大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

盲ろう者の社会参加

055.gif yuyuさんへ

熱が出ました。今日は1日ベッドの中です。
明日から予定がつまっているのに、どうしよう。
意地でもなんとかします!

さて、今度の人材育成会では、「盲ろう者の社会参加促進」について話合います。
でも、私自身、どうやったら社会で生きていられるのか、模索中なのに、
どうすればいいのかなー。

世の中にはいろんな人がいることを認め、お互いを尊重しあって、
たとえコミュニケーション量が80パーセントになったとしても、

どんな人とも笑いあえたほうが、そこから生まれる幸せな人生の充実感は、
はかりしれないものになるのではないかなー。

誰かとつながり、通じ合う、
相手を受け入れて、相手にも自分を受け入れられる、
それってすごく幸せな瞬間だと思います。

それぞれの違いを自然とみんなが受け入れられる、みんなで支えあえる、
そんな社会がいいなー。

そのためには、欠けているところを少し補ってもらえば、盲ろう者にもできることがある、
任せても大丈夫、という信頼をつくる必要があるのかな??

そして、障がいがあっても信頼されるような人間になるためには、
盲ろう者にこそ、教育が必要不可欠なんじゃないかと考えます。

障がいを持ったからといって、ひもじい情報のカケラを拾い続けさせるのではなくて、
みんなで伝えあう努力ができたらいいのに。

「盲ろう者の社会参加」のためには、
情報を得る手伝いをしてくれる、通訳介助者を育てていくことが大切なのかなー。

でもその一方で、気づいた人がそっと補って、一緒に楽しめるような努力ができる、
そんな世の中がステキなんだけどなーとも思います。

みゆ

055.gif miyuへ

基本的人権を保障するというのは、国として必要だけど、
制度があるから、それでいいってものでもなくて、(制度もないけど!!)

みんなが自分のこととして考えて、制度上の安心を得た上で、
みんなが自分だったらと考えて、ハンディのある人の立場を想像してみる。

お互いが人間として、相手を思いやる、
お互いにできることを尊重し、提供し合う、

そういう社会が、心豊かな安心できる社会だなーと思います。
そして、そういう想像力や思いやりが、制度なども充実させていくんでしょうね。

制度と思いやりは、車の両輪ですね。

もう社会があんまり忙しくてキリキリしていると、他人を思いやったり
相手の状態を想像する余裕もなくて、困りますねー。

みゆとスローライフを提唱して行きましょうか・・・。

ゆゆ
[PR]
Commented by リディア at 2013-02-07 09:30 x
風邪っぽいって書いてあったから、大丈夫かな~と思っていたら
熱ですか~~!ここのところ寒暖の差が激しいしね。今年の風邪は
しつこいので、無理しないでね。どうぞお大事に。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mi-yu-yu | 2013-02-06 19:42 | 盲ろう | Comments(1)