人気ブログランキング |

大学4年生で聴覚と視覚を失った☆の王女さまmiyu。 新しい大学生活のスタート


by みゆ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

パスタパーティー

7月の月命日がやってきました。

梅雨もあけて、夏本番!!
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

今日は夏の思い出をシェアしますね!

ーー

2012年8月
盲ろうになって丸一年。
退院して、最初の夏休み。

みゆは、その4月から
通訳介助の支援を受けながら
大学に復学していましたが、

まだ人間関係の広がりは少なくて
夏休みを持て余していました。

そこで!

親友(心友)のくるみちゃんも交えて
ゆゆとの姉妹の契りイベント

イタリア家庭料理教室を主宰している
ゆゆの実妹ユキキーナとその子どもと
手打ちパスタパーティーをやりました。

トマトソース系の好きなみゆの
リクエストで

トマト&チーズと、、トマト&しらす の2種類をカヴァテッリであえました。
d0265121_09124508.jpeg

みゆとゆゆ

d0265121_09143522.jpeg
指で枝豆のようなショートパスタを成形しています。
d0265121_09134848.jpeg
手書きで指導中
d0265121_09161330.jpg
試食会

当時のみゆが書いたブログはこちらです↓
この後、9月から、
盲ろう協会ではじまった

一ヵ月近い、「一人暮らし体験」の
訓練事業に参加し、

指点字のスキルの向上、
生活の仕方の工夫、
コミュニケーションの機械の操作、

様々な具体的な支援の活用
沢山の方々との出会いを自分の力とし、

自立への足掛かりと、
自信を取り戻して

活動の範囲と交友関係を
一気に広げていきました。


# by mi-yu-yu | 2019-07-30 08:10 | 回想 | Comments(2)

七夕の再会

七夕の昨日、
みゆ姫のお墓参りに
行ってきました。

おじいちゃんと二人で、
仲良く晩酌してるかしら。

みゆは、お酒は飲まないけど、、、
晩酌に付き合うのは、得意そうよね。

CAさんになりたかったくらいだし。

おじいちゃん、みゆにお酌してもらって、
喜んでそう。

ママとそんな話をしながら。。。

雨の日のお墓まいりでしたが、

みゆは、晴れ女。
ゆゆも、晴れ女。

「その時間だけ、止む」
ということは、ありそうだなーと、
雨の心配もせず行ってきましたが、、、

お見事。

お墓参りのお祈りする瞬間だけ、
雨がやみました!!

これぞ、約束の再会だね!!

ゆゆの場合は、魂の存在を信じ、
感じやすいので、

あんまり、お墓参りという形式には、
気合いが入ってないのですが、

「お墓の前で集合」というメッセージを
みゆが、ちゃんと受け取っている気がしました。

「さすがだね!褒めてあげる」と声をかけました。
(↑ほめられるのが大好きなみゆ)

そして、お墓のあるお寺に、
沢山のラベンダーが咲いて、
いい香りを放っているのを発見して、

みゆがラベンダー畑でくつろぐことも
できると知って嬉しくなりました。

めずらしいピンクの紫陽花が咲いていたり、
竹林があったり、

緑の多い高台にあるお墓は、
心が穏やかになる自然豊かな場所でした。

ゆゆの妹になったみゆに、
血のつながったゆゆの妹が、
クッキーを焼いて持たせてくれました。

姉妹の契り。

サクサクのエシレバターのクッキー、
お味はいかがでしたか?

お墓参りのあとは、
ママといっぱいおしゃべりして、
まだまだ、みゆが活躍しそうな予感がしました。

みゆが亡くなってから、
みゆの本と出会ってくださった方々もいます。

七月にはまた、NHKのアーカイブが放送されたり、
秋には英訳されて、世界に発信される予定があるようです。

みなさん、みゆと再会できる日をお楽しみに。
やっぱり、みゆは不滅?です。

ゆゆには、形見分け?として

みゆが、お守りのように大事にしていた、
「星の王子様に登場するキツネ」のマスコットが、
星の王子さまのカードと共にママから手渡されました。
d0265121_22004330.jpg

カピバラさんと箱根の
星の王子さまミュージアムまで出かけて
みゆが自分のために買ってきたキツネ。


まだ、みゆが障害を受け止められなくて、
信頼関係を築いている渦中、

ゆゆはみゆに
よく「星の王子さまの話」を聞かせていました。

キツネと王子さまが少しずつ距離を縮めて、
仲良くなって、絆を作ること、

絆ができたら、相手に対する責任が生まれること。。。

退院して、みゆのお部屋に
キツネのマスコットと共に飾ってあった、
星の王子さまのカードには、

「もしきみがぼくをなつかせたら、
ぼくらは互いに、なくてはならない存在になる。

きみはぼくにとって、世界でひとりだけの人になる。
ぼくもきみにとって、世界で一匹だけのキツネになる…」
と書いてありました。
(河野万里子訳「星の王子さま」新潮文庫)

キツネは信頼関係の象徴。
人間関係の教え。

みゆはそのメッセージをいつも、
しっかり心に留めて、がんばりました。

そして、ゆゆも。

私たちはお互いになつかせあい?

かけがえのない絆を結んで、

世界でたったひとりのみゆになり、
世界でたったひとりのゆゆになりました。

お互いに、尊敬し尊重しあい、

絆を育てた相手に対する
責任を果たしたと思います。

みゆはみゆの人生を精一杯、輝いて生き、
ゆゆは、ゆゆの人生を生きながら、
ちゃんと、みゆの頑張りを見届けました。

そこには、しっかりした絆があったと思います。

みゆちゃん、
素晴らしい出会いにしてくれて
ありがとう。





# by mi-yu-yu | 2019-07-08 18:43 | 思い | Comments(2)
みゆちゃん、三回目の月命日です。
ちょうど、一年の折り返し地点。

今日は「夏越しの大祓」の日。
茅の輪くぐりの日です。

今年のお正月の、みゆメールは、
どんなことを書いていたかしら…

今は、梅雨の真っ最中、
紫陽花が雨に濡れて、きれいです。
d0265121_08131706.jpg
(浜離宮・雨に濡れる紫陽花)
浜離宮を出ると、朝日新聞のビルが見えてました。
みゆの本の打ち合わせで、何度も足を運んだところです。

みゆと朝日新聞出版の打ち合わせの前に、
汐留で時間まで二人で、ランチして、、、

遅刻を嫌う、真面目なみゆと
かなりの余裕を持って、
出版社の近くで待機してたのに、

高層ビルの都会砂漠で、
車椅子で移動できるエレベーターを探して、
動き回っているうちに、

自分たちがどこにいるのか
方角を見失って、迷子になってしまい、
編集のNさんに迎えに来てもらいましたね。

そして、Nさんも、
毎日出勤している場所なのに、

車椅子だと、
どうやってたどり着けるのかわからなくて、

出版社の最寄り駅の、
ビルのすぐそばまで来ているのに、

タクシーに乗って大回りして、
やっとの思いで到着。

みゆは車椅子を降りて、
手探りで車に乗り降りすることや、

重い車椅子を
いちいちトランクにあげてもらうのが、
申し訳なくて、煩わしくて、

その日は、小雨がふっていたのに
「タクシーには、乗りたくない」と

時間にちゃんと着けるように、
計画して待機して、

ランチしたカレッタ汐留から、
かなりの余裕をもって
レインコートを着て移動してたのですが、、、

エレベーターを探してぐるぐるしたり
高いビルが立ち並ぶ迷路に、

方向性を見失い、
どのビルを目指していいのか、
わからなくなってしまいました。

そこは、ゆゆにとって、
全く馴染みがない場所
というわけでもなかったのに

車椅子で移動するとなると、
全く違う見え方、時間の読めなさ、
その他もろもろ

移動の大変さを思い知りました。

ビルの大きな扉を、
車椅子を押しながら開けること、

目指していたエレベーターが点検中で、
乗れないだけで、

他の移動の選択肢がなくなってしまったこと、

車椅子で移動する事の制約を強く実感する
お出かけでした。

結構、都会の冷たさを感じる
一面もありましたが、

パンケーキのカフェで、

自分も言葉も通じない中、
頑張って働いている外国人の
ウエイトレスさんが、

みゆちゃんを気にかけて、
親切にしてくれたのが、
胸にキュンとしみた思い出です。

d0265121_08135851.jpg
先日、ジューンブライドという名前の紫陽花を見ました。
花嫁さんになって、逝ったみゆちゃんに、贈ります。

みゆちゃん、、
フィリピンでの世界盲ろう者会議から
帰国したあと、具合がすごく悪くなって、

朝早くから夜遅くまでの丸1日がかりの
大手術をして、生きるか死ぬかの修羅場を
くぐり抜けたと思ったら、

まだ入院中のフラフラの状態で、
外出して、

プロの方に
ウエディングドレスを着せてもらって、
メイクして、写真をとってもらうために

はうように出かけて行ったのよね。

それから、数年後、
本当の花嫁さんになれて、良かったね。

二人の出会った母校のチャペルで、
写真が撮れなかったのは、
残念だったかもしれないけれど、、、

ウエディング姿も、このブログに残っているからね!
d0265121_23264480.jpg


なんだか、紫陽花から、連想した思い出話になりました。

6月最後の日、
関東はしっとり雨です。

雨が、今年半年の穢れを
洗い流してくれているのでしょうか。

皆さん、、今年の後半も、
心地よく、穏やかに過ごせますように、
みゆちゃんとともに祈ります。

ご自分を大切に
お元気でお過ごしくださいますように。

ゆゆ

。。。。。。

7月7日、七夕には、みゆちゃんの百箇日で、
ゆゆも、初・みゆちゃんのお墓参りに行ってきます!

みゆちゃんは、
♪「わたしのー、おはかのまえで、泣かないでください」
と歌っています、、、
(↑ みゆいわく、指点字の練習にいいらしい)

今は「千の風になって」いる、みゆ姫は、
いつも風になって私に語りかけてきますが、

この際、お墓の前で、みゆに再会し、
語りあってきます。

みゆちゃん、七夕の日、
お墓の前で集合ね!!



# by mi-yu-yu | 2019-06-30 08:06 | 回想 | Comments(2)

五月の月命日

みなさま、こんにちわ。ゆゆです。

みゆちゃんが、
その名前を知ることもなかった

「令和」の時代を迎え、
はや一ヵ月。

みゆちゃんを見送った日、
ICUの病室の
ブラインドの窓ごしに

白い雪のような花びらで
満開だった桜も

四月には、やわらかい黄緑色の葉を
さわさわと軽やかにそよがせ、

五月の今は、しっかり濃い緑の葉で
日差しを遮り木陰を作ってくれています。

気温もすでに30度を超えた日もあり、
夏の様相です。

いろんなことがあっても
涙する日があっても
季節はしっかりめぐっています。

みゆのことを気にかけてくださった
みなさんも、
どんな二か月をすごされていたでしょうか。

2回目の月命日には、みなさんと、
どんなお話をシェアしましょうか・・・。

ママとおばあちゃんは、
みゆのお墓参りに行ったようです。

d0265121_17472074.jpg

いいお天気。青空に、
おばあちゃんが選んだ、
カラフルなお花が華やかです。
d0265121_17534249.jpg



爽やかな青空には、
龍のような雲が浮かんでいて

辰年のみゆちゃんは、
今頃、カラフルな世界を
自由に飛び回っているのかなあ。

そして、今日は、
カピバラさんのお誕生日。

カピバラさん、どうしているかなあ・・・

お誕生日おめでとう。

きっと、みゆちゃんと
深い深いご縁があって
生まれてきたのでしょう。

みゆちゃんにとって、
かけがえのない、大切な存在でした。

みゆちゃんの運命を
自分の運命として
一緒に引き受けてくれて
ありがとう。

みゆちゃんは、
とても心強かったと思うし、

みゆちゃんが気にかけていたことも、
カピバラさんが
いろいろ引き受けてくれました。

だから、安心して逝けた部分も
多かったように思います。

みゆちゃんの目や耳となって
一生懸命通訳もしてくれていたから

音が聞こえたら、自然に
頭が音を点字変換して
指が通訳しているかもなあ・・・

お大事に。
また、みゆちゃんの話を聞かせてね。

ゆゆ









# by mi-yu-yu | 2019-05-30 11:54 | Comments(11)

四十九日

昨日、少し早いけれど、
四十九日の法要がいとなまれました。

みゆは大好きだったおじいちゃんが眠る、
ママの実家のお墓に一緒に入りました。

ママには、おじいちゃんが
「おー来たか!」という声が
聞こえたようです。

今頃、先に虹の橋を渡って行った
おじいちゃんや愛犬ビスティーと
再会を喜び合っていることでしょう。

私たちも幸せに生きて、
喜びをたくさん持って、
みゆのところに行こうと話しました。

四十九日の法要と納骨は
ご親族のみで行われ、

ゆゆは同じ時間に一人
みゆのご冥福をお祈りして、

みゆの人生に深く関わったご家族や、
ほんの少しでもみゆとつながりを持った
みなさんの幸せをみゆとともに祈りました。

そして午後から、
病院でみゆと一緒に楽しんだ
「紅茶のマダムのティーサービス」
に行きました。

今日は母の日。

でも、みゆママには、
カピバラさんがちゃんと
みゆの感謝を伝えてくれています。

みゆはパパとママに
とても素敵な贈り物をしたと思います。

安心して、天から力強く、
みんなを見守ってね!!



# by mi-yu-yu | 2019-05-12 11:00 | miyu | Comments(2)