大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:入院生活( 7 )

家はいいなー

“家はいいなー。”

ベッドに寝ながら、本を読んで、
「眠くなったら寝る」を1日繰り返しています。

病院での生活は、規則正しすぎて、私の身体にはしんどいので、
自分の起きたいときに起きて、寝たいときに寝て、食べたいときに食べれる、
それがとても幸せだと感じます。。

病院では、夜は9時に消灯で、体調がわるいはずなのに
習慣とはおそろしいもので、

消灯してもいつもの夜ふかし生活がたたって、
消灯後もしばらく眠れません。

でも、朝はまわりの患者さんと同様に、
眠り足りなくても7時ごろには起こされます。

1日3回体温をはかったり、血圧をはかったり、
眠っていてもその度に起こされ、
心電図や血中酸素濃度をはかる機械も身体についていたり。

私の生命をだれかが管理してくれていることはありがたく、
安心感もありますが、やはりつながれている事よりも
私はもっと自由を望みます。

自宅で私を自由にさせてくれている両親に感謝しなければ、と思います。
元気になることが何よりの恩返しかなー。

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

みゆの場合、入院していると、

眠りながら
耳でなんとなく「看護師さんの声かけが聞こえている」ということがなく

目でなんとなくの気配で
「看護師さんが熱を測りに来た」とか察することもできないので

ちょっと熱を測るのでも、いきなりされたら恐ろしいだろうし
手書きでお知らせしてからじゃないとできないので、

寝ぼけながらなんとなく通り過ぎることができなくて
しっかり起こされてしまいますよね。

いつも、ぐっすり眠れなくなるのがみゆの悩みでした。
嬉しいことにお見舞い客も多いし。

最初の入院のときは、友達にも知らせていなかったから、
話し相手もいなくて、ゆゆを待ち焦がれていてくれたものですが、
今や、ゆゆが会いに行っても、人気者でゆっくり話なんてできません。

ところで・・・みゆが規則正しい生活を送っている間、
ゆゆも久しぶりに規則正しい生活を送っていました。

昨日もその延長で、早寝をしてしまい、
みゆのメールを見たのは今朝でした。

でも朝、早起きするのは気持ちがいい。

ついつい、みゆが頑張ってブログを書いていると思うと
夜更かしして待ってしまうのですが、

これからは、夜はみゆには好きなだけ夜更かししてもらって、
ゆゆは朝にメールが届いているのを楽しみにすることにしようかな。。。

朝にみゆがゆゆの返信を確認してからアップするとなると、
さらに、ブログのアップが遅くなってしまうとは思いますが、

みゆもブログを頑張りすぎないで、
ゆっくり自分のペースで書いていったらいいかなーと思います。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2016-04-08 07:25 | 入院生活 | Comments(4)

退院しました。

今日退院して、家に帰ってきました。
ご心配いただいた皆様、ありがとうございます。

4泊5日ほどの入院でしたが、その間、ゆゆさんはじめ、
5年前の入院の際にお世話になり、今は違う科で働いておられる病院の方々、

現在の生活でお世話になっている方々やカピバラさん、家族、
わざわざ祖母まで千葉からお見舞いに飛んできてくれました。

ちょっとまだ体力が戻っていないのと、
2週間ほどはけいれんの発作が起きないか、見守りが必要だそうです。

金曜から大学の講義が始まるので行きたいですが、
とりあえずゆっくり回復していきたいです。

まわりの皆様には多大なご迷惑をおかけしますが、
できる限り私の好きなように生きさせていただけること、
本当に感謝してもしきれません。

本当にありがとうございます。

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

ICUを出た翌日、みゆのベッドサイドにて、
(通訳で来てくださっている方もいるところで)
「大学はいつから?」と、ゆゆがみゆの手に書いたら、

みゆ「金曜日」というので
ゆゆ「今週?! まさか、行くの? 

代わりに講義を聞いてきて、代返してきてあげようか?!(←冗談)」と
ゆゆがびっくりして、みゆに(声を出しながら)書いている横で、

(それを聞いていた)通訳の方が、
「大学へ行くっていうんじゃない?」と言うと同時に、

みゆ「行きます!」

ゆゆは通訳さんと顔を見合わせて
「やっぱり・・・」

もう、日々一緒に頑張ってくださっている
通訳さんたちは、ゆゆ以上に、
みゆの性格をしっかりご存知です。

まあ、無理しすぎず、
授業でみゆの知識欲が満たされますように。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2016-04-06 23:19 | 入院生活 | Comments(3)

退院しました!

055.gif yuyuさんへ

こんばんわ!ついに退院しました!

ゆゆさんにいただいたマカロンクッションも、
部屋にかわいく並んでいます!


病院で壁づたいに好きな時にお手洗いに行けるようになったのは
幸せなことだけど、

自分でお手洗いのカギをしめられないおばあさんが
同じ病室にいたので、

みえない、聞こえない私は、
お手洗いを使っているのかどうか?がわからない。

で、使用しているか、していないか、触ればわかるボードを、
キーホルダーつきで作ってもらったのはよかったけれど、
問題を発見してしまいました。

…寝ぼけていると、使用中の札のまま、
ひっくりかえしておくのを自分が忘れて、眠りの世界へ、再び戻ってしまう。

そして朝になっても、ずっと使用中...。


午後になって、やっと退院して、約1カ月ぶりの家に帰ってきました!

両親はケーキを買っていくといって途中で別れ、
私は彼と先にマンションについたのだけれど、

「あれ?何階だったっけ?」

部屋の番号も忘れるくらい、離れていたおうちだけど、
おそるおそるカギをさしこんだら、なつかしいおうちのニオイ。

自分の部屋の寝心地のよいベッドもうれしかったし、
ベッドに並んだお人形、まかろんのクッションかわいすぎる!

おトイレもお風呂も、新しく手すりがついていて、かなり快適ですー!

入院している間に、外の空気もすっかり秋になって、
お部屋の窓を開けているだけで、心地のよい風が頬をなでて通り過ぎていきます。

今日は1日、彼も一緒にいてくれて、
両親ははりきって退院のお祝いをしてくれました。

自分の体調が悪いと忘れてしまいがちだけど、
まわりの人たちに支えられているこの気持ちを忘れずに、いられたらいいなー。

みゆ

055.gif miyuへ

退院おめでとう!
やっと自分のペースでゆっくり寝られるね?!

ゆっくり休んで、秋学期への英気を養ってください!

ゆゆ

[PR]
by mi-yu-yu | 2014-09-21 21:35 | 入院生活 | Comments(1)
055.gif yuyuさんへ

次回のアバスチンの日が決まりました。
あーあ、ついに来てしまいました!

まだ手術から1カ月もたたないのに、保険のきかないあの点滴は、
高すぎるし、私の皮膚も、経済的にも、いろいろと痛すぎます。

そろそろ、一軒、家が買えちゃいそうな出費になりそうだけど、
耐え忍んでいる両親は、本当すごいなーと思います。

でも、もうすぐ大学もはじまるというのに、
アバスチンをして具合が悪くなっている場合ではないんだけどなあ。

あー、今日は病院での貴重な夜ですが、睡眠薬をのんだみたいに眠い。
そろそろ寝ようと思います。

みゆ


055.gif miyuへ

あれ・・・。
今日は楽しい話が来るのかとワクワクして
メールをあけたら・・・

昨日の疲れもとれないのに、
ゆゆがろくでもない話で長居をしたせい??

ああ、その後、アバスチンの話があったせいか。

まあ、昨日はエネルギーを振り絞って楽しんで来たんでしょう。
それにアバスチンの話は、それだけでブルーになるよね。

ゆっくりお休みください。

ゆゆ

[PR]
by mi-yu-yu | 2014-09-20 21:58 | 入院生活 | Comments(0)

メキメキ回復中!

055.gif yuyuさんへ

こんばんわ!
今日は、おばあちゃんも、私の回復を目の当たりにして、
とってもうれしそうでした!

手術直後の私は、ふらふらで、ベッドからの移動はすべて車椅子。
車いすへの乗り移り、それもしんどい状態でした。

(手術前は、普段も車いすですが、家の中ではつかまり歩きが基本なので、
好きな時にトイレやおふろに行っていた)

病院では、患者は沢山いるので、
お手洗いなど、どこかに行きたい時はナースコールをして、

車いすをおしてもらうお伴をお願いしないといけなかったので、
窓際のベットでも、壁際のベッドでも、どちらでもかまわず、
ちょっとスペースの広い窓際のベッドにしてもらっていました。

今日、となりのベッドのおばさんもいなくなり、ベッドの移動が可能になりました!
なので、筋肉もついてきたし、スパルタです!
筋肉を使ってあげないと!

…ということで、壁をつたってお手洗いに行ける、壁際のベッドに移動しました。

大学の後期が始まることもあって、通訳さんの手配もあるし、
久しぶりに大学の方からも連絡をいただき、

また精進生活にはげまないとなー、と胸がシャキッとする思いでした。

おばあちゃんも元気に毎日をすごしている様子が伝わってきました。

明日は千葉に帰る前に、私の好物をつくって、病院に届けてくれるそうです。
楽しみだなー。

みゆ

055.gif miyuへ

えー!? 秋学期のはじめから大学復帰??

神戸から帰った後のぐったりぶりと、
手術直前、直後のハラハラした空気からは
想像もできなかった回復ぶりだなー。

命の危険のみならず、手術がうまくいってもどのくらい回復するのかな?
意識があるのに、コミュニケーションが全く取れない
なんて事態になったらどうしよう!

とか、最悪の状態をいろいろ考えてしまって、
大学の聴講の心配だとか、そんなのはぶっとんでいましたよー。

またなんとかやれそう?

ほんとにすごい生命力と、技術の力にも
「人間ってどうなってるのー??」と

畏敬の念を抱いています。

そうかと思うとあっけなく消えていく命もある。
本当に、人間ってどうなっているんだろう。

なんにしても、みゆがまたいろいろチャレンジできるまで復活して、
気持ちも元気が出てきたのが、本当にうれしい。

あんまり、がんばれ、がんばれ!とは思ってないけど、
むしろ、もう十分すぎるほど、がんばってるよーと思うけれど、

やりたいことで、やれることは、どんどんやれるように応援するね!

ゆゆ

[PR]
by mi-yu-yu | 2014-09-16 22:39 | 入院生活 | Comments(0)

世間は3連休

055.gif yuyuさんへ

3連休の月曜日。
両親はお休みです。

でも、私が親を好きだからこそ、
笑っていてほしいし、人生を楽しんで、満喫していてほしいから、
今日休日を友達と楽しくすごしているんだろうなー、と思うと、私もうれしいです。

でも、私の1日は、ありきたりで、特にイベントもなく、
つまんない祝日になるのかなーと思っていました。

でも、休日体制の少ない人数の勤務にも限らず、
なんと、リハもお風呂もありました。いつもと変わらない月曜です。
患者のために、ありがたいことです。

しかも、わざわざゆゆさんが休日なのに来てくださって、
お昼ごはんも一緒に、しかもおまけに

ほっぺが落ちるようなチーズケーキのデザートに、
お直ししてもらったマカロンのストラップをいただきました。
ストラップをつける場所をかえてみたら、ますますかわいいです。

幸せは1人ではなれないというけれど、
まさにそうだと思える日が、毎日のように続いています。

夕はん時も、珍しい商品の差し入れをもって、
お見舞いにきてくれた方がいて、とってもうれしかったです。

最初、つまんないかなー、と思っていた1日は、
みなさんのおかげで、とっても楽しい1日となりました。
明日は久しぶりにおばあちゃんに会うの、楽しみだなー!

みゆ

055.gif miyuへ

えー、だからそういう時は、ゆゆコールしてよ!

休日に来させちゃ悪いって遠慮してるのか、
ほんとに誰かと予定があるのか
わからないから、

今日も結局呼ばれもしないのに、

どのタイミングでなら、一緒に
「のびるチーズケーキ」を食べれるかな?って
様子をうかがいに行って、

「みゆがお客で忙しかったら・・・
まあ、それはそれで、楽しい休日を過ごせてていっか」って
ふられる覚悟でいったんだよー。

ゆゆは、みゆに我慢してほしくないし、
寂しい思いをできるだけしてほしくないんだよー。

ご両親だって、みゆも楽しんでるって思ったら、
もっと楽しめると思う。

これは、みゆが親や大切な人を思う気持ちと同じようなものだよ。


でも、みゆの相手をいたわりすぎるが故の、
強がりや、底なしの寂しさは、

そして、見えない聴こえないということの
絶対的な孤独や置き去りにされている感や不安は
けして消すことはできないんだなーと、いつも思う。

それがわかっているからこそ、無理しないで
一人でがんばらないで、がまんしすぎないで
自分が楽しめる時間を大切にしてほしい。


でもさー、「別に邪魔じゃないですけど・・・」って
(ブログではいつも喜んで感謝してくれるけれど)
もっと素直に、誘ってくれたり、喜んでくれてもいいんじゃなーい?

ま、そんなことしてくれなくても、
意地でも「ゆゆを喜ばせるようなことは言わないぞ!」って

ゆゆをおちょくって笑っている姿に会うだけで、
たとえ、そんな笑顔でも、
笑顔を見るだけでも嬉しいからいいけど。

あたしってマゾ??

しかし、「彼氏にもそんな態度とるわけ?」って聞いたら、
「もっとひどいです!」だって。

愛されてると思って、安心しすぎてるな!!
まあ、そこにみゆの安心感と信頼感を感じるとホッとする??
逆説的だ・・・・

ほんとに、王女様、女王様気質なんだよなー。
(わがままっていうのとは違います)

で、そういう健気な?王女さまにお仕えしたくなる人が
じぶんも含めて、世の中には意外といるんだね。

でもそれも、たとえ強がっていても、上から目線でも、
みゆの根っこにある優しさが、外ににじみ出ているからなのかも。

うーん、また褒めてるのかけなしているのかわからない文を書いてしまった。
でも、これはきっと、悪口ではないと思う。

明日も素敵な一日になりますように。
また、おいしいものが食べられますように。

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2014-09-15 23:54 | 入院生活 | Comments(1)

ナースコール

055.gif yuyuさんへ

ナースコールって、どんなタイミングでおせばいいのかわからないから、
特に夜は難しい。

私はトイレから遠い窓際のベッドなので、
お手洗いまでつたい歩きができず

トイレにいきたいときはナースコールをおして、
ナースさんに車いすを押してもらって部屋のトイレまで行くのだけど、

ナースコールを押したとき、ナースさんがおむつ交換とか、
なにか処置をしていることもあるので、
私がナースコ-ルをおしたあと、5分以上待つことも。

でも、すぐに来てもらえることもあるから、あまり前もって
コールするのも…悩みもの。

ナースさん的には、「8時からオムツ交換だから、
コールするなら8時前か、9時くらいなら、すぐこれるかなー」っていうけど、

9時は消灯で、しかもお手洗いのタイミングをあわせるのが難しい。
自分がお手洗いにいきたいちょうどいいタイミングでお手洗いにいくのが難しいです。

私のストレスはそんなところからも来ているのですが、
オムツのかたにしてみたら、「ありがたい悩み」なんだろうなあ。

みゆ

055.gif miyuへ

ナースコールはホント難しいね。

夜、飛んで行きたくても、
一人では対応できない患者さんのところに
みんなで行っている時もあるし

他の人のケアの最中で、いくに行けないときも、あるのでしょう。

でも、そうやって事前に動きやすいタイミングを
聞いておいたのは、素晴らしい!

もちろん、トイレのタイミングなんてはかりようもないけれど。

そして、それでも、その時その時の状況があって、
すぐに来てもらえないことは多々あるのだろうなー。

全介助の患者さんたちをたくさん看ている病棟の大変さも
わかるだけに、これはむずかしいお題です。


だからやっぱり、「行きたいときに我慢しすぎず、
ナースコールを押す!」しかないのでしょうね。

限界まで我慢してから押したら、間に合わないってことも!!

みゆには、「おまちください」ってインターフォンで返事をしても届かないから、
ナースさんもあせっているかもね。

でも、みゆも、これはヤバいって時は、一回押してひたすら待つのではなく、
今回はホントやばいです!って意味をこめて、何回も催促コールしてね!

出来ない時はできないんだけど、それでも大急ぎで飛んできてくれるよ。

先日、お見舞いに来ていた幼稚園児の娘ちゃんに、ママが
「ナースさんがコールを押したら、飛んできてくれるんだよ」って話したら、

「どうやってー?背中に羽がはえているの?」って、
病気のママに質問していました。

そっかー、それでナースさんは「白衣の天使」って言うのかな?
なんて、ちょっと微笑ましく思ったゆゆですが、

実際は、ナースも人間です!手は二本しかないし。
時々、「手が4,5本あったらいいのに」って思っているのではないかなー。

ゆゆは動きまわる子供たちの介護をしていた時、いつも
「手がせめてあと二本あったらいいのになー」って心が苦しくなっていたよ。

しかし、ゆゆ的には、ナースコールを押して
ナースさんに頼めるようになったみゆ

しかも、タイミングを自分で聞いておける
みゆの成長ぶりが、感慨深いです。

その時、その時っていう状況は確かにあるけれど、
勤務の人数の違いや、動きの違いは確かにあるもの。

でも基本は「無理せず、必要な時に押す!」

介護は、人間同士の共同作業。
お互いに思いやりあい、尊重し合えるといいよねー。

ゆゆもいつでも飛んで行けるといいんだけどねー。
全然、ゆゆコールしてくれないから、

どのタイミングで会いに行ったらいいのか、
全然わかんないんだよねー。

それで用もなくてもちょろちょろ行って
みゆに「なんですか?」って言われちゃうの。

まあ、いらないくらいが一番いいのかな?

つい心配になって、何回も覗きにいっちゃうけど、
みゆは心配されるのも嫌いだから、困っちゃう。

で、実際行ってみると、それなりにやっているから、
ホントに大丈夫なんだろうけれど。

子離れできないのは、ゆゆなのか?!

ゆゆ
[PR]
by mi-yu-yu | 2014-09-14 23:24 | 入院生活 | Comments(0)