大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

人生は苦行?(その2)

くるみちゃん、「人生は苦行?(その1)」にさっそくコメントありがとう!
ゆゆの返信よりもいいので、(その2)は二人でやってもらいます。

ーーー

まずは、みゆの返信179.png

昨日もお返事ありがとうございました!

私の返信を“人生は苦行なのか?(つづき)”みたいな形で次の記事にするの、
いいですね。
新しい記事が1つふえるけど、前のとつづけて読んでもらえるだろうし。

私はゆゆさんの返信で、頭がおかしくなりました。
いつもそんな感じですが、自分にはない気づきをいただいてます。

私にとっての苦行は、苦しみによって、
「新たな境地」にたったりすることですかねー。
日々の苦しみも、人によっては苦行になると思います。

それで、私は今が苦行だとはあまり感じていません。
というのは、病気になる以前と比べたら、
苦しいことも多いけれど、今は支援していただいているから、
なんとなく心があたたかい。

それは、もうろうになった最初の時点で
ゆゆさんに出会えたのも大きかったのだと思います。
もうろうになったのは、
まさに苦しみ以外のなにものでもないと思うけど、
心のクッションとなり、たくさん輪を広げていただきました。

耳が聞こえにくくなったころに、
家族以外にはだれにも頼ることができなかったころを思うと、
電車のアナウンスなどもよく聞き取れず、
授業もよく聞き取れなくなって、
あちらこちら視覚情報を探したり、
ハンディが軽いと心がついていけなくて、
人にあまりわかってもらえなかったりしてつらかったなー。

今は、自分ではわからない分、
人に頼れたり、聞いたりできるから楽なところもあると思います。
だけど、同じ場所にいながら、私だけ会話に入れなかったり、
なにを話しているのかわからなかったりするのは、
視覚からも口を読んだりできないし、
なにをしているかもわからないから、
やっぱりさびしくて、つらいなー、と思います。

疲れていても、会話をするためには
ゆび点字を読まなきゃいけないのもつらい。
目や耳が使えて健康なら、それだけでどんなにいいか、
どんなに幸せだろうって思います。
でも、それを昔の私は気づけなかったから。もったいなかったなー。

みゆ

ーーー

くるみちゃん179.png(苦行その1へのコメントより)

「苦行」って何だろう…ね。って思っていたら、大学時代の私たちの会話を思い出しました。


何で私達が障害を背負うのかって。お互いに障害の内容は違えど、中途であることには変わりなかったから、色々話したよね。

だけど、仕事の人間関係で本当にうまく行ってない今、当時とは全く違う種類の苦しさがあるなって思った。

苦しさって、その度違うように感じるから、どれが一番の苦行ってないんだろうね。だから「人生は苦行」っていうのはしっくりきました。

人間っていくら苦しんでも、今感じてる苦しさが「一番苦しい!」って思うこともあるのかなって。
それも過ぎ去ってしまうと…考えが変わる苦しさだってある。

その2を楽しみにしています!

くるみ

ーーー


ゆゆ179.png  

「やむにやまれぬ苦行」をがんばっている二人ですが、
その苦行から、いい意味での「新境地」が開けることを願っています!

それにしても、みゆの返信を見てないのに
くるみちゃんのコメントが、
みゆの内容に共通していて、返事っぽいところがすごい。

それだけ二人が一緒に悩んで、語り合ってきたからなんですね!

みゆもくるみちゃんも、
いろんな形の苦しさを

いくつも乗り越えてきたし、
今も抱えているものもあるのでしょう。

二人の場合は、周りの人の理解で苦しみが
和らぐこともあると思うから、

ハンディキャップには、見えるものだけではない
奥行きがあるってことが人に伝わるといいな。

ゆゆ








[PR]
Commented by くるみ at 2018-02-08 21:07 x
その2を見て、みゆもその時々で苦しさを感じていたんだな…と考えると、「人生は苦行?」にぴったりの内容だね。

今よりもずっと聞こえていた頃の方が、私も聞こえに対してはもっと苦しみをもっていたな。今まで当たり前のようにできていた「コミュニケーション」が取りにくくなったからね。

最近は聞こえに対して、苦しさを感じることが少なくなってきたかな。うまく聞き取れなくて、聞き返すと嫌な顔する人たちと付き合わなくなってきたからかな。

いや、今感じている苦しさの方が、「今は」上回っているんだよね。でもきっと、この先違うことが「一番の苦しみ」になるだろうし。

だけど、全ての苦しみは、無駄にはならないって、かなり後に気付く気がする。
苦しいときは「何で私だけ…」ってドン底に落ちるけど、振り返ると「あのときに、こんなことがあったから、今の私がある」って思えるんだよね。

ゆゆさんは苦しみの先が見えるドアへと導いてくれるような気がする。そのドアを開けられたときは、苦しさを乗り越えたときなんだろうね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mi-yu-yu | 2018-02-07 10:32 | Comments(1)