大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:miyu( 33 )

〜ブログのお引越しのご案内〜

みゆちゃんが新しいブログをオープンしました。
ぜひ、今後もかわらぬご支援をよろしくお願いします!

アドレスは以下です。


このブログは、みゆちゃんの希望で、
そのままオープンにしておきますし、

みゆちゃんから、お手紙が届いたら
アップすることがあるかもしれません。

今までありがとうございました!

[PR]
by mi-yu-yu | 2018-04-04 21:43 | miyu | Comments(0)

詩を書いてみました

ゆゆさんへ179.png

こんにちわ!
雪のため、会議が中止になった私は電気毛布につつまれ、うとうとしています!

さて、こんな詩?を書いたのですが、
下手なので、ブログにのせてもいいのか悩みます。

でもとりあえずゆゆさんに読んでいただきたく送ります。
詩ってどうやって書けばいいんですか??

――

身体が重たくてまっくら

私はどこにいるのだろう
ここはどこだろう


どこからやってきたのだろう
不安になる


だけどきみの手を見つけたとき
あたたかなぬくもりを感じたとき
ほっと安心する


私もここにいるんだって
安心できる

だれかの手がふれたとき
だれかに触れたとき
手のひらから世界が生まれる


私もそこにいるんだって
安心できるんだ


雪がふっています。
ルーフバルコニーから外に出てみると、寒さに凍えます。
通勤などで外出をされているみなさま、どうぞお気をつけください。

みゆ

ーーー


みゆさま179.png

いいね!

詩は自由に書いたらいいんだよ!

詩に正解はないからね!

みゆが、感じたこと、
自由につぶやくだけで
詩になるからね。

みゆの素直なつぶやき
待ってまーす。


ゆゆ




[PR]
by mi-yu-yu | 2018-01-22 20:07 | miyu | Comments(0)

鹿児島

“鹿児島”

思えば、鹿児島には4日間滞在しただけなのです。
あれから1週間と数日しかたっていませんが、

「あの日々は夢だったのか?」
と思えてしまうほどなつかしい。

あの濃密な充実の日々がなつかしいなあ…。

鹿児島の友の会は、まだできたばかり。

登録している通訳・介助者が3人と、
ボランティアの方が数人で、
7人ほどのもうろう者を支えています。

私が鹿児島に着いたとき、
当事者・支援者、みなさんで
駅までお出迎えにきてくださっていました。

雨続きだった東京の涼しさとはうってかわり、
太陽が照りつけ、もわっとした暑さの毎日(30度ごえ)でしたが、

帰りも改札の中にまで入って、
新幹線のホームまでお見送りに来てくださいました。

みなさんにお礼をしたあと、私たちは新幹線に乗り込み、
停車しているしばらくの間、座席の窓から手をふっていました。

驚いたことに、情に厚い鹿児島の方々が涙を流してくださっていました。

この4日間のあっというまに過ぎてしまった日々。
たくさんお話して楽しかった日々。
いろんなことが胸にこみあげました。

鹿児島の方々も、別れをさびしいと悲しんでくださっていることが、
なんだか嬉しくて、私も涙がでそうでした。(グッとこらえました)

片道8時間なんて、どってことないじゃないか。
出会えないままに人生が終わってしまうより、鹿児島にきて本当によかった。

いい人ばかりと知り合い、笑いあって、
毎日睡眠不足なハードスケジュールでしたが、とても楽しく過ごせました。

またすばらしい出会いに恵まれたこと、改めて心から感謝です。

鹿児島では講演の他、すべての日、車を出して名所を案内してくださいました。

胸が苦しくなった知覧の特攻隊の資料館。
足が軽くなった指宿の温泉館(手湯、足湯、砂風呂など)では、
石が並んだ足つぼ道があり、それも楽しみました(痛くて歩けなかったけど)。

そうめん流しでは、竹の筒に流れるそうめんを想像していましたが、
鹿児島のは全然違い、わたあめをつくる時のドーナツ型の入れ物に水が流れ、
そうめんがグルグルとまわっていました。

その店では初めてコイのお刺し身も食べました!
(泥水ではなく、綺麗なお水で育てたコイは生くさくないのだそう)。

とろけそうなお肉のトンとろとんこつラーメン
(店員さんが来ているぶたの鼻がデザインされたTシャツ、かわいかった!)、

大行列だったしろくま本店(フルーツのかき氷に練乳がけ)、
篤姫や西郷どんゆかりの地(松林)、

フェリーで渡った桜島
(怒りくるっているのかと思うほど噴火していたけれど、歓迎の噴火らしい。
火山灰に埋もれてしまった鳥居には衝撃)、

かなりおなかが苦しかった黒豚しゃぶしゃぶ
(生絞りオレンジジュースは氷も生絞りオレンジでできていて、
氷が溶けても薄まらないというすばらしさ!)。

盲人、ろう者、盲ろう者が働いている作業所も
見学させてもらったのですが、

スーパーから受注している野菜の袋づめなどをしていて、
まわりの人と助け合いながら
盲ろうの方も真剣に素早い手際で仕事をされてました。

最後に食べた、ジューシーでおいしかった黒豚とんかつ… 。
9日の夕食ではサプライズの誕生日会までしていただきました。

ハッピーバースデーのメガネとカチューシャをして、
ホールケーキが出てきたり、プレゼントをいただいたり、

みなさんの寄せ書きとともに、手作りの色紙をいただいたり…。
個人的に素敵なものをつくってきてくださった方も。

本当の豊かさってなんなのだろう。
ついついお金や肩書きに左右されてしまうけれど、
こんなにも暖かく優しい方々が私の事を歓迎してくださって、
楽しい思い出ができた事にとても幸せを感じます。

そんなことを考える、鹿児島の雄大な自然と、出会いの豊かさでした。

みゆ

---

みゆさま

お帰りなさいませ!!
楽しく豊かな旅をしてこれたようですね。

旅行中に桜島が噴火しているニュースを聞きました。

心配しながら、(振動や火山灰が)
「みゆには返って鹿児島を感じられるかも」
なんて、不謹慎なことを考えましたが、

それは本当に桜島・鹿児島が
みゆを歓迎してくれていたんですねー!!

地熱で温まった砂風呂や、あちこちに湧く温泉で

「この地球が生きて活動している!」
って実感できたでしょうか?

そんな中、桜島にもちゃんと渡れたようですし・・・
しっかり鹿児島の空気と味覚を味わえたみたいですね。

そして何より、素敵な出会いがたくさんあったようで
よかった!!

長旅お疲れ様でした。

ゆゆ

---

みゆより

お返事ありがとうございます!

フェリーや車にのっていたからか?揺れは感じませんでした…。
火山灰もふっていなかったのですが、
地面にふりつもっている火山灰の上を歩いてみると、
粒子が細かいらしく、すべるようにつるつるしていました。

鹿児島からフェリーで10分ほどの桜島にも学校や民家があったのですが、
ここで暮らす人たちはどんなことを思って生活しているんだろう。

ここで生きる人々の大切にしていることって、
都会に生きる人々とはまたちょっと違うんだろうなー、
なんて思っていました。




[PR]
by mi-yu-yu | 2017-09-21 10:14 | miyu | Comments(0)

懐かしい思い出

「懐かしい思い出」

先日、昔の友人がこのブログにコメントをくれました。
今も見てくれているのかな?

ゆゆさんにコメントを転送してもらって、
最初に読んだときは、ビックリ…。

そして「なんで知ったんだろう?本を読んだのかな?」って、
いろんなことが気になりました。

予備校時代からこんなに時間がたってしまって、
すぐに返信するにはなんだか気まずさもありました。

しばらく考えていました。

でも、素直にいえば、やっぱりとても懐かしい。
嬉しくて、

「心に大切に刻まれている、忘れられない人だなー」
と再確認できました。

そうだ。いろんなことを思い出しました。

あやに出会ったのは、予備校に通っていたころ。
そうか、もう10年以上前になるんだ。

お互いに10代で、ピチピチでした。
若かった。外見も、内面も。

本にも書いているけれど、
私はちょうど病気になって、
精神的に落ち込んでいたころでした。

母の実家に下宿させてもらって、環境を変えて新しい人間関係の中、
新しい場所で、私の新しい人生を再スタートさせようと思っていました。

私にはずっとかなえたかった夢があったこともあり、

まだ私は自分に降りかかってきた病気や
聞こえの悪くなった耳について、
受け入れることも受け止めることもできなくて、

あやとはすごく仲良くしていたのに、
病気関連の話はなんにもしていなかったような気がします。

言わないことで誤解も生じるかもしれないし、
言うべきだったと思うけど、

まだ心の準備ができなくて、言えなかったんだ。
ごめんね…、あや。

でも、あやに出会って、今まで経験したことがなかった世界や、
おもしろいことをいっぱい教えてもらったよ。

将来の不安でくじけそうだった日々が、
あやのおかげで私はすごく楽しく感じるようになりました。

親せきや、近所の年配の方以外に、
知り合いがいなかった土地だったけど、

あやがたくさんの人に出会わせてくれて、
世界が広がったように感じていました。

予備校通いの合間に、
シダックスのサイドメニューやタピオカミルクティーなどの
おいしさを知って感動したり、

歌の上手なあやの歌う歌に聞きいったり、
そうかと思うと突然のものまねに笑ったり。

プリクラもいっぱい撮って遊んだし(プリクラって今もあるのかな?)、
何人かでハワイアンズにも行きました。

他にもいろいろな思い出が浮かんできますが、
すべてが楽しかったし、懐かしいなあ。

あの頃から長い時間がたちました。
でも私にとってのあやは、今もあの頃のまま。

ステキなワンピースを着て、明るく笑って、
アニメのモノマネをして笑わせてくれる。

あやに届くといいな。
私はあの頃には想像もできなかったような状態、
身体になってしまったけれど、

それでもなんとか頑張っています。

ブログを見つけて、コメントをくれて、どうもありがとう。

今も、あやはあの頃に語ってくれていた夢にむかって、
ちゃくちゃくと前に進んでいることを風のうわさで聞きました。

思い出のつまったあの予備校は、
今はもうなくなってしまったんだって聞きました。

まだ見えて聞こえていた、あの頃の出来事のひとつひとつが、
懐かしいアルバムをめくるように私の心の中に浮かんできます。

あやは今もなお、たくさんの人に元気を与えていることでしょう。
私もかげながら応援しています。

出会えて本当によかった!

みゆ

ーーー

ゆゆより168.png

あやちゃん、ありがとねー。
お会いしたことはありませんが・・・

みゆさまの本づくりをお手伝いしたときに
お話いっぱい聴きました!

演歌やモノマネが上手だという、
あやちゃん。

みゆの楽しい青春の思い出?が
「カラオケボックス」で

聞こえにくくなりはじめていたのに
カラオケが楽しかったの???

と不思議に思ったのですが

にぎやかなカフェよりも、
外部の音を遮断されたカラオケボックスの個室のほうが

ゆっくり、ちゃんと話ができたと聴いて

「なるほど・・・」と、
当事者ならではの感覚を思い知らされました。

そして、自分が歌うわけではなくても
あやちゃんと過ごす時間が

自分のペースを守られながら過ごせて、
たくさん笑わせてくれて、

心地よく楽しかったんだなあ・・・
と感じていました。

むしろ、聞こえにくいと知っていたら、
カラオケに誘うことを躊躇したかもしれないけど、

あやちゃんも、一緒に楽しく過ごしている中で

みゆがカラオケボックスで楽しそうにいる姿を
ちゃんと受け止めていて。

一緒に楽しめていれば
実際、病気や障害なんて関係ないんじゃないかな。。。

「すべてのことに時あり」(新約聖書・伝道の書)
とは、ゆゆが好きな言葉ですが

話そうと思うにも「時」があり
新たに出会う「時」もあり

今が、「その時」なのかもね。

素敵な友情が続きますように。
そして、「その時」に素直であれますように。

ゆゆ







[PR]
by mi-yu-yu | 2017-08-12 11:58 | miyu | Comments(1)

ご無沙汰しております!

ブログを読んでくださっている皆様へ

こんばんわ、みゆです。
せいこさん、コメントをありがとうございました!

私のブレイルセンス(点字の機械)からコメが読めず、
ゆゆさんに知らせてもらって

このブログを楽しみにしてくださっている方がいるとはと
嬉しくもあり、申し訳なくも思いました…。

最後の記事からいつの間にか1ヶ月以上経っていたなんて。
あっという間にもう季節は夏って感じの暑さですね。

私は元気に暮らしています。

たいていは時間に余裕があり、
のびのびと気ままな生活をしているのですが、

いろんなことが重なる時期があり、
今はちょうど自分のやりたいことに加えて、

様々な場所での講義?講演活動などのお役目仕事が重なり、
てんやわんやしていて、ブログにかける時間がありませんでした。

(私としては、いつもゆゆさんにも時間をかけていただいて、
大切にやっているブログなので、
自分が納得できないブログ記事をのせたくはなかったのです…)

これからも細く長く、ブログは続けさせていただきたいと思っていますので、
今後ともよろしくお願いいたします。

みなさま、これからも時間のあるときに遊びにいらしていただけたら嬉しいです!

ちなみに、“うであみ”は、
ゆゆさんや母がステキな毛糸を探してきてくださり、
編んでいるときにはヒモを間違わないように、
ゆゆさんがとなりで見ていてくださいました。

無事にオシャレなネックウォーマーができあがって、
バレンタインデーにプレゼントし、喜んでもらいました!
そのことについては、記事を書いたつもりでいたのですが、
私の勘違いだったみたいですね。

おもしろい物を教えてくださり、ありがとうございました!
そして、またよかったら、なにかいいものがあった時にはぜひ教えてください!

最近はまたまた、レポートがたまってしまいました……。
夏休み前はテスト期間なのですが、

私は試験の代わりにレポート課題にしていただいているため、
レポートが山のようなのです!

でも、レポートが終われば、夏休み!
その頃にまた記事を書こうと思います!

みゆ

ーーー

コメント以外にも、
いろんな方にご心配いただきましたが、

・・・そういうわけらしいです。
今後ともよろしくお願いいたします!

これから夏本番ですが、
みなさま、ご自愛ください。

素敵な夏になりますように。

ゆゆ

[PR]
by mi-yu-yu | 2017-07-11 20:09 | miyu | Comments(2)

恋人たちの時

ゆゆさんへ055.gif

11月をむかえ、ますます寒いですねー。
外出には車イすを使っている私は、身体のリンパの流れが悪くなりますが、
でも他には身体が比較的元気でいてくれるおかげで、
ハードだった10月も、楽しく過ごすことができました。

10月は、様々な地方に講演旅行に出かけることができて、
講演のあとに話かけてくださった一般のかたやハンディのある方、
様々な方との嬉しい出会いがありました。

他県の盲ろうの方とディナーに行ったり、
母と韓国料理も食べに行って、遊んできたのも楽しかったです。

もちろん、大学での勉強も楽しいですが、
もうすぐ学祭だから、卒業生も遊びにきて、
久しぶりに話せたり。

そして10月最後の土日は、カピバラさんとツタヤでDVDを借りて、
ゆび点字での映画観賞をしました!

健康だったころは、よく映画を観にいって、
なにげなく満喫していたことでもありますが、
たやすくできなくなった今だからこそ、すごく幸せに感じられることです。

以前ゆゆさんが、“小さいころに、いつもは兄弟で3等分だった板チョコを、あるとき、兄弟それぞれに1枚ずつ板チョコをもらったときに感じることができた幸せ”についてのお話を聞かせてくださったことを思い出しましたが、

人の欲ってとめどないもので、まわりがどう感じていることでも、
それに自分が極上の幸せを感じられれば、
こんなにお得で幸せに生きられることはないと思います。

今回の映画観賞も、私にとってはとても幸せでした。
DVDなので、途中で一時停止をして、
おかしと飲み物休憩を挟んだり、おしゃべりもできました。

それもまた、映画館で映画を見ながらおかしをポリポリ食べているのと同じように、いや、それ以上に??楽しかったです。

寒いので、布団にくるまっての映画観賞にはまりそうです。
11月も、生きている喜びを感じられますように。

みゆ

ーーー

みゆさま055.gif

・・・。

なんにもなくても、板チョコ一枚でも
幸福感に満たされているゆゆではありますが・・・

みゆはリア充すぎやしませんか?!

「簡単には観れなくなった映画をゆっくりでも鑑賞できた喜び」
というか・・・

それは「あふれんばかりの愛を感じる喜び」
なんじゃないでしょうか・・・・・・・・?!

何をしたとか、何を食べたとかじゃなくて、
どんな時をすごしたか。

一瞬一瞬に満ち満ちる彼の優しさとか「愛」がすべての行いに染み渡っていて、

ささやかな行いのすべてが愛に満たされているのを感じるから、
幸福感に包まれたんじゃないかなあ・・・

・・・二人でほのぼの布団にくるまって、
指先でコミュニケーションとりながら映画を鑑賞している、

その姿こそが
「映画のワンシーン」そのものではないですか。

ゆゆの脳内に映像化されたので、みゆの映画は実現するような気がします。。。

ゆゆは、その情景にすっかりあてられてしまいました。
もう冬の寒さも恐れることはないですね・・・

ハロウィンも終わりましたし、恋人たちのクリスマスモードに
とっとと突入してください。

ゆゆ



[PR]
by mi-yu-yu | 2016-11-01 20:26 | miyu | Comments(2)

からころ(43号)

ゆゆさんへ

以前お受けしたインタビュー取材の記事が掲載された
医療冊子が発行され、私にも数冊届けてくださいました!

“からころ(43号)”という冊子で、かわいい表紙が特徴。
病院や薬局にフリー冊子としておかれているようです。
(http://www.deco-net.com/)

数冊いただいたので、今日は大学でお世話になっている方々に配ってきました。

もちろん、ゆゆさんの分も保管してありますが、病院ですぐに手に入るのかも…?!

インタビュー取材をしていただいたのは大学の帰りだったのですが、
編集の方は30代くらいのステキなお姉さまといった感じで、
おまけに大学は違いますが、“フランス文学科卒”という共通点があったので、
なんだか少し趣味が似ているような気さえしてしまいました。(ごめんなさい)

取材とはいえ、自分の知らない世界で生きる方たちを知ることは、
貴重な経験であり、楽しい時間でした!

みゆ

ーーー

みゆさま055.gif

取材があったのは、いつ頃でしたっけ?

編集の方があまりに素敵すぎて、落ち込んでいたようですが、
もうすっかり立ち直ってるね!

路線は違うけど、みゆも誰にもマネできないお仕事をして
素敵なキャリアウーマンだから、がんばれ!!

7月は大忙しのご様子ですしね。

上記アドレスにリンク貼ろうと思いましたが、
↓こっちの方が「からころ」にたどり着きます。
http://karacoro.net

ゆゆ

ーーー

みゆより

立ち直ったんですかね。
でも、私は防衛規制しまくりで、やっと生きているのだろうからなあ…

ーーー

お疲れ様。防衛機制さんたちが頑張ってるんですね。
防衛機制は、みゆの心の「防衛軍」ですからね!

ゆゆもみゆの心の防衛軍を応援して、脳をだますお手伝い頑張ってます!
遊び心がないと、やってらんないよね。まったく。

でもいつか、ほんとのキャリアウーマンに?! 
「君ならやれる!」
(↑ by マラソンの小出監督が金メダルの高橋Qちゃんに言った言葉を贈ります)

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2016-06-27 17:44 | miyu | Comments(1)
“また1つ、ハードルをこえた!”

桜はもう散ってしまったようだけど
暖かい日差しのふりそそぐ昨日は

カピバラさんが借りる新居の内覧に
一緒にいらしたご両親と、弟さん、カピバラさんと私の5人で、
うちの近所で初ランチをしてきました。

一般的な女子でも彼のご両親に会うなんて
そんなに気楽なことではないのに、

まだ体調も戻っておらず、さらに私は盲ろうの車イス。
こんな自分でどうしようかと思いましたが、

まるでなんでもない事のように(?)
「みんなでランチに行こう」と言うカピバラさん。

ご家族の皆さんに手書きであいさつまでしていただき、
ランチ中はカピバラさんがゆび点字してくれる、
みなさんでのごく普通の世間話に優しさが伝わりました。

どうしたらいいのかわからず、
何をしゃべったらいいのか緊張しましたが、
春の日差しのように暖かな雰囲気でした。

ドキドキしてろくにごはんも食べられませんでしたが
またお会いして、もっと親しくなりたいです。

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

温かい御家族と楽しくランチできて良かったね。
カピバラさんのルーツを感じますね。

ブログはカピバラさんの了解を得てからアップしましょう。
日曜日はゆっくりできましたか?
[PR]
by mi-yu-yu | 2016-04-10 22:29 | miyu | Comments(2)

らくらくスマホ

“らくらくスマホ”

10年近く使っていた祖母の携帯(ガラケー)がついに壊れ、
修理に出しても部品の製造が終了しているためできず…。

パソコンも使えない祖母は、
私との唯一の直接的な連絡手段であるメールのやりとりにも困り、
さびしい思いをするようになってしまいました。

そのため、携帯の機種変更に付き添うことにした母のもとへ、
千葉から祖母がはるばるやってきました。
そして、ついに、ラクラクスマホデビュー!

でも、祖母にとっては、まったく「らくらく」なわけもなく、
そのまま泊まって練習していくことになりました。

テクノロジーの発展はすばらしく、
障害を持った人にも豊かな生活を届けてくれます。

しかしその一方で、
「使える人」と「使えない人」の差を広げることにもなり、
不便さやさびしさを感じる人も、同時に生み出してしまっていることを思います。

それはそうと、「この狭い部屋で、どこに寝るの?」と祖母も心配してくれました。
なにしろコンパクトな2LDKに4人がひしめいてしまっています。

ムダに広かった栃木の一軒家は4LDKあったけれど、
そことは大違い、人を泊めることに苦労しています。

結局、私は自分の部屋を祖母に譲り、
私は自分の見えない・聞こえない特性をいかして、
ダイニングのソファで寝ることにしました。

しかし、問題が1つ。
明日の朝、みんなとのスタート時間が大幅にズレている私。
大きな支障がありそうです。

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

明日は早起きですね!
人のこと言えないけど、みゆもゆゆもゆっくりすぎだからね・・・。

おばあちゃんとの朝をいっぱい楽しんでね!

ところで、おばあちゃん、スマホデビューということは!!
みゆのブログが読めるようになりますね。

ママに頼んで、ちゃんとお気に入りに登録して、
簡単に読めるようにしてあげてください。

では、楽しい夜を。

ゆゆ

ーーー

みゆより055.gif

なるほど!
メールがやっと使えるようになって、そこまで思いつかなかったので
設定してもらいます!!
[PR]
by mi-yu-yu | 2016-02-07 21:27 | miyu | Comments(1)

優れた分析家?!

“優れた分析家?!”

昨晩のニュースでは、今日の雪予報を伝えていて、
私は雪だるまを作れることをちょっと楽しみにしながらも、
車イス移動にかかる困難さには覚悟をしていました。

しかし、そんなことはすべて杞憂におわり、
スムーズに美容室に行ってきました!

いつもは平日にお世話になっていますが、土曜日は初めて。
お客さんがいっぱいいる中で対応していただきました。

いつも美容師さんが、私のとなりに
通訳・介助者が坐るイスを出してくださいます。

そして私はお店の状況、
となりの席のお客さんと担当美容師さんの会話などを

通訳を通して聞いたり、私を担当してくださる美容師さんと話しながら
髪をやってもらっています。

ところが、なんと今日は、ゆび点字通訳をうけるために
ひざのうえに置くクッションを忘れました…。

ゆび点字をするには通訳者の体勢もあります。
しかし手がき文字通訳には労力がかかってしまいます。

「申し訳ないけど、手がき文字通訳でお願いしようかな…」
そんな風に考えていると、

通訳・介助者が提案してくださり、
お店の本棚にある本を借りてゆび点字の台にしてみることに。

しかし結局、本の分厚さ(高さ)に悩んでいると、
今度は美容師さんがお店のクッションを貸してくださったのでした!

「クッションはカラーの液がついたら汚れちゃいますからいいですよー」
と私が言うと、

「おれうまいから、そんなことにはならないから大丈夫」と、
私に気をつかわせないように言ってくださいました。

その美容師さんは、いつもいつもとても親切で
お店の中をできるだけスムーズに移動できるように、
考えてくださいます。

車イスを入り口に置いた私に、お店の入り口まで
「カットする時に使う、脚に車のついたイス」を運んでくださって、
私は車イスからそれに移ってカット台まで行きます。

髪を洗うところの段差には、通訳者と相談し、
そのカット用のイスに座ったままゴロゴロ押してもらって近くまで行き、

イスの高さをペダルであげて、
洗い場のリクライニングチェアーに
そのまま移れるようにも工夫してくださいました。

いろいろなバリアは、そのおかげで
人のやさしさを引き出せるものだなあとも思いますが、

人間としてのすばらしさを、私はそういうところからも感じて、
その美容師さんが大好きです。

場所柄、おしゃれなお客様も多いだろう中を、
カット用のイスに座ったまま店内をゴロゴロと動く私。
なんだか想像すると笑ってしまいます。

ところで話は戻りますが、クッションを借りたことで
不要になってしまった2冊の本。

大きさの違うものを2冊借りていたのですが、
それが「夢分析」と「365日の誕生日」というようなタイトルの本でした。

おもしろいのでどちらも通訳・介助者を通して読んでみました。
すると…。

9月9日うまれは「優れた分析家」らしいです。
この他にも「感受性に富む」、「コミュニケーション能力がある」、
「自信がない」、「意思が強い」、「流されやすい」、
「集中力がある」、「頑固」などがありました。

美容師さんは、「あーあたってるかも!」とおっしゃってましたが、
なんか自分でも結構あたってるような気が…。

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

美容院でのみゆの様子が、見えてくるようでした!

そして、みゆ自身もその情景を頭に描いて
客観視?しているところが面白いです。

ゆゆは先日、患者さんにパワーストーンをもらったら、
たまたま、相手も知らずにくれた石が、ゆゆの誕生日石でした!!
365(366)分の一の奇跡??

パワーストーンは、必要な時に石の方からやってくる、
石に呼ばれる、なんて言いますが、

必要な本や情報も、縁があってやってくるから、
今、夢分析や、誕生日占いの本がみゆの膝にやってきたのも
何かの縁?? 優れた分析家の能力を発揮してみてください。

・・・っていうかさ。
ゆゆが今日、雪を覚悟で引きこもって読んでたのが
夢分析やイメージの本だよ。怖いなあ。

ゆゆ

ーーー
みゆより055.gif

それにしても、偶然は必然?!
これはどんな意味があるのかな…
おやすみなさい。
[PR]
by mi-yu-yu | 2016-01-30 23:57 | miyu | Comments(0)