大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

口座の整理

ゆゆさんへ

こんばんわ!
最近、銀行の口座を1つにしようと整理しているので、
昨日は銀行に行って、口座を1つ解約してきました。

私、盲ろうになる前に1人暮らしをしていた頃、
普通にバイトをしていたのですが、
そのバイト先で給料の受け取りの指定銀行があって。

その時に新しく口座をつくったんですが、
盲ろうになって困ったことの1つが、

その預金通帳を自分で確認することができないこと。
そしてクレジットカードも使えないこと。

今はネットバンキングもありますし、
自分で管理できることを期待したのですが、
ブレイルセンス(点字のミニパソコン?)ではできませんでした。

それこそ、信頼のおける人に見てもらうしかなくなったのですが、
お金が絡むとなると、やっぱりちょっと、通訳・介助者には
なかなかお願いしづらい部分があり、

昨日は母に付き合ってもらって、その
まったく使っていない銀行口座を解約しに行きました。

ここの銀行には以前、母だけに行ってもらって、
事情を話し、代わりに解約してもらおうと思ったのですが、
わけを言って身障者手帳や住民票を見せても、

「ご本人の意思がはっきりしているならできません」と、
ある意味正しい対応をされました。
そして今回は私も行く事にしたのです。

それで母に通訳してもらって、銀行の方とお話しし、
解約できることになったのですが、
そのためには暗証番号の入力が必要でした。

銀行員さんに、クレジットカードを使う際などに使う機械を差し出され、

「暗証番号をお母さまに伝えていただいて、
押してもらっていただけますか?」と言われました。

それって意味あるのか、ちょっと疑問でしたが、

全盲ろうの私としては、母に向けて言葉を発しているつもりでも、
まわりでだれが聞いているかも確証をもてないんです。

だから、暗証番号を安易に口にすることはできず、
結局私は機械に自分で暗証番号を入力し、操作してみることにしました。

ボタンは電卓やガラケーと同じように、横3つ、たて3段。左上から1。
おまけに5にはポッチ?がついているのも知っていたので、
黙って難なくすませると、

銀行員さんに「すごーい!あってますよー!」
と感動して言われてしまいました!

盲ろうの方々はどうやってお金の管理をしているんだろう?

解約し終わって安心すると、銀行は3時までなのですが、
帰りは3時をすぎてしまっていました。

「裏口からお帰りお願いします」と母の通訳で言われ、
案内されるまま裏口に行くと

「あっ!すみません。裏口はバリアフリーになっていませんでした」と
母の通訳を通して言われ、また正面入り口に戻りました。

あとから母に聞いた様子では、シャッターのかたくしまった正面入り口を
わざわざあけてくださり、解約したのに銀行の方にお辞儀で見送られてしまったそうです。

10代のおわり、初めて1人暮らしをして、
自分でバイトをしたお金をコツコツ貯めて、
留学したいなーなんて夢見ていたあの頃。

その時にお世話になった銀行からも卒業してしまったようで、
なんだかジーンとしました。

さて、また新しい人生を積み上げていこう!

みゆ

ーーー

みゆへ055.gif

銀行口座の断捨離中なんですね!

でも、「新しい人生を積み上げていこう!」なんて
前向きなセリフ。いいですね!

ゆゆは、みゆと銀行の「お仕事口座」を作るのが夢なのに
断捨離中か・・・

新しい人生のために口座を作ってみる?!
まあ、今の所、入ってくるあてもないんですが。

ところで、ゆゆは、
みゆが銀行口座の断捨離決行中とは知らず、

お休みの今日は、銀行口座の整理と遺言書(正式なものではありません)を
作成していました。

もう何年も前から、やらなくちゃと思っていたけど
なかなか実際の行動に移さないままきていました。

でも最近は、ほんとパスワード管理もややこしいしね・・・

そういう遺言ノートも用意していたけど、
それはそれでかえって書くことが多すぎて

結局、ただの便箋に「私が亡くなった時」として

葬儀のことお墓のこと、身の回りの物の整理について、
その資金の出所と希望する形。

解約してもらう必要のあるもの、銀行口座と保険を
整理して書き出しました。

要するに、お金のことだけ!!

「身についたものだけが財産」というのが、ゆゆの信条で、
「フットワーク軽くどこでもいけちゃう」ことを目標にしてきたので、

実際・・・物としての資産は何もなく、守るべき家族もなく
おまけに、ネットなどの契約関係もかなりスリム化していたので、

思いの外、シンプルに逝けそうな状況であることに
ある意味ほっとしました。

(まあ、ゆゆの場合は、お一人様のフリーターなので、
銀行管理ができなくなった時や
超長寿リスクへの備えの方が大事なのですが)

葬儀も家族でこじんまりお別れしてくれたらいいし、
お墓もいらないから樹木葬とか、
家族が処分しやすい形でしてもらえばいいと思いました。

ゆゆの好きな言葉は、マハトマ・ガンジーの
Live as if you were to die tomorrow.
Learn as if you were to live forever.

「明日死ぬと思って生きなさい。
永遠に生きると思って学びなさい」

今のところ実践できているかな・・・と振り返って
有意義な1日でした!

ゆゆ

ーーー

みゆより055.gif

ほんと、死にそうになってから焦っても遅いんですけど、
私もやっと、「ちゃんと生きる」ことができるようになってきた気もします。

明日もあさっても生きているかどうかなんて、
本当は誰にもわからないのになーー。

今、この一瞬を一生懸命生きていかないと!
と思います。

おやすみなさい!
[PR]
Commented by なる at 2016-06-10 19:58 x
断捨離と整理、大切ですよね。
今、私が死んだら家族はどこに何があるか分からず大変だろうなー…。
お二人のブログを読んで気づかされることが、いつも沢山あります。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mi-yu-yu | 2016-06-10 00:20 | 盲ろう | Comments(1)