大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

父の還暦バースデイ


“父の還暦バースデイ”

2017年9月22日、
父が誕生日を迎え、いよいよ還暦となりました。

今まで勤めた会社は9月いっぱいで定年退職となり、
新たな職場に10月から勤めることになっています。

22日の誕生日当日の夕食は、
家族が全員そろえないということで、
前日21日の夕飯にささやかな誕生日会をすることにしました!

私はいつもソファーに座ってごはんも食べているのですが、
この日ばかりは“一緒に食卓でお祝いしよう”ということにしました。

壁をつたって、栃木で長年使っていて今の家にも持ってきた、
よく覚えている丸テーブルの食卓に移動。

自分の料理の範囲がわかるように、
テーブルの上にしきりがあるほうが私はわかりやすいので、

いつも食事はおぼんに並べてもらって、
それをテーブルに乗せているのですが、
今日もそうしてくれていました。

母が用意してくれたささやかな誕生日ディナー。

母が私のとなりの席にすわって、手に
「メニューは左から、ステーキ、コーンスープ(私の好物)、サラダ。
奥左にアイスミルクティーと、奥真ん中にノンアルコールビールをおいてみたよ。」

手をそえてもらいながら、
テーブルの中央のフルーツタルトにろうそくをさし、
チャッカマンで火をつける。

母が私の手に書きながらハッピ-バースデーの歌をうたい、
ノンアルコールビールでかんぱーい!

声は聞こえないけれど、グラスに両親がコツンコツンとあててくれるのを感じ、
私も両親が笑顔でグラスを片手に
「おめでとーー!!」とお祝いしている、乾杯の情景が思い浮かびました。

「このタルトはだれの趣味なの?パパの趣味じゃないよね?
私はチョコケーキがよかったけど、ママの趣味でしょ!ー」
ブツブツ…と言っていると、

タルトにお店の人がつけてくれた
“HappyBirthdayぱは”(←1つの“ぱ”の丸がとれてなくなっちゃったらしい)
チョコプレートを半分父がくれました!
あーー、やっぱりチョコはおいしい。優しい。ありがとう!

「さて、プレゼントをわたしましょーか!?」と母が私の手に書いたので、
私はさっそく父が座っていると思われるほうに包みをさしだしました。(中身は厚めの名刺いれ)

「ママからはこれ。スーツの上からも背負えるようになっているかばんだよ。
年をとったら、転んだ時とっさに両手があいてることは大事だからね」
と私の手に書きながら、父にプレゼントを渡し、

母と私がそれぞれお祝いのメッセージをそえました。

「ありがとうございます!新しい職場で使えるものばかりだ!」

向いの席に座っている父はテーブルの上に料理があるため、
最初の「ありがとうございます!」くらい書いて、
そのあとはとなりの席の母が書いてくれました。

父が包みをあけて、かばんを背負い、
背負っている姿を私に触らせにきてくれました。

母が私に「わかる?」と聞くので、
「うん、まあ」(←ランドセルにしか思えないけど?とは言わずに)と答える私。

祖父(母方の)の還暦のころはどうしたんだっけ?という話になり、
「みゆが5歳のときだよね!」と書いたので、

全然覚えていない私は、
「そんな小さかったけどこの世にいたんだ」とビックリでした。

いつも、あらぬことでよく喧嘩をしている両親に
「仲良くしてよね」と言うと、2人は握手をしたらしいです。
しばし休戦か?
(いつもこんなかんじ)

私は父が30歳のときの娘で、もう来年私はその時の父と同い年になってしまう。

昔は父が定年になるころには、両親にもっと楽をしてもらいたかったのですが、
逆に私は病気になって、いまだにお世話になっていることを申し訳なく思いました。

でも、思えば毎年毎年、家族3人と1匹、
だれかの誕生日には小さいころから母の手作り料理でお祝いをして、
休みにはスキーやキャンプに行ったり山登りをしたり、
旅行もたくさん連れていってもらいました。

クリスマスも、クリスマスソングをバックミュージックに、
母が豪華な食事をつくってくれたり、
私の好きなオーケストラのクリスマスコンサートにつれていってもらったり。
父が真っ赤な顔をして演奏してくれたサックスの音色も覚えています。

その時々に悩みはあったんだと思うけれど、
幸せに暮らしてきたなーと、改めて思います。

そして、こんな娘でも、今もずっと
大切にしてもらっていることに大きな喜びと幸せを感じます。

母方の祖父母も、初孫の私をかわいがってくれましたが、
そんなふうに育ててもらったからこそ、
私は大きな試練にも負けない心を育てることができたのではないかと思っています。

そして、今も幸せに生きられていることは、
たくさんのすばらしい出会いがあり、多くの恩人のおかげだと思っています。
その根本として家族がいる。

この29年の感謝をしているからこそ、
「もっと頑張らなくちゃ!」と私は焦るのですが、
全然親孝行できず、それどころか迷惑をかけっぱなし…。

だけど、この家に生まれて、よかったと思っています。
平和な毎日の中、家族や大切な人が健康で、
どこかで穏やかな毎日を送れていること。
そんな日々が、私はすごく幸せだと思います。
生きているってすばらしい。

パパももう還暦ですが、両親ともども、いつもありがとう。
そしてこれからもよろしくお願いします。

みゆ

ーーー

みゆパパさん
還暦おめでとうございます。

そして、長年のお仕事お疲れ様でした。

ゆゆ

[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mi-yu-yu | 2017-09-27 23:11 | Comments(0)