増えるような気がしました。

言葉を伝えることだけが大切なのではなく、心を感じ合い伝え合う工夫、
そういうちょっとしたことが、(ってそこが重要!だけど)
なかなか想像力が行き届かないことって多い。

盲ろう者にとっては、近くに人がいても
触れていないと10センチ先、隣りに居てもいないのと同じ。
笑っていてもうなずいていても伝わらない。

真っ暗な部屋に一人置き去りにされているようなもの。
「ひとりぼっちにしない!」こと。

そこには実際、楽しい空間があるのに、そういうちょっとしたことに思い至らないだけで、
伝わらないで孤独を感じているなんて、お互いにとっても残念な結果だ!

マリモさんのお話は、盲ろうの方の理解に基づいているから、
マリモさんと交換日記したほうが、miyuのことみんなにわかってもらえるかも!
って思ったくらい、マリモさんの話しは、
みんなに伝えたいし、多くの人の心に届くと思いました。

私は、盲ろうのハンディキャップについて、全くの素人なので、、、

ただ実は、むか~し自分が大学生の時、東京の街中で白杖をついている方が
一人で立ち止まっていたので声をかけたら、

なんと盲ろうの方で、その方はお話もできなくて、紙に駅名を書いたので、
そのまま駅までご一緒したことがありました。

私はその時はじめて盲ろうという状況に思いをはせて、
それってめちゃくちゃ大変じゃ?こっちも言葉を失う以上に、
なんだか人としてとても勇気をもらった経験があるんですよね。

そんな風に、miyuのチャレンジが人に勇気を与えたり、励みになったりするってことは
絶対にあると思うし、期待しているところです。

あと、現実場面では、寂しさや孤独を感じる瞬間が沢山あるかもしれないけれど、

今、miyuがめちゃくちゃコミュニケーションが大変になった状況下で、
それでもmiyuとコミュニケートしようとそばに寄って来る人は、むしろ

優しくて、根気のある、魅力のある人ばかり!!知恵と工夫に溢れているし、
ほんと、miyuのそばにいるだけで、普段会えないような素晴らしい人たちに沢山会えてるよ~。

yuyuもおかげで、どれだけ素敵な人たちに出会えたことか!ありがとね。

今日の講座の内容は、どこかでmiyu取り扱い説明書として
ブログにアップしておきたいと思ったけど、
それは、時間のあるときにゆっくりまとめるね。
トリセツなんて失礼か?王女応対マニュアルかなあ。)

お互いにハッピーに過ごすためのマニュアルね。

今日は、大役の緊張もありお疲れのことでしょう。ゆっくりお休みくださいね。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2012-06-27 23:30 | 大学でのこと | Comments(1)

火曜日

055.gif yuyuさんへ

ただいまで~す!

入院していた時には、火曜日は絶対(yuyuに)会っていたのに、
なんだか不思議な感じです。。。

あの頃はコーヒーを飲みながら、沢山お話ししましたね。
いっぱいタネをまいてもらって、教え諭してもらったのも、火曜日だったっけ…。

最初の頃は、疑心暗鬼だったけれど、このひとは信用できる!って思ってからは、
いつもおしゃべりが楽しくて、気付いたら元気が出てた。

病院生活を思い出すと、ちょっとさびしいな・・・

私は今日は、昨日とうってかわって、1日楽しかったでーす!!!

明日、大学でおこなう「盲ろう講習会」のタイトルを決めることになったので、
通訳のチョコさん、なすくんやPOOUさんをまきこんで、いろいろと考えてきました。

あまり障がい者、障がい者、ってアピールされて、障がいを押しつけられているような、
まじめーな近寄りがたいタイトルにはしたくなかったので、

うーん、なににするかまだ考え中ですが。
明日をおたのしみにー!! ?

みゆ


055.gif miyuへ

おかえり~。楽しい一日でなにより。

明日の講習会のこと、大学のみんなでいろいろ考えて準備したんだね。
yuyuも、支援の大人チームを結成?したから、明日はみんなで聞きに行くよ♪

みんなyuyuの友達だけどね。みんなすぐに手伝うよ~って言ってくれて、
yuyu自身もいろんな人に支えられているなあ、と嬉しくなったよ。

だけど、大学生のみんながいっぱい支援してくれて心強いな。
やっぱり若者チームの方が、若者らしい話にを咲かせられるもんね。

火曜日の教えねえ。。。そういえば昔、「モーリー先生の火曜日」っていう本を読んだよ。

難病になった先生とかつての教え子が
毎週火曜日に会って、教え子が人生について学ぶ話しです。

yuyuのモーリー先生は、miyuなのかも。

明日は水曜日ですが、大学で会っちゃうかも。では、また明日~。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2012-06-26 23:11 | 日々のこと | Comments(1)

自宅通学・初日

055.gif yuyuさんへ

こんばんわ、おつかれさまです。

今日はもうすごーく疲れましたー。
朝から何もかも思うようにうまくいかなくって、

退院1日目にして、すでにおうちでの生活の雲行きが。。

母との生活は、病院とちがって、お互いのリズムや考えが合わないこともあって、
朝から衝突してバトルをしたので、

何も手伝ってもらえなくなったので、ひとりであれこれやったのですが、
それも本当に大変で。

お茶をくみに台所にいったら、注いだお茶はコップからあふれて
滝のようにこぼれおちて、床はビショビショになるし、

冷蔵庫には何が入っているんだか、さわっただけじゃ全然わからないし。

飛び出ている家具に何度も頭をぶつけてクラクラしたと思ったら、
今度は弱くなった右足が私の体重をがっしり支えてくれずに何度もころげたり。

はーもう疲れた…ってヘトヘトなのに、時間は待ってはくれず、
着替えるのもひと苦労。

大学に行くのにお迎えに来てくれたくまちゃんPOOUさんがいたのに、
一緒に来てくれたバリキャリさんに

「退院して大変だったでしょー」なんてやさしく話しかけられたら、

封印していた悲しい気持ちがひょっこり顔をだして、
くやしさとかもいっきにあふれでてきて、大学いく前なのに大泣きしちゃいましたー。笑

何だかやっぱり、病院から大学に行くのとは勝手がちがって、
まだうまくやれないなーと思いました。

家だといっぱい動ける分、すっごく疲れるんですよねー。

でもそんなこといっていたら山登りはできないし、
今日はさっさと寝よう!と思ったら、

第二戦があってこんな時間だけど、また明日もがんばろっと!!
やっと…おやすみなさーい!

みゆ


055.gif miyuへ

おはよ~。
激動の初日、お疲れさま~。昨夜はよく眠れた?

うーん、確かに、いろいろ大変ですね。。。

点字のテプラとかってあったらいいのにね。
そしたら、冷蔵庫に入っているものとか、少しわかる工夫できるかも。

ぶつかって命が輝く、なんて言ったけど、
現実生活では、ぶつかると「あざができる」ね。

もともと住んでいた家じゃないし、入院生活も長かったし、
新しい家での生活に慣れるまでは少し、痛い日々かも008.gif

七転び八起きで頑張ってください~。
今日も元気にいってらっしゃい!

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2012-06-25 23:38 | 日々のこと | Comments(0)

日曜日

退院して初日の日曜日

今日は、のんびりくつろぎのメールが来るかと思ったら、
長い長い、この一年半を振り返る、みんなへの感謝のメールが届きました。

055.gif yuyuさんへ

22歳 2011年2月の頃、
大学がお休みになって、いろいろとしたいことがあったのに、
思うように体が動いてくれなくて、元気がでなくなって、

なんだか目も調子悪くて、どうしようもできないのに、
だれに相談したってわかってはくれなくて、どうにもならない日々をすごしてた。

結局目はどんどん悪くなるようで、
4月の終わりに入院、5月2日に手術をしたけれど、

もやっとした霧がかったような、ベールを通してしかみえなくて、
白くて、黒くて、影のようで、みんなの顔はどんどん凹凸がなくなって、

きれいな色彩なんてひとつもなくなって、もうそんなものを見るのさえも疲れて、
嫌で逃げたかったけれど、

きっと先生ならなんとかしてくれるよね?って、
こんなのどうってことない、すぐなおるから心配しなくていいよって、
言ってもらわなかったら、もう何も耐えられないと思った。

だけど手術からしばらくたっても全然普通には見えなかった。
でもこれを我慢したら、きっとよくなって、

むしろ他の人ができないような経験をすることができて、
良く耐えたねー、なんて後から言えるものだとばかり思って、

せきずいに管をいれて立つこともできなかったり、
ベッドの上で寝たままトイレをするだなんて(結局できなかったけれど)

そんなことを言われても我慢だってできたし、その我慢が大きいほど、
あとで味わう喜びはおおきいはずだから…なんて思って耐えたのに…。

それなのに、見えるようになるどころか、
全く見えなくなって、聞こえなくなって、

誰かと話すことさえできずに孤独にしめつけられそうになるなんて…。

そのとき私は母の手を離すことができなかったけれど、
自分のこと以外を考えることなんてできなかったし、

いつも涙があふれてきたけれど、母に悲しまれるような存在になって、
自分を否定するのはもっと嫌なのに、

見えなくて、一人じゃ行きたいところにもいけなくて、
食堂で人目をはばからず、母と床にすわりこんで、号泣したことだってあった。

気分転換にコンビニでジュースを買って、連れ出してもらった中庭は、
まだ元気だったころによくお昼に祖母の作ったおにぎりを食べた場所で、

鳥たちがものほしげに鳴きながら近寄ってくる光景を思い出して、
悲しくなって、全然気分転換なんかではなかったけれど、

隣りに座って一生懸命、手のひらに話しかけてくる
母のやさしさや愛情を感じたり…。

他人行儀ではなくて、私のレベルに合わせた話をしてくれる先生は、
いつも私の喜ぶようなことをしてくれて、

誕生日なんて、もうどうでもいいって無気力な私のために、
盛大に誰よりも恵まれているかのように、お祝いをしてくれた。

先生はいつも優しくて、私のことを娘のように考えていてくれたけれど、
そのために時には厳しくて、いっぱいお尻をたたかれて、
たくさん泣いたこともあった。

何も楽しみのなかった私に、ビーズという新しい趣味を見つけてくれた
フランス好きな看護師さんは、第2の母のように慕っていたけれど、

あいている時間はしょっちゅう私のところへやってきてくれて、
いろいろな話をしてくれた。

ビーズのほかにもいろいろと提案してくれたり、
私が大部屋でもやっていけるように、いつも注意をはらってくれた。

たびたび私の感激するようなおいしいものをもって遊びにきてくれたセレブ夫妻は、
庶民の私の知らない世界をたくさん見せてくれて、いまでは大好きな存在。

とってもかわいくて気のきく看護師さんが、
私を妹のようだとかわいがってくれたことや、

美人看護師さんが私のためにかわいいビーズを調達してくれたり、
気遣ってくれたこと、

私の大好きなブーフの人形を一緒に作ったり、
楽しみを見いだそうとしてくれたリハの先生…。

フランスつながりで知りあった研修医の先生は、
本来なら関わることもないはずなのに、
今ではとっても仲良くさせてもらっている。

ほかにも数えられないほどの沢山の人たちに暖かいご支援をいただきました。

そして…。
私の師匠であり、大好きなお姉ちゃんでもあり、
かわいらしいワンちゃんのような存在であるサリバン先生は、

スルリと私の暗く閉ざされた心の中に放浪してきて、
沢山の時間をかけて私の心をつつんで、沢山の種をまいてくれました。

そして、こんなに暖かい人たちが沢山いるのだから、安心して飛んでいいのだよ、
と私を外へと連れだして沢山のすばらしい世界をみせてくれたのでした。

孤独におびえ、泣いてばかりで外にいくのを嫌がっていた私は、
ふと気づくとあたたかい人たちの輪の中にかこまれていて、

今では夢でもみていたのではないかというくらい、日々が楽しく、充実しています。

私には人を惹きつける力があるから…と、
本当は自分のほうが力をもっているくせに、

社会に戻っても大丈夫という魔法の言葉をくれたお姉ちゃん。

そしてそれを証明するかのように沢山の方々が、私を応援してくださり、
それが私のおびえる心に大きな力と勇気をあたえてくれました。

本当にありがとうございました。
あらたな気持ちとともに、病院を卒業します。
そして、あらたな旅へと出発です!

退院して…。
以前家族で暮らしていたころのように、だんらんしながらテーブルを囲むことや、
一緒にテレビを見ながら笑いあうことはなくなってしまったけれど、

私はそんなことはどうでもいいことなんだという無償の愛を感じています。

気ままな日曜日なんて、何年ぶりだろう?

だけどそんな安心できる存在が、
目や耳ではかえることのできない大切な存在なのだろうな。

そしていつか、誇りをもってもらえるような存在になることが、
この恩返しであると思っています。

その日まで、見守っていただけたら嬉しいです。

2012年6月 23歳 みゆ


055.gif miyuへ

こんばんは!やっと自宅でくつろげる日曜日。

さっそく、ブログにコメントをいただいたり、メールをいただいたりしたから、
それもmiyuに転送したし、

今日は、きっと読んだり書いたりが忙しかったね♪

明日からは、いよいよ自宅からの通学ですね!
すでに4月から、見えない聞こえない大学生活スタートしているけれど、

yuyuの想像以上にいろんなことがやれているよ♪

手のひら書きの通訳で、ちゃんと誰よりもまじめに授業を聞いて、
自分の頭で考えて、点字でレポートまとめたり!

飛ぶときの葛藤はものすごくって、お互い全身全霊をかけた
体当たりの勝負だったけれど、

よくぞ勇気を出して、飛んでくれました!
miyuのチャレンジ精神は、すでに誇りに思っています。

のびのびと心の翼を羽ばたかせて、違う世界からの景色を楽しんでください。
そして、見えた世界、感じた世界を私にも教えてね。

報告を楽しみにしています。

ゆゆ

[PR]
by mi-yu-yu | 2012-06-24 20:26 | 日々のこと | Comments(1)

退院の日

病院生活からの卒業!次のステージへ!!

055.gif yuyuさんへ

こんばんわ!

たくさんブログの宣伝をして?退院してきました!!

いろいろな人に見ていただけたら嬉しいし、つながっている感じがとても心強いです!
月曜日大学でも宣伝してきまーす!

今日、本当にお世話になった病院を出るとき、複雑な気持ちでした。

沢山の人におめでとうとか、よかったねがんばったね、といわれて嬉しい半面、
本当の意味ではよろこべなかったりして…。

もう悲しくはないですが、やっぱり良くなりたかったなーと思います。

でも、視力を失ったかわりに、大切な存在の人が沢山できたし、
みんなあったかくて、得るものも沢山あったなーと思ってます!

かけがえのない1年は、今おもえば夢のできごとのようです。

そして、ここまでたちなおれたのはやっぱり魔法の力です。本当にありがとうございました。

みゆ


055.gif miyuへ

さすがに退院日は、お茶会といってもボランティアさんたちとの別れとか、
人気者で忙しくて、もう全然、まともな話はできなかったですね。

なんだか心細そうで元気がなかったmiyu
退院おめでとうとも言う気になれず、、、普通に別れてきてしまいました。

miyuの元気のない反応に
「心配で別れられないじゃないですか。。。」と心配していたけれど、
(しかし放浪の旅人yuyuは大事な飲み会!を優先で早々に退散。)

お互いに、これからが本当のチャレンジ、山登りの日々だとわかっているから、
脳天気に喜んだり、別れを惜しんだりできなかったのかもしれないね・・・。

でもね、、、チャレンジして、ぶつかっていくほどに命は輝くんだと思います。
自分の命を輝かそうと決めた王女さまは素敵です。まさに☆の王女さま。

そのチャレンジを応援してくれる人たちもいるから、

山に登って、一休みするときの風の爽快感
共に頑張る人だからこそ、つながりを感じられる素晴らしい人との出会い、

山に登ってみなければわからない景色を楽しみにして
心でそういう世界を体験していこう♪

社会の輝ける☆になってくれるよう期待しています

まずは家でのんびりして、新しい生活に慣れていってね。
一年間、激動お疲れ様でした。よくがんばりました!

大変なことも多いかもしれないけれど、それは全部ブログのネタにして
楽しいこともそれなりに楽しめるといいなあ。。。健闘を祈っています。

ゆゆ


P.S 魔法。。。yuyuは放浪の旅の途中でオズの魔法使いに会って、
オズの魔法?を伝授してもらったからかな?058.gif・・・・オズの魔法ってさ。

結局、自分でがんばったって話だよね。

みんな自分自身の中に魔法を使える力を持っているよ。
これからもいっぱい魔法で奇跡をおこしてね♪
[PR]
by mi-yu-yu | 2012-06-23 23:46 | 日々のこと | Comments(0)

プレ交換日記

カウントダウン: 病院生活卒業まであと1日
病院最後の夜☆

055.gif yuyuさんへ

こんばんわ!

今日は担当の先生と今後の外来の予定をきめたり、
リハビリにくる日をきめたり…

ちゃくちゃくと退院後のはなしがきまっていくのに、まったく実感がわきません。

いよいよ明日退院だというのに…。
退院したらどんな毎日がまっているのかなー。

去年の今頃は泣いてばかりいて、
こんなんじゃ生きていけないと思っていたのに、

ゆゆさんの教えどおり、ただ目の前のことを一生懸命やっていたら、
今や結構楽しい毎日をすごしているんですからねー。

明日はフラ語の達人O先生もきてくれるそうです。
いそがしい1日になりそう!(ワクワク)

おやすみなさーい!!

みゆ



055.gif miyuへ

今日は退院前夜で忙しく、全然ゆっくり話せなかったね。

O先生も一緒に最後のお茶会!!
フランスの話も聞けたし楽しかったね♪

お茶会で、また。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2012-06-22 22:02 | プレ交換日記 | Comments(0)

プレ交換日記

カウントダウン: 病院生活卒業まであと2日

055.gif yuyuさんへ

こんばんわ!
今日はレポートがひとつ終わったのでよかったです!!

退院があさってにせまり、しみじみとしています。
本当にいろいろあった1年でした。

そういえば私は、同じ部屋の人たちがどんどん退院していくなかで、
自分が退院するときには目が良くなっていて、

いろいろあったことを泣きながら思い返しつつ
退院していくんだとばかり思っていました。

みんなよくなって退院していくのに、
私は結局見えなくなって退院するのかーって、複雑ですね…。

命が助かっただけいいですけどね。

では、ちょっとしみじみしてますが、うまくまとめてください!笑
また明日たのしみにしてまーす!

みゆ


055.gif miyuへ

レポートお疲れ様でした!
点字を今年の1月半ばに始めたばかりなのに、

こうしてメールやレポートを書けるようにまでなって、
本当にがんばったよ~。

ずっと目が治るつもりだったから、病院でのいろんなこと
写真にとって後で見れるように記録していたね。

病棟で開いてもらった盛大なお誕生日パーティとか、
治ったら見ようと思って楽しみにしていたのにね。

まるで、結婚式みたいに盛大だったよ!先生とケーキカットなんかしちゃってね053.gif
miyuはかなり緊張していたけど、心の目で感じることができたかなあ。。。

いろんなことを認めてあきらめていくのは、とても辛かったと思うけど、
日々を楽しむことも頑張っていたよ~。

私たちの話してる姿みて、みんな「楽しそう~」って勘違い?してたもん。
ほんと、泣いたり笑ったり、怒ったり!!いろんなこと話したね。

ま、これからは、交換日記でいろんなことを話そうね。
では、また明日。

ゆゆ

[PR]
by mi-yu-yu | 2012-06-21 21:03 | プレ交換日記 | Comments(0)