大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

医療人類学の予習中

055.gif yuyuさんへ

最近、 一気に寒くなったせいか、 私のまわりでも体調を崩す人が増えています。
みなさん大丈夫でしょうか。私も気をつけなければ。

さて、今週の水曜は、いよいよ、「医療人類学」です。
その響きから、もうすでに私にとって、ヤバそうな気がしているのだけれど…

現代の医療について、深く考えるということで、
授業で使う映像として、文字おこしされたデータが渡されました。
それが、なんと、「1リットルの涙」。

主人公が、「どうして病気は私をえらんだの?」と泣き叫び、
母親も、「どんなことがあっても、体のことを考えて、料理だけは手をぬかなかった。
それなのにどうして、うちの子が…?」って。

先生・・・鬼です。
これはすでに、かなりキツそうです。

入院中、「私も1リットルの涙の主人公みたいに、ドラマになれるようにがんばる!」と、公言し、
「何か立派なことをして、ドラマや映画になれるような人になろう」、と思ってきました。

でも、まだそれから8カ月程度…。
まさか、こんなに早く、目標だったけれど、見るのがツライ、
私の心の核心に迫ってくるような、映像と向き合うことになるとは…。

降水確率は80パーセントくらい??

あまりに内容が酷なので、まわりも心配してくれていて、とてもありがたいです。
でも、私はちゃんと授業をうけるつもりです。真正面から勝負してみたい。

「1リットルの涙」を見て、先生の話を聞くということは、きっとツライことです。
でも、その立ちはだかるツラさの山を乗り越えたら、また見える景色が違って、
また1つ、私の目指すものに近づけるかもしれません。

だから、乗り越えたいです。

みゆ


055.gif miyuへ

miyu親子のライバルだった「一リットルの涙」が、miyuに挑戦状を?!
「おもしろすぎる・・・!!」と笑ってしまいましたが・・・、ここは笑うところではなかった?

ドラマの門は、miyuの前に大きく開かれていて、
段差も敷居もないから、車椅子でもスーっと入っていけるのだけど、

なんと、そこへ持っていくものがまだ何にもないんですよねー。
「いい原作と、いいエピソードと、いい脚本」があれば、いつでも可能性は開かれているのに、

miyuは過去に心を閉ざして、新しい道を切り開くことしか考えていなかったし、
未来を切り拓くのはこれからだし、

現在の、「目と耳が使えなくなりました。何百リットル泣きました!」だけでは、
どうにもドラマにできないし、

何よりも「お涙頂戴」はまっぴらごめんのmiyu。
まさに「同情するなら金をくれ!」
(↑ このドラマはyuyu世代しかわからんかも・・・by「家なき子」)

じゃあ、地道に素材を作って行くしかないんじゃない??ということで、
まずは、本になることやドキュメンタリーを目指して、ここまで、やってきて、

その間に、過去の友だちとのつながりが復活し、
過去からせき止められていた流れもつながりました。

一人暮らし体験もやってみて、新しい人間関係も広がって、
少し未来のエピソードも育ってきました。

これからの未来は、どんなドラマになったらいいか、イメージしながら、
素敵なドラマを展開していくといいね!ドラマには波乱も苦しみもスパイス!

それがあってこそ、それをどう乗り越えるかが、ドラマチックなんですから、
ドラマになろうなんて勇気ある・・・。しかも目指すは、ハッピーエンド!!

友人の皆さんもドラマに素敵な味を付ける大切な脇役?ですから、
積極的にmiyuの素晴らしいドラマに関与して行って

一緒に感動の名作を作りあげてください。きっと自分のドラマも素敵になりますよ!

しかし・・・yuyuはすぐ、ヘンなアイディアばかり浮かんでしまい、
浮かんだことはやりたくなるから、

どんどん自分の道からはずれて行って、思わぬ人生になっているのですよねー。
miyuと出会ってしまい、yuyuの人生ドラマは、どんな展開をしてしまうのか・・・恐ろしい・・・。


ま、ぜひ「一リットルの涙」を検証して、自分がどんなドラマを作り上げたいのか、
よく考えて構想を練ってみてくださいねー。

って、これは「医療人類学」の授業でしたね・・・。

しかし、ドラマ実現に関する鬼レベルで言うと、おそらく
医療人類学の先生 < ゆゆ < 監督
だと思われるので、その山は練習登山として何とか乗り越えて欲しいものです。
(エベレスト登山をしている友人は富士山が練習登山だってさー)

「1リットルの涙」では、すでに負けているから、
授業中だけでも「5リットル」は涙を流してこないと・・・(こんなことに勝ち負けはない!!)

先生が授業できなくなっちゃうかも・・・

なんにせよ、その日の予報は雨。降水確率99%ということで、泣いて来てください。
お天気には逆らえません。でも、その後、キレイな虹がかかるかもしれないよ。

ゆゆ

miyuより055.gif

こんにちわ!
お返事とてもステキでした!挑戦状、受けてたちます!!!
なんかもう、ゆゆさんパワーで笑えてきたので明日もがんばりまーす!

yuyu: 「miyuによる大雨洪水注意報」発令中。警戒区域の皆さん、十分備えてください。
[PR]
Commented by くるみ at 2012-11-27 15:47 x
私が健常だった頃「1リットルの涙」を読んでから、本棚の奥にしまわれているあの本。
「病気はなぜ私を選んだの?」
これの答えは十人十色で、見つけられない人の方が多いと思う。
大雨を降らせるだけ降らしておいで!
Commented by ズレータ at 2012-11-28 05:08 x
1リットルでも5リットルでも、100リットル?でも、量より質よ(笑)。みゆは、「1リットルの嬉し涙」っていう本を書いちゃえば?

「病気はなぜ私を選んだの?」・・・ね。私は昔アメリカにいたときに、Children's Hospice (子どものためのホスピス)にかかわったことがあって、そこでなくなっていく男の子が言った言葉を思い出すよ。

「僕が200万人に一人しかならない病気になった、だから、残りの199万9千999人の人は、この病気にならずにすんだから、よかった」だって。

わたくしめは、そんなに清らかな心を持っていないので、なんだかドラマみたいな人生にはならず、たんたんと一日一日を生きながらえて、「同情しなくてもいいから、金をくれ」だな(笑) コメディタッチで人生を終えられたら最高だと思います。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mi-yu-yu | 2012-11-26 23:05 | 大学でのこと | Comments(2)