大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

都庁・政党訪問

ゆゆさんへ055.gif

9月に入り、今年も友の会理事、通訳介助者、支援センター職員での
都庁訪問と政党訪問がありました。

3つの政党をまわり、お話しましたが、
お会いした議員さんたちは、みなさん関心をもって
私たちの話を聞いてくださっている様子でした。

お約束の時間が決まっていましたが、
なにかと手こずってしまった私たちに、
時間の融通をきかせてくださった場面もあり、
とてもありがたかったです。

私は盲ろうプラス車椅子ユーザー、
さらには最近は病気の影響で
大きくはっきりとしゃべる事が難しくなってきました。

そんな私が議員さん相手にしゃべるのですから、
広い部屋では私の声が届かないだろうと、
「復唱」をしていただきました。

「復唱」というのは通訳介助者さんに、
私の言った言葉を同じようにもう一度大きな声で言ってもらう事です。

その事もあって、こういう時、私はぶっつけ本番ではなく
前もって原稿を作り、「こういう事を話します」と
通訳介助者さんに渡して、文章を暗記していきます。

それをその場の雰囲気などでアレンジしてしゃべっているわけです。

ところが今回、調子良くしゃべっているところを
「(復唱のために)止まると、あれ?どこまでしゃべったっけ?
次になにを言おうとしていたっけな?」
とわからなくなる場面がよくありました。

これは、盲ろうあるあるで、
たとえば外国の方と話す時、言語の通訳が入り、
さらに盲ろうの通訳が入りなどしていると、
待ち時間が長くなって、復唱と同じようにわからなくなるのです。

特に会話って、テンポみたいなものがあるから。

かといって、ただ原稿をブレイルセンスで読み上げるっていうのも、
気持ちが伝わらないしなぁ。
復唱は難しいなあ…と痛感しました。

みゆ

ーーー

みゆさま055.gif

都庁訪問・政党訪問、お疲れさまでした。

緊張しそうな場面ですが
相変わらず、ご活躍ですね。

まだまだ暑いですから、外出も大変なことと思います。
お大事に、自分の時間もお楽しみください!!

ゆゆ









[PR]
Commented by なる at 2016-09-07 17:33 x
会話のタイムラグで自分のテンポが乱れる事があるんですね。そういう事も知らなかったので、なるほどって思います。都庁訪問、お疲れさまでした。多くの議員さんが盲ろう者の意見に耳を傾け、より良い社会になるといいですね。
Commented by くるみ at 2016-09-08 20:56 x
私もよく復唱は使うよー!
私の場合はグループ討議で声の大きさが場にそぐわないけど、大きく出すのは怖いし、ノド痛いし…で通訳さんが入るときはやってもらいます。

確かに言ってるうちに何を言ってたか分からなくなるよね。復唱だけは慣れなんだろーね。
いい方法みつけたら教えてね!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mi-yu-yu | 2016-09-06 08:46 | 盲ろう | Comments(2)