大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:日々のこと( 209 )

春の嵐

三寒四温というけれど、
この季節の変わり目のお天気が
本当に苦手です。

ズキズキ頭痛と、
身体がヒリヒリ痛む。

気圧変化をもろに受けている私です…。

昔はなんにも感じなかったのになあ。

人の身体って、
こんなに変化するものなんだ、
とどこか人ごとです。

もっとシャキっとしてくれないかなー!

さて、私の生きがい??

今日のディナーは
みやこホテルでのお食事会です!

準備しないとですが、
首が枕にすいついてしまって
起きられずにいるー。

ホテル系はバリアフリーが
しっかりしているので、

お店選びには
てっとりばやいのですが、

みやこホテルの方は、
いつも親切にしてくださいます。

以前は、車イスを押すのを
手伝っていただいたり、

車イスのバッテリーの充電を
食事のあいだにしようかと
気にかけていただいたり。

お給仕さんには、
ハーフのイケメンの方が多いらしく、

一緒にいる人の
テンションが高くなることは
ザラです。

うーん、
そんなに盛り上がっているなら、
私も見てみたいー!

みゆ

ーーー

今頃、みやこホテルで
楽しくお食事中かな?

体調が復活して、
おいしくディナーを
召し上がっておられることを
祈ります!

ゆゆ

ーーー
みゆより179.png

ただいまです!
ブログ、
ありがとうございました!

今日は8人でのディナーだったのですが、とてもおいしかったです!

でも、やっぱりこのお天気、きついです。

おやすみなさい!

[PR]
by mi-yu-yu | 2018-03-09 19:42 | 日々のこと | Comments(0)

居場所

私の大切なソファーが壊れました!

いつも、家にいるときは
だいたいそのソファに座って(寝て?)
メールや読書、原稿など
いろいろなことをやっているのですが、

電動リクライニングの
モーターが故障したらしく、
フットレストが上がった状態で
動かなくなってしまいました。

まだ購入して1年なのに、
使いが荒いのかな…?
もっといたわってあげないと?

こうなってみると、
あらためて居場所の大切さを思います。
心も身体も、落ち着ける場所。

私は身体が痛かったりするし、
スムーズに立ったり座ったりや
動くためには触覚に頼るので、

あるべきところに
つかまる手すりがないと
困ってしまいます。

座っていても、
手を伸ばしたあそこには

センスのバッテリーの充電器があるとか、ティッシュの箱とか、化粧水とか、
決まった場所に置いて生活しています。

自由に動き回れない分、
手の届く範囲に必要なものがあると
本当に助かるのです。

だから、落ち着いて
身体をあずけていられる場所は
とっても大切で

たかがソファなのですが、
私の“快適な場所”は
そこだけに限られているのです。

フットレストが上がったままだと、
危なくて座ったり立ったりができなくて

見えていれば、うまくまたいで
座ったりもできるでしょうけど、
私にはそれはとても難しいのです。

ソファが使えないだけで、
いつもの倍は労力を要し、
いつもの倍以上、
生活のクオリティは下がっています。

ずっとベッドにいるのも嫌だしなぁー。
あたためて知る、ソファ様のありがたみ。

みゆ

ーーー

みゆの大切な相棒、
「生活の必需品」のソファー様の
早い回復を祈念いたします。

今日はベッドで
過ごしているのかなあ、、、

お大事に。

ゆゆ

[PR]
by mi-yu-yu | 2018-03-07 12:42 | 日々のこと | Comments(1)

隠れたいいお店

“隠れたいいお店”

プレ・3連休の初日は、近場を散策してみました。
金曜の夜に、仕事終わりにお迎えにきてくれたカピバラさんと、
お腹をすかせてウロウロ…。

すると、ビルの中にイタリアンのお店を発見!
入ってみました。

まだ30代後半だと思われる、
優しそうな若い夫婦がやっている、
小さいけれどまったりできる、
和やかでとてもいいお店でした!

以前、目黒にイタリアンの家庭料理のお店があり、
そこはシェフが女性で親しくなり、とても好きだったけれど、
最近移転したり、お休みしていたりで、
なかなか行けなくなってしまったのですが、
私はここのお店、温かい雰囲気が似ているなあ、と思いました。

旦那さん(シェフ)のつくるお料理はとってもおいしくて、
それを手伝う奥さんも、
2人がけテーブルを4人がけにくっつけてくださり
私とカピバラさんが横に並んですわれるようにしてくださったり
(指点字で話すので向かい合うととてもやりづらいのです)、

「車イスは横においておいて大丈夫ですよー、混んできたらどかしますから」
と、何かと親切に気遣ってくださいました。

各パスタはベースのソースを選べたり、
パスタをドリアに変更できたり、
1品料理の“バルサミコ酢の照り焼きチキン”は、
後味さっぱりでおいしかったー!

店内にはお2人のお友達らしきご夫婦や、
お2人の子供?と思われる
小学校低学年くらいの子供たちもいて、
にぎやかにアンパンマントークで盛り上がっていたようでした。

お食事の最後のほうで、奥さんが
「子供たちがうるさくてすみませんね。
お時間ありましたら、お飲み物をサービスしますが、
いかがですか?」と声をかけてくださいました。

いやあ、いくらにぎやかでも私には関係ないので問題ないんですけどね?
(いや、私の声はかき消されてしまうか?)

帰りは旦那さんと奥さんが
「また来てくださいね!」
と見送ってくださいました。

ビルのエレベーターは狭くて小さかったけれど、
こんな場所に隠れたいいお店を見つけて、
また1ついい収穫になりました!

みゆ

ーーー
みゆさま179.png

アットホームなお店ですね!
素敵。

ゆゆも行ってみたいなあ・・・

人は、知る人ぞ知るの
「隠れた名店」に行ってみたいものだけど

お店は「隠れている」と繁盛しにくいし、
良さも伝わりにくいから、口コミが重要!

たまには、繁盛しすぎると
本来の良さがなくなるから、と
「隠れていたい」お店もあるかもしれないけれど、

よかったお店は、お店の名前とか場所とか
アピールするのだって、

みゆの「できること」のはじまりかもよー?!

みゆのために、送ってくれた「振動する腕時計」とかも、
みゆが、さらに工夫をして可愛く使っている様子を載せたら、

見えない人や、その家族が、
「振動で時を知らせるって、どんな時計かなー?」
「どこで買ったのかなー?」
と思ったときに、

みゆに送ってくれた人のお店がわかれば、
「そこから買おうかなー」と思うこともあるはず!

お店の人も、
「そんな風にシールを貼って使っているのか!」
「デザインに取り入れることもできるかも!」とか

「それに貼っても邪魔にならないシールを一緒に売ろう」とか
さらにおしゃれな時計が開発されるかも。

「車椅子で入っても親切にしてくれるお店」
「いろんなハンディキャップに優しいお店」

そういうお店なら、障害のない人だって、
「ほっと過ごせそうで、行ってみたいなあ」と思うし
「そういう優しい人から買いたいな」と思うかもしれません。

障害があっても楽しめるお店を探している人には、
大事な情報になると思います!

あと、かなり限られた人向けの情報だからこそ
重要だったり、

みゆのブログを見ればわかるかも、と
盲ろう者の「生活の知恵や情報」を求めて
やってくる人もいるかもしれません。


みゆは、相手のプライバシーを大切にするけど、
それも時と場合によります!

みゆだって、いろんな形で、人の役にたてるんだから。

そうだ、先日、
みゆがブログで映画「ロマンス劇場」の宣伝させてくれたから、
それみて友だちが、「観にいくー!」と言ってくれて、

宣伝効果あり?!
一人、お客さまゲットしました!ありがとう。

あ、ちなみに、この映画は目が見えない人への
音声サービスをやっているそうです。

聞こえない人へも字幕放映して欲しいですね。。。
字幕上映の日もあるかな??

みゆには・・・台本借りれたら、ゆゆが公開中に
指点字上映してあげられるんだけどねえ・・・
(いや、指点字がまどろっこしくて、ストーリー追えないかも)

では、三連休の最終日もお楽しみください。

ゆゆ

ーーー
みゆより179.png

お返事ありがとうございました!

ちなみに、振動時計「タックタッチ」は、
シールを張ったりして、さらにオシャレに使っている写真を、
社長さんにメールで送りました。
社長さんの会社のホームページに使ってくださっているようです。

時計は振動が伝わりやすいようにラバーゴムを使っているので、
“どのボンドを使えばはがれないようにシールを張れるか”
などもお伝えしました。

お食事は、ホテルなどのレストランやカフェだと、
対応がこまやかに行き届いているんですがねー。
お手洗いも、段差がなく、使えるのですが、

ファミリーレストランだと親切にはしてくれても、
お店の中にバリアがあって、お手洗いは難しかったりしますね。
ファミリーレストランでドリンクバーを頼んでも、
お手洗いが使えないとなると、ちょっと悲しかったりします。








[PR]
by mi-yu-yu | 2018-02-12 14:42 | 日々のこと | Comments(0)

お菓子をつくりました!


本日のミッション。
バレンタインのお菓子作り。

母に手伝ってもらって、おいしいのができました!

そういえば、フランス展で見つけた
エッフェル塔の型ぬき、買えばよかったかなー?

かわいかったけれど、値段がちょっと高くて、
そのときはやめたのです。

でも、いつもお世話になっているみなさんに、
あげたら喜んでもらえたかな?と、
いまさらながら思いました。

今回は、ある通訳・介助のかたにいただいた
ゆずの皮を入れてマーブルパウンドケーキと、
キャラメルやナッツも使って、

栃木の前の家でよく使っていた、
くまさんやハート、星、お花などの
型抜きのクッキーを作りました!

私の動きの悪い右手では、左と力が違いすぎて、
生地を上手く伸ばせなくて大変だったけど、
型抜きは何度かやっているうちに、
コツを思い出してサクサクできて楽しかった?!

手作りの物は、何も科学的な添加物を入れないので
とても美味しく感じます。

喜んでもらえたらいいなあ。

みゆ

ーーー

ゆゆ179.png

美味しいお菓子ができてよかったね!

今日はいよいよ
映画「今夜、ロマンス劇場で」
の公開日なので、

朝から新宿に出かけています!
また、「王女みゆき」に会ってくるね。

楽しいプレ・バレンタインデーの
週末を!!



[PR]
by mi-yu-yu | 2018-02-10 07:12 | 日々のこと | Comments(1)

立春です!

毎週日曜は、朝の10時から12時まで、安曇さんの“日曜天国”というラジオをカピバラさんのゆび点字で聞いて、1日が始まります。
1週間のニュースや、毎週のテーマにそれぞれ投稿があったり、リクエスト曲が流されたり、毎週“雑誌収集家”とか“空想科学研究所”とかのゲストとのトークなどがあります。
17時半からは“笑点”をカピバラさんのゆび点字で見てます。平凡だけど、日曜日は予定が満載で忙しい!でも今日は、安曇さんのラジオを、熟睡していて聞き逃しました。
気づいたら12時すぎてました。
せっかくいい天気なのに、もったいないなあ…
でも、あったかい布団にくるまっているのは幸せだなあ…
ーーー

みゆさま179.png

立春の今日、
ほのぼの日曜日のご様子ですね!

まだ寒いけど
「春眠暁を覚えず・・・」

みゆにも春が?!
春の足音(春の気配)に敏感なみゆでした。

なーんて、ゆゆに深夜の真剣メールで
眠れなかったのかなあ・・・

まあさ、今を楽しもうよ、「今」を!!

楽しい日曜日の午後をおすごしください。

ゆゆ

ーーー

みゆより

ブログのお返事ありがとうございました。

入院や手術もなく、平凡な日々って、
それだけで素晴らしくて、輝いている貴重な時間ですよね。

ちゃんと大切にしたいなーと思うけど、
忘れやすいものでもあるから、
ちゃんと意識していきたいなーと思います。

[PR]
by mi-yu-yu | 2018-02-04 14:16 | 日々のこと | Comments(0)

スカイツリー


12月に入ったとたんにバタバタし?ブログ記事を書けないまま、気づけば年末です!年末感も、クリスマス感もありませんが??
この寒さと、サンタクロースの置物やリースの飾りを触って…、はたまたカピバラさんお手製のローストビーフやポトフ、母お手製の北京ダックもどき?歳の近い通訳・介助者がオーブンで焼いてくれたりんごのおかし?などなどを食べて、冬を感じています。

先日は、母校でのゲストスピーカーを本気でがんばった疲れを癒しに、スカイツリーでやっている“リサとガスパールと過ごすクリスマス”のイベントに行ってきました!
ソラマチには何度も行っていますが、スカイツリーを上るのはなんと初めて(笑)!
すごい人だかりでしたが、くるまイスユーザーも数人いて、エレベーター待ちではスタッフのかたが調整してくださいました。とてもありがたかったです。
エレベーターに乗ってドアをしめるとき、スタッフさんの「それでは行ってらっしゃーい」と言うのが、まるでディズニーランドのアトラクションに乗っているように思えて、おもしろかったです!
地上から50秒で370mまであがり、エレベーターを乗り換えて、1番上の階で行われているリサとガスパール展へ。
絵本もたくさん売られていて、思わずフランス語バージョンと日本語バージョンを買ってしまいました!
以前から、キャラクターとして親しんでいましたが、なにげにシュールなリサとガスパールの出会いを知ったのは初めてで、そのストーリーにも楽しませてもらいました。
特別企画の“リサとガスパールカフェ”もあり、リサとガスパールの絵にあるブッシュドノエルや、綿あめでクリスマスツリーのようにデザインされたフォンダンショコラ、リサとガスパールの顔のラテアートのカフェラテなどもいただきました。
ちょうどお店の窓からは、打ち上げ花火が遠くであがっているのが見えたそうで、通訳してもらった、スマホで一生懸命撮影しようとしている若い女性グループやお店にいたお客さんの声から、見えない私も情景を想像し、楽しみました。

みゆ

[PR]
by mi-yu-yu | 2017-12-20 13:24 | 日々のこと | Comments(1)

私は歌う!

“私は歌う!”

「私の最近のマイブームは、歌うことです!」って言うと、
必ず返ってくるのは「えっ?聞こえないのに?」いう反応。
違うんですよ…、聞こえないから、自分で歌うんです。

オンチだっていい。もしかしたら、
聞こえない私が歌っているつもりでも、
お経のようかもしれない。

それでもいいんだ。歌手じゃあるまいし、
だれに聞いてほしいわけでもなく、
脳内に流れるように、自分のために歌うのです。

私は音楽が大好きで、小さい頃習っていたピアノも
練習曲なんてまともにやらずに、
アニメの主題歌をコピーしたり、勝手に曲を作って歌ってたっけ。

もう音楽を聞いて楽しむ事は出来ないけど、
自分で歌うと、今、曲のどのあたりなのかもわかるし、
テンポも自由になります。
おまけにテンションもあがるので、私は歌が大好き!

懐かしの曲が頭の中に演奏されて、音が聞こえる気がします。
だから家などでは気がつくと歌っています!

それになぜか、私が歌っていると喜ぶ人たちもいます。(誰?)
バーチャルな想像も、リアルに感じることもできます。
私の世界の特権です。

入院をして大部屋だと、まわりに気をつかって、
好きに歌えなくなるので、私はこのまま自由に暮らしたいなあ。

みゆ

ーーー

みゆさま179.png

ブログを読んで、「いいね!」を
ポチっとしたくなったのですが、

「小さなイエス!」もそんなことでいいんです。

ご機嫌でいられる、その状況に
自分で「イエス!」です。

自分にとっての「いいね!」って状況を
しっかり自分に落とし込んであげるの。

歌、どうぞ絶叫して、
自分の喉を空気が通る感覚、
呼吸の感じも楽しんでください。

そして、そんな自分に「イエス!」

ご機嫌なみゆを見るのは
周りの人も嬉しく(喜びに)なるのでは?!

ご機嫌な人のそばにいるのは
楽しいし、安心するよね。

それに毎日ご機嫌ですごそうと思って、
自分にいっぱい「いいね!」「イエス!」をしていたら、

小さいイエスを見つけるのが得意な自分に「イエス!」
となるし

毎日、小さな「イエス!」「イエス!」の積み重ねで
自然に感謝があふれてきてしまうようになるよ。

これはゲームのようだけど
実際に幸福度が一気にアップして
幸運体質になれます。

道を歩いていても
「宝くじにあたったんですか?」って言われます!

「イエス!」を見つけるのが大変なみゆこそ、
自然にやれるようになると、「それだけで素晴らしい!」

まさに、そんな自分に「イエスー!!!」
・・・なんだけど、無理な提案していたら、ごめんね。

あ反対に、日々が大変だからこそ、
順調に行った時に、
「イエス!」って言えることもあるかも。

人は当たり前だと思って
通り過ぎていることが
あまりに多いから。

日差しが暖かい。イエス!
お風呂の温度がちょうどいい。イエス!
この香り、好き。イエス!!

いちいち、それは「自分にとって」
嬉しいこと、いいこと、うまくいったこと
なんだ、と刻印付けていくと、

自分がどんなことが好きか、
どんな時に嬉しいかも、
ちゃんとわかってくるから

自分を楽しませるポイント、
喜ばせるポイントもわかって、

優先順位をつける時も、
自分の心に従っていきやすくなるし

イエス!を感じられる体験を求めていったり、
その反対から離れたり

自分にとってより良い選択をできるようになるとおもいます。

それが自分を大切にするってことだよ。
時には人に譲っても、ちゃんとそんな
自分をわかってあげているってことだよ。

そして、いいこともたくさん引き寄せます!

まわりの人も(日々大変なみゆが)
少しでも楽しい気分でいると嬉しいわけだから、
(みゆを喜ばせたいなと思っている人も多いから)

みゆが気を使って我慢しているよりも、
どうすれば自分が楽しくなるかわかっていて
教えてくれるみゆの方が、

まわりも付き合いやすくなるのではないかな。

人を手伝う時って、良心的であればあるほど
「余計なお世話かな、これでよかったかな?
かえって悲しませたかな」と
自分がしたことに自信を持てない人も多いと思う。

こういうこというと
「そういう気を人に使わせているんだ」と、
またみゆを悩ませそうだけど、

誰かを気にかけて、手助けしたいと思っても
何が必要なことかわからなかったり、
同時に遠慮?も働いたりするのも人間で

なかなか人に「おせっかいをやく」のも
大変なんですよ・・・

余裕がなくて無関心な人も実際いるけど、
「何かできることがあれば手伝いたいけど、
何を望んでいるかわからない」という人もいて

時には、おせっかいかもしれないけど
「おおいなるおせっかい」が必要なこともあると思います。

ゆゆは、とりあえず相手に聞いてみることを
恐れないことにしたから、

日々、「おせっかいおばさん」

それはそれでいろんな交流も生まれて、
楽しいです。

そんな思考のゆゆに先生がつけてくれた名前は
「Over Kind 療法」

名ずけて「おせっかい療法」
いや略して「OK 療法」です!(←名称・イエス!)

ゆゆは誇りを持って、「おせっかいおばさん」
「おせっかい療法」をみゆにも実践しているわけです。

イメージする力もあなどれなくて、
レモンをかじるところとか、梅干しを食べることを
想像するだけで、本当に唾が出てきたり、
顎のあたりがキューっとなったりするように

イメージしたことを現実として
体験する力を人は持っていると思うから、

楽しいことを想像して、
実際に体験しているように感じることは、
体にとっても実際楽しい経験をしているような
感覚を与えて、こころをワクワクさせます。

遠足に行く前から楽しめたでしょう?

心にとっていいイメージで遊ぶってことは、
実は体にとっても、免疫が活性化したり
いい影響があるのではないかと思っているので、

みゆにも是非、自分の心のイメージで
自分が楽しくなる世界を見つけてほしいなーと
おもいます。

「現実は違う」なんて思わないで、
そもそも「イメージを楽しむ!」って思って
イメージで遊べば、

イメージには間違いも正解もなく
「イメージは自由だ!」ってわかると思います。

イメージは心の世界なんだから
「人からどう思われるか」も全く気にしなくて大丈夫。

何を思ったって自由。
言わなきゃ誰にもわからない。(←いい意味で)

一人でも楽しめるけど、どんなイメージで楽しんでるか
発信したら、それはそれで楽しいんじゃないかと思います。

またまた余計なおせっかいな
返信でした。。。

では、楽しい夢を!(夢も大事なイメージ)

余談)
ゆゆは、時々、汚いトイレの夢にうなされて
起きても余韻がのこっちゃうんだけど、なんだろうなあ・・・
昔から、学校を選択するのにトイレの綺麗さが重要ポイントになって
いるしなあ、、、何か私にとって重要な場所??
いや、トイレは誰にとっても重要ですよね。

ゆゆ

ーーー

みゆより168.png

お返事、ありがとうございました!

もうろうになった最初のころ、
“幸せはそこらへんにゴロゴロ転がってる”話をしてくださいましたよね。

同じように、YES!ってたくさん転がっているのだと思うし、
それら1つ1つを認識できることで、
すごくハッピーな気持ちになれると感じました。

そして、どんなことにYES!を感じるのか、
発信していくことも重要なことですよね。

でも、ゆゆさんのはおせっかいではないと思うなー。
やっぱり、濁流にのみこまれているときは非常事態なので、
自分が助けてほしいのかもわけがわからなくなると思う。

はためからはおせっかいかもしれないと思うのかもしれないけど、
自分ではどうにもならない状況で救われることもあるのだと思う。
それこそ、プロフェッショナル?!

トイレの夢は、やっぱりだれしもに必要な場所ということで、
心にたまったものをはきだせる場所…。
そこが汚いとムズムズするゆゆさんということで、私の夢解釈でしたー。

眠くて、自分がなにを書いてるのかわからなくなってきた。
おやすみなさい!

みゆ

ーーー

ゆゆ168.png

またまた、長文読解お疲れさまでした。
ゆゆの分はおせっかいだから、省略して載せようと思ったら、

みゆが「イエス!」なコメントを返してくれたので、
載せておくことにしました。

今日も、イエス、イエス!な一日を!

ゆゆ







[PR]
by mi-yu-yu | 2017-11-13 23:34 | 日々のこと | Comments(0)

フランス展に行きました


 去年も行った日本橋三越の“三越フランス展”に、今年も行ってきました!

 昔、学部生のころに見た雑誌か何かで、フランスの若者たちが家の壁も好きにペンキをぬったり、インテリアや小物を作ってたりするのを見て、なんでも自分たちの好きなように手作りしちゃうことに憧れていました。

 うちの母も祖母もお裁縫がうまくて、私の小さいころは手作りの洋服や小学校へ持っていく給食袋、習い事のピアノの楽譜のカバーなど、よく作ってくれていました。

 今はゆゆさんも、アクセサリーから触るカレンダーまで、なんでも作ってくれます!私はその“世界にひとつ!”な感じが大好きです。

 自分でも作りたくて、小中学校生のあたりは母に教えてもらいながら、いろいろ作ったなあ…。

 小学生のクラブ活動は“折り紙クラブ”で、何人かの友達と折り紙とフェルトで、ミニチュアな家や家具を作りました。(懐かしい)

 でも、中学校の家庭科の時間にポーチをつくったとき…。カゼをひいて何度か授業を休んで進度が遅かったので、友人にも手伝ってもらったのですが、なぜかいびつに曲がったポーチができたあたりで、自分のぶきっちょさに衝撃をうけて、自分で作ることをあきらめました。

 でも、持ち物をステキにするのは好きなので、今回のフランス展も手芸やさんでレースを見て(触って)みました!

 何種類ものレースのリボン…。すると店員さんが、私たちが去年も行ったことを覚えてくださっていて、店内は混雑しているらしいのに(カピバラさんの“状況説明”)、こまごまと説明をしてくださり、いろいろなレースを持ってきてくださったり、実際にレースを張りつけたカラーボックスや手帳などを持ってきて、触らせてくださいました。

 どんどん様々なレースを触らせてくださるので、最後は私も「どれがほしい!」と思ったのか?どれがどれだかわけがわからなくなり、見えたらすぐにわかるのになあと思いながら「どれがステキ?」と、結局カピバラさんの意見を聞きました。

 私の買う物は、通訳を受けて選ぶものなので、一緒にいる人の主観に左右されていることって多いと思います。

 私の見たてで選ぶことはもうできないけれど、それでも、自分の想像と触ってみる実際のものとは違っていることもあるので、実際に触らせてもらい選ばせてもらえるって嬉しいことです。

 去年も購入したミニタッセルは、もう壊れてしまったのですが、ブレイルセンスやかばんのチャックなどにつけて、便利にかわいく使えるので今年も新しいのを購入!

 障害者手帳はデコっちゃだめみたいですが、振動時計や、特定疾患証入れなど、ステキにしたいなあ!

 レースのネックレスについても店員さんがアドバイスしてくださったので、作ってもらおーっと!

 なにごとも楽しまないと、人生がもったいないですよね!

みゆ

ーーー

ゆゆより168.png

えー、

そんなにDIY(Do it yourself)に
憧れが??

ゆゆは相変わらず、
部屋までDIYにはまって
フランス人のようです??

センスには自信がありませんが

今夜も、世界に一つのもの?(=手作りのもの)を
持って参上する予定でした。

センスのよい、みゆさまの感性にあうのか??
いつもドキドキなんですが・・・

みゆさまは、目が見えないから、

「世界に一つ(=手作り)」って言葉だけで、
想像がキラキラしちゃって

ものすごく大事にしてくれるけど

ある日突然、目が見えたら
みゆさまの本物志向と美的センスには
耐えられなくて

「えー、こんな子どもだましなもの
使ってたの??はずかしい!!」って
言われるようなものだったらどうしよう!

って、いつもドキドキしています。

ま、人生はオリジナル&クリエイティブに
楽しまないとね!

では、のちほど。

ゆゆ

ーーーー

みゆより

私も、ものづくりは難しくても、
オリジナルな人生なら
クリエイティブできるはず!!

私は手作りのものをもらうと、
私を思いながらつくってくれたんだなーとか、
お金では買えないのが好きです!






[PR]
by mi-yu-yu | 2017-10-18 10:49 | 日々のこと | Comments(2)

私の秋

“私の秋”
 秋分の日が過ぎて、今年ももう10月。今年もあと2カ月しかない!
考えてみれば私がもうろうになってから、もう7年めになります。
健常だった年月と、盲ろうになってからの年月が近づき、
やがて見えず・聞こえずの私の人生の時間がうわまわる…。
なんだかちょっと恐ろしい。

聞いても知らない俳優さんやタレントが増え、
iPhoneやsiriなど見たことも触ったこともない機械が世間の常識になっていく。
これから先、もっともっとそういう事が増えていくと思うと、取り残されたようで苦しくなります。

 そんな中、ルーフバルコニーに出て、外の空気を思い切りすってみました。
ひんやりした空気を思い切り吸えるって幸せだなあ。いつの間にか秋なんだと思います。
肌にさわさわとあたる風が気持ちよくて、細胞が活性化するような気さえします。
家の中の、快適だけどなんとなく動かない重さを感じる空気とは違って、外は空気のニオイまでもさわやかです。
マンションの4階にある自宅のルーフバルコニーで、ベンチに横になって読書。
なににも邪魔をされずにただ生きている自分を感じる幸福な時間。
“不思議の国のアリス”の中にいるような情景が目にうかんでいる私は、
母がパンジーを植えていると聞くと、いろとりどりのパンジーが歌い笑う声が聞こえてくるようです。
冬眠まで時間がない忙しいだろうアリさんたちは、私には目もくれずに、見えない時計を持って走り回り、
にぎやかで大いそがしな様子を想像していました。

 秋といえば、日の入りの時間が早くなり、ゆらめく影は長くなる。
だけど、見えなくなった私は年中真っ暗で、太陽のかたむきなど感じることがありません。
でも家の中にいるよりも、やっぱり自然の中にいた方が、自分の身体で
風のあいさつや太陽のあたたかさ、温度の変化やどこかの家の夕飯のおいしそうなニオイなどから、
様々な生命を感じることができたり、時間のうつろいも感じられる気がします。

昔読んだ“坂の上の雲”で、病床にあっても、のぼさん(正岡子規)は自然を切望して、
寝たきりの病床から庭を眺めては句を作っていました。
私のように自然から生命力を感じていたのでしょうか。

[PR]
by mi-yu-yu | 2017-10-04 09:51 | 日々のこと | Comments(0)

お散歩

“お散歩”

昨晩は遅くまで母校の後輩とおしゃべりをし、

おまけに夜は
本を書くという仕事をすることに目覚めて、

夜中に目がさめたときに考えていたことを
メモしておかないと眠れなくなり、

なんだかおかしな睡眠になってしまいました。

お昼前に起きた私でしたが、
それでも、なんとか眠い目をこすりながら
用事があって有楽町まで…。

用事をすませ、さて帰るか…というころに、

「寄っていく?」というカピバラさんの言葉にあまえ、
日比谷公園に立ち寄って帰りました。

その日の気温は秋分の日らしくさわやかに涼しく、
散歩が気持ちのよい秋のお天気でした。

日比谷公園には、散歩道があるので、
カピバラさんが車イスに座って足でかじとりをしてくれて、
私が車イスを押す形でお散歩しました。

必死で歩いている私の足は、
昔とは違って「なんでこんなに?」
と思うほどフラフラしていて、
時々よろめいて倒れそうにもなったので、

きっとすれ違って私を見た人には
「あやしいひと」とか、
「この人大丈夫かな?」とか、
心配されたかもしれません。

でも、カピバラさんのかじとりで、
道をそれて大きな木の幹をさわったり
(昆虫がいたらどうしようかと思ったけど)、

小さな教会を眺めたり、
タイの航空会社を見つけたり、

いろんな発見があって
お散歩するのがとても楽しかったです。

医療の行く先により、
あと何年私は生きているのかもわからないけれど、

年をとって、目や耳が不自由になっても、
こんなふうに笑いあいながら、
自然の中を歩いていけるって幸せなことだと思いました。

「焦るな、焦るな。
今できることを精いっぱいやればいい。
大丈夫だ。
傷つくことを恐れては、歓喜はないのである。」

(岡本太郎さんの解説文からイメージしてみました)

みゆ

ーーー

みゆさまへ168.png

本を書く仕事?
また何かそんなお話が??

意味深な、思わせぶりな
導入部・・・

そして終わりの言葉は、

岡本太朗の生き方に励まされて、みゆが
自分に言い聞かせている言葉かな・・・

岡本太朗がそういったわけではないのかな??

傷つくことを恐れるどころか、
傷だらけになって、果敢に?
歓喜を求めているみゆさま。。。

焦らなくても大丈夫ですよー。
そんなに頑張らなくても大丈夫ですよー。

歓喜はその力みを手放した時に
やってきます。強みはそこに・・・
(ゆゆの言葉。←予言??)


穏やかな「散歩」のお話が

なんだかモヤモヤ、謎につつまれた、
「迷文??」にサンドイッチされています。

迷文には迷文返し。

いったい、どんな本を書くつもりなんでしょう。

ゆゆ
ーーー

みゆより168.png

強み、なんですか?

最後の言葉は岡本太郎のは、
一つの作品の解説から
いろいろなことをイメージしたものなので、
一応私の言葉です。










[PR]
by mi-yu-yu | 2017-09-25 20:58 | 日々のこと | Comments(2)