大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

運動イメージ

ゆゆさんへ055.gif

こんばんわ!
私、もうろうになってから、ゆび点字や点字を読むのに、
同じ姿勢でいることが多いんです。

だから、すごく肩がこるんですけど、休憩しようと思っても、
デイジー(音声読み上げ)で私は本や大学の資料を読むことはできないので、
なんとか点字やゆび点字から離れようと思うと、マッサージに行ったりもします。

最近見つけたお店では、店員さんに手がきをしてもらったり、
車イスを押してもらったりしているのですが、
そこのお店ではストレッチもしてくれるんです。

私はもう、身体がカチカチになってきて、
筋をのばしてもらっても気持ちいいというより、痛い!

あまりに自分の身体がボロボロになる一方なので、
危機感を感じています。

目や耳を使わないでも、外界を感じられる
ウォーキングやマラソンが好きなもうろう者も多いですが、
車イス利用だとそれも難しい。

だから私はよく歩いた道の景色を想像しながら、
室内を歩きまわって、実際にそこを歩いているイメージで楽しんでいたりします。

よく歩いた栃木の小学校までの田んぼ道。
大好きだった、千葉県・柏の賑やかな交差点。

イメージでどこへでも行けるというのが
盲ろう者の自由な点かもしれませんねー!

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

病気や障害で運動の機会がもちにくいというのは、
結構、深刻な二次障害のような・・・

家の中で瞑想しながら、ストレッチをしたりするのはどうですか?

瞑想しながら、しっかり自分自身の「今」の感覚に気持ちを向けて
肩の緊張や体の緊張を感じながら

それが温かくなったり、緊張を緩めたりするイメージをすると
少しは効果があると思うのですが・・・

あと、筋肉がここちよく伸びている感じを味わいながら、
手を上に上げて伸びをするとか、少し意識して
動かずにできることをやるといいかもね。

昔、肩をぐーっと上げて、ストンと力を抜いて落として、
その肩の感覚をしっかり味わってみるとかやったじゃない!

あと、運動しているところを実際にイメージして、
イメージの中でトレーニングするだけで、
その筋肉を司る脳が反応しているという実験もみたことがあるので

イメージの中でジョギングしたり、ソファに座りながらも
腕だけでもジョギングしているみたいに振りながらやったら?

今、試しに目をつぶって、軽くジョギングするみたいに
手を振ってみたら、肩の緊張が緩む感じがしましたよ!!

その時に、腕の振りで体を流れる血も揺さぶられて
全身の血の巡りがよくなっているところをイメージしたりしてごらん。

瞑想やイメージ、あなどるなかれ!!です。

そうそう、マッサージに行って揉んでもらった感覚とかも覚えておいて、
一人でもその揉んでもらっている感覚をイメージしたら、
結構気持ちがいいですよ!!

凝っているところにしっかり指が入って、
周りの固まった筋肉たちも緩んでいくイメージとかね。

それで顔の筋肉も一緒にじわーっと緩んで
まぶたや顎がゆったりしている感じとか
イメージで再現してみてね!なれたらできるはず!!

ゆゆ

ーーー

みゆより055.gif

以前ゆゆさんに、ベッドに寝ている自分の重みを感じることで重力を感じたり、
イメージを使ってお風呂にしずんで、
実際にも身体がポカポカになったりすることを教えてもらいましたよね。

実際、雑念をおいやって、どれだけ感覚を研ぎ済ませられるかじゃないかな、と感じました。

ーーー

ノンノン、雑念をおいやるんじゃなくて
体の感覚に集中して、今ここの感覚に気持ちを向けることで、
雑念がおいやられるんですよー。

それで、実際に、自分でリラックスした状態を作り出すことができるんです。

つい先日、ストレス対策のテレビ番組で
普段ゆゆがやっているようなことが取り上げられてました!

ばかにしないで、自分のものとしてください。
ゆゆはそれですごく人生のクオリティが上がったと思っています。

健康維持にもイメージをものすごく活用しています。
では、寝るときもリラクセーションして、心地よい眠りといい夢を!

おやすみなさい。
あ、明日はホントにやすみだ! わーい。

(仕事は好きだけど休みも好きな)
ゆゆより
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mi-yu-yu | 2016-06-22 22:50 | 盲ろう | Comments(0)