大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

後期スタート

ゆゆさんへ055.gif

大学の後期授業が始まりました!
後期は、発達心理学やパーソナリティ心理学を勉強します。

特に今日感じたのは、発達心理学を勉強していると、
なんだか私はいい時期に盲ろうになったような気もしました。

今までは、社会に出る直前に盲ろうになり、
お勤め経験のないことが、とても大きな私の弱点に思えました。

でも、それまでは学生で、好きに学ぶことができ、
「いざ、社会に出るぞ!」って、

みんなが自分の人生を真剣に考え出す時期だったからこそ、
私も盲ろうになった自分の人生を「私だって負けてられない!」
と真剣に考えるチャンスにもなったのかも。

それに、有名な心理学者のユングの言葉に、
「人の一生は、日の出から日没に似ている。」というのがあり、

私も“わかるなあ…”と思うのですが、
私にとって、太陽が1番高い時期はすぎたかもしれません。

でも、やっぱりそれも、
大学時代が太陽が真上にあった時代だったのかもなーと思います。

だんだんと日がかたむいてきても、その後の価値観や私にとっての幸せ、
今私に幸せを運んできてくれる人たちへの出会い、
すべて大学時代、とりわけ復学後に得ることができました。

「太陽が真上にくる時期に向かって、人は一生懸命がんばる。
それはいい会社に入るとか、お金もちになるとか、
きれいな奥さんをもらうとか。
でも、太陽が真上にきたら、価値観はそれぞれにかわっていく。」

先生はそうおっしゃっていましたが、本当にそうだなあ…と最近思います。

午前中は太陽の昇る勢いに任せて、強い日差しに無我夢中で過ごすけれど、
午後の斜めに翳った日差しの中で、人は振り返って
いろんな人生を考えたり、自分にとって大切なことを思ったり、
熟されていく気がします。

みゆ

ーーー

みゆさま055.gif

え、みゆの場合はまだまだ「燦々と照る、太陽の下」
「まだ日が昇っている最中」ではないのかな・・・?!

人生の午後って、中年期以降かと思うんだけど・・・。
人生を季節に例える場合もありますよね。

みゆは季節でいうと、

春が終わって(思春期が終わって、青春がすぎて(?)・・・)
これから夏真っ盛りに向かっている、「初夏」なんじゃ??

みゆは、生き急ぎすぎ・・・?!

盲ろうになった時、みゆは大学生だったので、
ゆゆは(元の場所に帰るのは)「ギリギリセーフ!!」
「大学生で良かった」と思いましたよ。

社会人になっていたら、元の場所(職場)に戻るのは
おそらく不可能だったと思います。

社会に出て行こうとしているみんなと一緒に、
みゆも「どうやって社会で生きていこうかなー」
と考えることができたのも良かったですね。

なんにしたって、盲ろうになるのは衝撃的で大変なことだから
大学に戻るチャンスをフイにしなかっただけでも立派でしたよー。

もうほんと「ギリギリ」「崖っぷち」ばかりでハラハラしました・・・。

際どい人生のエッジ(崖っぷち?)をサバイバルしているみゆですが、
そのチャレンジ精神が立派です。

まあ、まだ新緑、夏真っ盛りのみゆですから、
「盲ろう」も立派な仕事として、取り組んでみたらどうでしょう。

「盲ろう」で社会で生きるということは、
立派な「社会人」です。

「滅多にない体験を経験しお伝えする仕事」を
職業にまで発展させられるといいですよね。

残された少ない感覚をどのように活かしているのか、
見えなくて聞こえない状態で、社会をどのように経験するのか
誰にもできない「レポーター」のお仕事です。

職業人として「いいレポート」をするためにだって、
スキルを磨く必要があるんです。

盲ろうから全く解放される時がないのが、大変ですが、
本当に仕事にのめり込む人、ライフワークをしている人は
生活のすべてが仕事に結びついていると思うから、

24時間「盲ろう体験」は大変だけど、楽しむことも含めて
仕事にもつながっていくと思うから、遊びも仕事と思って
お楽しみください!!

ちなみに、夕暮れ時の大好きなゆゆは、
「人生の午後にも素晴らしい時があるのではないか」と思ってます。

人生の正午をすぎた後、肉体は衰えていくけれど、
精神はさらに高まっていくという話もありますし、

年をとることを恐れずに、でも「今この時」、
「若さ」も満喫して、

もう二度とめぐってこない
それぞれの季節を味わいつくすというのが
人生の醍醐味ではないかなーと思うので、

若い今、人生を模索しながらも楽しんでくださいね!

昔(みゆの年の頃)尊敬する人生の大先輩が、
ゆゆに贈ってくれた詩をみゆにも送ります。




青春   サムエル・ウルマン 作山宗久 訳 

青春とは人生のある期間ではなく、
心の持ち方を云う。
薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな手足ではなく、
たくましい意志、ゆたかな想像力、燃える情熱をさす。
青春とは人生の深い泉の清新さをいう。

青春とは臆病さを退ける勇気、
安きにつく気持を振り捨てる冒険心を意味する。
ときには20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。

年を重ねただけで人は老いない
理想を失うとき初めて老いる。
歳月は皮膚にしわを増すが、熱情は失えば心はしぼむ。
苦悩・恐怖・失望により気力は地に這い精神は芥にある。

60歳であろうと16歳であろうと人の胸には、
驚異に惹かれる心、おさなごのような未知への探求心、
人生への興味の歓喜がある。
君にも吾にも見えざる駅逓が心にある。
人から神から美・希望・喜び・勇気・力の
霊感をうける限り君は若い。

霊感が絶え、精神が皮肉の雪に覆われ
悲嘆の氷に閉ざされるとき、
20歳であろうと人は老いる。
頭を高く上げ希望の波をとらえる限り、
80歳であろうと人は青春にして已む。

     「青春とは、心の若さである」  角川文庫

みゆより055.gif

サクセス・エイジングって言葉もありますが、
最近はご年配のほうも、元気でいきいきとしてらっしゃいますしね!

私も精神だけは、いつまでも清らかにありたいものだ…

そしてその泉から生み出される水は、
他人にも恵みを与えられるような水をうみだせたら、
なんてすばらしいことなんだろうなあ。




[PR]
Commented by 奈央 at 2016-09-28 14:35 x
私も様々な病気や障害が"この時期でよかった"と思うことは度々あります。
昨日、病院近くで白状を持った方が手話をしていたので、盲ろうの方なのかな?と思いました。
私もいよいよもうすぐ大学が始まります!!
Commented by くるみ at 2016-10-06 21:58 x
私も大学時代に難聴になって良かったと思うことある。初めから障害があるってことで仕事始めたから、仕事始めてから障害もった人よりはいいのかなって。

特に今は難聴が気にならない職場にいるからか、転勤がちょっぴりこわい…
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mi-yu-yu | 2016-09-27 09:01 | 大学でのこと | Comments(2)