大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

成人の日

055.gif yuyuさんへ

朝、目がさめると、ひんやり。
カーテンと窓をあけると、そこは雪国でした。

マンションのベランダにつもる雪!!

積もった雪にふれてみると、シャリッとした触感が、冷たく体にしみわたります!!
おまけに今日は成人式。

私の成人式は、こんな大雪どころではなく、とてもすんだ青空が広がっていて、
寒かったけど、気持ちの良い日でした。

成人式に着物を着るなんて、あまり興味がなくて、
かわりにそのお金でフランスに行きたいと思っていた私。

結局はレンタルすることになったけど、フランスも行けるはずだったのにな。
きっとその時はフランスが私を呼んでいなかったんだろうな。

着物はなんだかくすぐったくて、窮屈だったけど、
おしとやかで清廉な日本女性気分になって、心地よかったな。

とても幸せで、楽しかったのを覚えています。

あの時は、私も未来に夢がいっぱいつまっていて、すべてが輝いて見えました。
目も耳も使えていて、それが当たり前だと思っていました。

でも、あの時は想像もしなかった未来が、今ここにあります。
私は何かをまちがえたのかな?
おかしな歯車を動かしてしまったのかな?

違う道を選べば、もっと違う人生になったのかな。
でも、そんなこと考えても考えても、どうにもなりません。

今ある複雑な人間関係は、この人生の賜物です。

だから、私の人生に、なにもムダなことはなかったんじゃないかなーと思います。
いつも、その時、その時、あらわれたミッションを感じながら、一生懸命生きてきました。
それは、なにも私だけではないと思います。

それだけで十分だ。
自分の人生の主役は自分自身。

だから、自分の人生を生き抜いてきた自分を認めて、少しはいたわってあげるのも大切かも。
疲れた時は休めばいいじゃない、と思います。

何のために生きているのか、自分は何ものになりたいのか。
だれに褒められたいわけでも、怒られるわけでもない。

小さな幸せをいっぱい感じて、ただ自分の人生を一生懸命生きよう。

みゆ

055.gif miyuへ

成人の誓いのようですね。
この回想は、ドラマのワンシーンにできそう・・・。

澄みわたる青空に振袖を着たmiyu。
キラキラまぶしく輝く景色。晴れやかなmiyuの笑顔。

(すっかり脚本家になっているyuyu.)

まさか、miyuのドラマに自分が犬として登場するなんて・・・
私も20歳の頃には想像もしなかったなー。

フランスのラベンダー畑で、
フランスの風を受けながら颯爽と立っているmiyu.
その周りを無邪気に駆け回るyuyu犬??


ゆゆ

miyuより055.gif

本当にさむいですね。
私にとって、犬は最上級のほめ言葉ですからね!!!

yuyu : ありがとう?! 私もそう思って受け取っています。わんっ♪
     でも、この雪。「犬は喜び、庭かけまわり・・・、猫はコタツで・・・♪」
     ・・・だけど、今日だけは、猫にさせてください。みゆも疲れた時は休んでね。

miyu : おもしろーい!!ゆーきやこんこん、歌いました。とても気分が明るくなるなー。
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mi-yu-yu | 2013-01-14 21:37 | 回想 | Comments(0)