大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

素晴らしい授業

055.gif yuyuさんへ

今日の翻訳論のテキストは、前々から楽しみにしていた、谷崎の「細雪」!
関西弁と美しい着物と、古きよき時代の日本の情景と…
とてもきれいで、美しく、あらためてうっとりします!!

フラ語にはフラ語のいいところがあるけれど、
こういう日本語ならではの言葉やいいまわしの美しさを感じると、
やっぱり日本語も味わいがあって好きだなーと思います。

だって、この小説では関西弁などが大切な要素であるのに、
それらはフラ語では表現できない難しさがあります。

それなのに、その美しさを感じ取って、なんとかうまく翻訳しようとしている
フランス人の先生は、本当にすごいなーと思います。

今日は先生の言っていることがすべて聞きたくて、
パソコンやゆび点字を通さなければ聞けないことが、ムズムズもどかしかったです。

「あーあ、いいなー、みんな聞けて。」とクラスメイトが羨ましい気持ちでした。
聞こえて見えているうちに、この講義を受けられたら良かったなー。

今の私は、文字に変換されて伝えられる、魂の抜けたような言葉しかわからないし、
状況も察知できません。

でも、言葉と真剣に向きあって、うなって考えている先生と、一緒にうなりたいです。
こんなにすばらしい授業なのに、ほとんど終わりの時間にやってくる学生さんたちもいて、
本当にもったいないなーと思います。

自分の身体の機能をどう使うかはそれぞれの自由。
どんなすごいことをしてきたのかはわからないし、
私にとってはどうでもいいことです。

でも、その機能は当たり前のものではなくて、
ありがたいことだということは感じていてほしいなー。

なくなってからいくら悲しんでも、月日は戻りません。
もう遅いんですよー!

みゆ

055.gif miyuへ

みゆからの大切なメッセージです!

そして、みゆは、
「先生と一緒にちゃんと言葉に向き合って、うなってきたんだなー」と
感じましたよ。

みゆは、「普段、大切なのに忘れられていること」、
その辺に宝がゴロゴロ転がっているのに気づかないこと、

そういうのを気づかせてくれる大切な存在だと思います。

まあ、その授業の美しさや宝物を拾えなかった学生さんたちも、
他で、しっかり宝物を拾っていたなら、何よりですが・・・。

宝物は人それぞれ。
でもちゃんと、宝物の素晴らしさを感じながら生きられるといいよね!
そうでないと、それこそ「宝の持ちぐされ」

みゆもみゆの宝物をちゃんと拾ってくださいね。
yuyuの宝物は、こうして宝物の存在を教えてくれる人たちとの出会いです。

おかげさまで、日々幸せで、宝の山に埋もれています・・・。

ゆゆ
[PR]
Commented by くるみ at 2013-01-11 13:47 x
私も「この授業面白いから、一言一句ちゃんと先生の口調で聞きたい!」って思うことある。でも周りは居眠りをしていると「うらやましいな」と思いつつ、テイカーさんを眺めたりして現実逃避をしたりしています。
でも私が健常の時にこんなに授業を大切にしていたのかな…?
していなかったと思う。
でもこれはmiyuが私にいつも言う「ないものねだり」じゃないかな…って思うんだよね。
この状況になったからこそ「授業が面白い!」って思えるんじゃないかな?
見えて聞こえるmiyuだったら、居眠りしてたかもしれないよ(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mi-yu-yu | 2013-01-10 22:49 | 大学でのこと | Comments(1)