大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

インターフォン

055.gif yuyuさんへ

今日は早朝から夜遅くまで、母はお友達と温泉?スパ?
なんだかよく知りませんけれど、遊びにでかけたので、
私はのびのび1人くらしを満喫中。

退院したばかりの頃は、母にとって盲ろうの私は、1人でおいて出かけるには
心配で?気がかりで?自分が自由に出かけられない、

まるで母と私はお互いに、おおいかぶさりあって、がんじがらめになって、
窮屈で、ケンカばかりの日々でした。

それが、夏の1人ぐらし体験を通して、「1人でも大丈夫」ということが実証され、
やっと母も自分の人生を歩きはじめ、新たな交友関係も生まれ来たようです。

私自身としても、「母がいないとダメ」と思われることも減って、本当に良かった。
でも、困ることもモチロンあります。

今日もそうでしたが、大学に行くのに、お迎えにきてくれた通訳さんが鳴らす
インターフォンが聞こえないこと。

ただ単に、玄関のカギを開けるだけならいいけれど、
その前には難関の2重重ねのオートロックがあります。

でも、インターフォンがなったことを、腕時計の振動で伝えてくれる、
聴覚障がい者の機械は、同居人がいると支給してもらえません。

盲ろうの私は、モニターでチェックすることもできないし、
オートロックを開けるためのボタンの位置も難しい。

それでも、母に自由に出かけてもらうためには、自力でどうにかするしかないんです。
1人くらしをすることだけが、自立なのではなく、

経済状況などの、その人をとりまくさまざまな問題によって、
1人ぐらしが難しい状況の人もいます。

そんな人が、家族と暮らしていても、自立した生活をするために、
必要なものがあるならば、必要な人のところへ届けられるようになれば いいんだけどなー。

みゆ

055.gif miyuへ

え、そんな便利な機械があったんだ・・・
必死にない知恵を絞っていたのに・・・

それ、miyuにとって普段でも必需品ですよねー。
同居人がいたって、いつも二人一緒にいるわけにいかないよね。

それって何とかならないのかなー。
絶対必要です!って福祉の窓口で叫んでみては。

ゆゆ

miyuより055.gif

こんばんわ!!
でも、「自立支援法」により、ダメみたいです。

yuyu: 自立支援法か・・・。
     最近、福祉の制度とは全くご無沙汰で、もう変化についていけなくなっちゃったな。
    すっかり世捨て人となって、心の不思議を楽しむ毎日です。

     昨日は、涙というよりも頭に来る講義だったのかなーっていう印象ですが、
     今日の制度といい、頭にくることが沢山ありそう・・・

     ほんと、頭にきちゃうね!!

     パン屋に「いつも怒ってばかりいる店長」と、
     「いつもニコニコしている障害を抱えた人」がいたら、
     
     絶対、ニコニコしている子の方が歓迎されていて、
     お店の士気にも売上にも貢献してるのに!
     
     私は生産性がなくても、笑顔で幸福感を溢れさせて過ごしているだけで、
     十分他人の幸福に貢献していると思います。

     では、明日もハッピーに行きましょう。素敵な休日を!!     
[PR]
Commented by くるみ at 2012-11-30 10:00 x
そう!
私も同居人が健常だから支給されない…!
で、私の場合補聴器つければ聞こえるので余計に。
まぁ今は補聴器なしでは怖くて過ごせないからいいんだけど、インターホンに気付かなかった経験あるから、光で伝えてくれるやつほしくて…
どうにかならんかね…。
この手の話しはうちらよくしてるね…
私もすべてのものの申請を却下されてるし、よく分かるよ…。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mi-yu-yu | 2012-11-29 21:56 | 日々のこと | Comments(1)