大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「千里の道も・・・」再び?

055.gif yuyuさんへ

先日先輩とランチをしている時、
「何かを成し遂げて、形にするためには、実績をつくること。

その積み重ねが大切で、
なにもせずに結果だけ得ることはできないからね」
というようなお話がありました。

そんなこともあって、学問を極めることだけではなく、
エッセイを書きためるという方法もあるなあと思い、

私が大学院へ行くことは、とりあえず今は
自分にとって意味がなさそうだと判断しました。

今は「盲ろう当事者以外への講演などでの話の仕方」とか、
「人に理解してもらうための交渉のしかた」、
「日本語や敬語の奥深さに対する勉強」など、

そういう、生活をしていくのに大切なものを
学ばせていただけることに感謝しています。

いろいろなことを経験させようとしてくださる先輩たち。
途上な私は、中高時代のスローガンにあった、

「日々是勉強」の意味を、学問というよりも
「社会勉強」という意味でとらえています。

盲ろうになったばかりの頃は、
見えなくなって1つずつできることを増やしていることに対して、
「成長している」といわれるのが、なんだか嫌だったけれど、

今は「成長している」って言ってもらえたらとてもうれしいです。

これからもいろんな人の話を聞いて、いろんな知恵をもらいながら、
自分だけでは不可能なことも、だれかの力を借りながらやっていけたらと思います。

そして、いろんな人に助けてもらえることを、強みにできたらいいなあ。

みゆ

055.gif miyuへ

盲ろうになって外に出た頃も
「成長している」と言われたのは

「一人で何かができるようになった」ということよりも

「自分でやってみよう、挑戦してみよう」と行動していく姿や
「葛藤しながらも、前向きな方に考えよう」とする姿

その考え方や行動の変化に見られる
「心の成長」について言われていたことだったと思います。

みゆと病院で過ごしていた頃の
発想や考え方、物事の捉え方から、

いろんな人に出会って、たくさんの方の刺激を受けて
どんどん面白いくらい、変化し成長していると思います。

病院で一緒に作戦を練っていた、みゆの希望は
驚くほどに、ほとんど実現していっているけれど、

その動機は何であれ、
行動し結果を手にいれるたびに、

最初に求めていたものとは違うけれど
「大切なこと」をちゃんと学んでいっていると思います。

「やってみて見えること」っていうのも実際ありますよね。

みゆは自分の可能性について心底は信じられなくても、
(不安ですぐゆゆを揺さぶったり、答えを欲しがったりするけれど?)

そうしながらも、ちゃんと行動していくから、

結果も得られてきているし、
「不可能と思っていたことが実現している」こと
そのものが

「自信」につながっているのではないでしょうか。

大学院も日々を真剣に積み重ねていけば、
いつか行こうと思えばいけると思うけど・・・
(ゆゆも30歳過ぎてから行ったしね!)

でもいろいろやっているうちに行きたくなくなるかもしれないし。

それより、そのために大事なのは、
「生きていること」なんじゃないでしょうか・・・

生き急ぐみゆは、焦るかもしれないけれど、
道半ばで終わるということは、実は誰にでもあるかもしれなくて

だからこそ「今この時を大切に過ごす」ということが大切で、
実はそれが未来に生きていくための実績になるのです。


頭で未来を限定してあきらめるのではなく
まずは一歩でもできることをやってみること。

半歩でも前進すること、それが実績であり、
自分の大切にするものを大切に積み重ねていったら、

形は違ったとしても、ちゃんと自分の希望に沿った道にいると思います。
(思いもしなかったもっと凄い道にいるかも?!)

一つ一つの出会いを大切にしていったら、いつの間にかそれが
「最初の希望にとっても実績になっている」ということもあります。

「形は違っているように見えて、想定した以外の道を通って、
最終的には最初の希望にたどりついている」
そんなこともあるものです。

それはやっぱり、ある程度の年数たってみないと気付けないんですよねー。

大きなお城を建てるのに、魔法のように建てられればいいけれど、
それだと、幻想かもしれなくて、

建つのも簡単に建ったけど、あっという間に
泡のように幻のように消えてしまった。
・・・なんてこともあるのかも。

消えないお城を建てたければ、自分で着実に積み上げていくことで、
(それでも崩れるときもあるかもしれないけれど)
お城にいる時の安心感は増すのではないでしょうか??

それにそれを建て続けている間、そのお城をちゃんと
イメージできているのではないかな?
(「幻想のお城にはいつでも住める」ってこと)

なんにしても、あーだのこーだの理屈ばかりこねて、
実際にやってみない、行動しない人がたくさんいる中で、

みゆは不安に揺さぶられながらも、ちゃんと一歩前に進めるから、
それなりの手応えも得られているし、

それがまた次の行動を踏み出す勇気にもなって
結果も出るという、いい循環も起こってくるのだと思います。

大きなことを考えて、
「そんな小さな一歩じゃなんの足しにもならない」なんて言わずに
まずは一歩進める。

それがたどりつく道! みゆの「大物への道?!」

どんな「大物」になるのか、楽しみにしてまーす。
ゆゆは無理だとは思いません!

でも、それには昔から言ってるけど、

「千里の道も一歩から!」
まずは、ダメかもしれなくても「やってみる!」
それが大事?!

みゆの「希望をたずねて三千里?」の
冒険の道を共にしている、 ゆゆ(←アメディオか??)


みゆより055.gif

まじめに笑わずに夢の話を聞いてくれる人がいるかどうかって大切ですよね。

(ゆゆは、大真面目に受け取って、一緒に夢見てますよ!!)
[PR]
Commented by ぴい at 2015-08-18 23:45 x
じーんときました。
そうですね。思い通りに進まなくて落ち込むこともあるけれど、ちょっとずつ歩いて行ければいいですね。その努力は、いつかきっと、何らかのかたちで、報われると信じます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mi-yu-yu | 2015-08-17 23:08 | 大学でのこと | Comments(1)