大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

レポート完了

055.gif yuyuさんへ

あーでもない、こーでもない、と
ダラダラ3週間以上頭の中を占領しつづけてきたレポートさんたち。

春学期は日本語の点字もあやしい状態だったので、
フランス語を使ったレポートは書けず、先生にお許しをもらっていました…。
(とても情けない…)

でも!今回の秋季レポートは、少し点字もうまくなったので、
フランス語点字に挑みました。

でも、ブレイルセンスに表示される仏点字は、何かがおかしい。
何か設定をかえる必要があるのか?

暗号みたいに表示されてしまって、全然よめません!?!
解読不能です。

文の意味がわからないならまだしも、文自体なにが書かれているのか読めないって…。
しょうがないので、母を拘束、墨字(普通の字)ディスプレイで見てもらいました。

そしてフランス語の文章を手に書いてもらう。
プリントを見るのとは違って、手に書かれる単語はどんどん消失していきます。

次の文字を書いた瞬間にこの世からなくなってしまいます。
だから、1文を書くにしても、最後の単語までいったと思ったら、
文の先頭のほうの単語を忘れていたり。

そうして私の手に、何度も何度もフランス語を書いてもらいます。
電子辞書をひくのも母の役目。

ブレイルセンスには仏和辞典が入っているけれど、和仏がない!
………。

そんな感じで、ものすごーい時間がかかって、レポートを完成させました。
それにしても…。

先生のネイティブなフラ語の発音をききながら、フラ語の本を読んで、
電子辞書片手に満足するまで辞書をひいて、言葉を追及したり、
文法の違いに悪戦苦闘したり、ブリントになぐりがきメモをしつつ、パソコンに打ち込んだり…。

そうやって、身体のいろんな機能をフル稼働させて、
思いっきり好きな勉強を好きなだけできた頃がとても恋しい。
そんなの、あたりまえのことだと思っていました。

身体の機能を1つ失ったら、ほかの部分でカバーすることはできるけれど、
以前とまったく同じように、なんて不可能。
でもその中でうまくやっていくしかないんですよねー。

みゆ

055.gif miyuへ

レポート完了おめでとう!!
(私は、なーんにも課題が終わってなくて、小さく恥ずかしくなっています・・・。)

点字の読み書きがスムーズにできるようになっただけでも、スゴイなーと感心しているのに、
秋学期は、フランス語の点字でレポートまで書こうとしていたのか・・・

本当にすごいね!

夏の一人暮らし体験の時に、「フランス語の点字も勉強を始めた」と言っていて、
それだけで、「どうやってるのー??」とビックリしていたのですが・・・。

一年前の今日はまだ、普通の点字の一文字も知らず、
二年前の今頃は、(耳は聴こえなくなっていたけど)普通の大学生3年生として
就活していたのに。

この一年、「見えない、聴こえない、真っ暗闇の新しい世界」で生きていくために、
本当に努力して、環境に適応しようとし、更に、自分なりの道を切り拓いて来ましたね。

立派すぎて、恐れ多くて、足元にも近づけません・・・
これからは、miyuに喝を入れられまくり、スパルタ返しされるような・・・

今年からはmiyuが望むように、ただの気楽なおねーちゃんとして、
気が向いた時に、おしゃべりに行くね。レポートの邪魔しない程度に。

ゆゆ

miyuより055.gif

わお!うれしいー!!
でもおねえちゃんはスパルタするものなんですよねー??

yuyu : えっ?!最後の文は、どう考えてもイヤミなのに喜んでる・・・。
     (皆さんにはわからないと思ったけど、miyuにも全然通じてなかった・・・。)
     
     miyuは、ホントーに私がただの犬で、ただのおねーちゃんであることを
     望んでいるんですね。あーあ、私っていったい・・・。

      ま、いっか。楽しい気持ちになってくれたら、それが一番?!
     ふだんから、妹にも犬にもmiyuにも、舐められ、くわれっぱなし・・・。
       
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mi-yu-yu | 2013-01-03 20:11 | 大学でのこと | Comments(0)